友人の畑から頂いてきた優しい春の花

バイモユリ(貝母百合)別名:アミガサユリ(編笠百合)

バイモユリは淡い緑色の花を下向きに咲かせます。その姿は慎ましやかで、凛とした風情がありますね。地下茎を乾燥させたものは生薬名:貝母(ばいも)として知られ、その効用には、止血、解熱、咳止め、痰の除去などがあるということです。  花言葉は謙虚な心、凛とした姿、威厳、才能、努力。素晴らしい❣ 正に私です。

 

スイセン スノーフレーク ヤグルマソウ アジサイの新芽

 

殺風景な我が家に春がやってきました。私の心にも花が咲きました。

コロナウイルスよさようなら❣ 人類はみな友達❣ 地球を守りましょう❣

 


アンネフランク春を待つ

 太陽ローズガーデンに植えられたマイローズ

アンネフランク

この花が咲き誇るのは5月中旬~6月初旬

アンネフランクの樹株は2月28日現在元気で育っていました。自然を愛し、バラが好きだったアンネ・フランクの未来永劫に存在する「形見」として捧げられたバラ、平和を願う日記をつづり、若年にして命を落としたアンネフランクを偲ぶメモリアルローズです。日本では「アンネのバラ」「 アンネの思い出」とも呼ばれます。

私との出会いは、今から6年前のこと、青葉区荏子田の太陽公園で草取りなどのボランティア活動を行っていた時、出会った花です。

マイローズアンネフランク香りおる
散り去りし日は我三歳(みとせ)なり

私が3歳の時に命を天に捧げたのですね。大切に守り育てたいと思います。私の命ある限り。5月の開花を楽しみにしてください。レポートしていきますね。

 


冬のいのちたち

天と地の恵みに感謝します。大自然の恵みをいただいて私たちは生かされています。
少しでも他のもののお役に立ちますように、祈りをこめて いただきます。


炭焼き小屋のオブジェ

 

川崎市の早野聖地公園に隣接する森の一角の斜面に存在する「炭焼き小屋」

尾根道は住宅街と田園風景とを結び、人里離れた散策道です。

ボランティアの方たちの手入れも行き届き、たぬきも歓迎してくれます。

是非おすすめの散歩コースです。


鎌倉 円覚寺にて「坂村真民」に出逢う

  まごころの
  まろまろと
  つたわりきたり
  ころころと
  ころがりきたり
  むすばれし
  くしきえにしに
  あたたかきものの
  こみあげきたり
  いまにわすれじ
  そのみこころのあじ

 

鎌倉円覚寺境内にて

人生の真理、宇宙の真理を紡ぐ言葉は、弱者に寄り添い、癒しと勇気を与える 

癒やしの詩人 板村真民

 


芽が出てきました。

 

何だと思いますか?
野菜です。

左側は「葱」
右のプランターは奥が「三つ葉」、手前が「葱」・・発芽はちょっと遅いですが。
ささやかな楽しみです。


認知症?「まだ私には関係ない」と思っていませんか!?

こんにちは!
ゆうと申します。

「社交ダンスと歌」
グループホームのお年寄りと一緒に
楽しむ集いに訪れたのは
今から15年前でした。

 

こんな感じでした。

shall we dance!

ダンス1  ダンス2  ダンス3

施設の中で一番広い棟

そのリビングに集められたお年寄り

ワルツやブルースのミュージックが流れると

心はハイに

車椅子の人は
手を繋いで脚でリズムを

ダンスは
殆どのお年寄りが
若かったその昔に体験しています。

なので身体が柔らかく
しなやかに動くので気分の転換には

最適のイベントです。

脳が蘇ってきて
昔のことをポツリポツリと呟いたりします。

それは

楽しいひとときに違いありません。

でも、中には

ダンスより歌の方が好き!

という人もいます。

身体を動かすのが億劫になってきた人
身体に支障が出てきた人
もともとダンスが好きでない人

その点

歌は最高です!

みんな大きな声で歌います。

唱歌・童謡・演歌・・・

何でもよくご存知です。

歌で締めくくる後半の脳の満足感が
昼食前のひととき
心に豊かさを
もたらしめてくれることでしょう。

このグループホームの人々は
みんな認知症です。

認知症と診断されないと
入居できないのです。

 

その症状は
ひとりひとりみな違います。

なかには

どこが認知症?
という人もいます。

美人で
いつもにこやかで
会話も楽しく・・・

たまに訪れるボランティアの私たちには
分かりません。

でもだんだん分かってきます。

 

「あぁ やはりそうだったんだ!」と。

日々一緒に暮らしている職員は
ひとりひとりのケアについては
私の知らないところで
大変な努力をしていることと思います。

では

何故ここに居る人たちは

男性も女性も
認知症になってしまったのでしょうか?

私は今日
自彊術の体操に行ってきました。

私も将来認知症にならないために
日々努力をしています。

自彊術の先生は
92歳のおじいさんです。
毎週80代の高齢者に自彊術を教えています。

今日こんなことを話していました。

今認知症の人が全国で560万人いるそうです。

そしてこれから長寿国になり
どんどん増えるでしょう。

そのうち介護する人が居なくなる時代がきます。

とにかく

転ばないように日々気をつけて!

 

出来るだけ最後まで
元気でいましょう。

そのためには

自彊術は最高です! と。

 

自彊術の先生は

毎日2時間歩いているそうです。1万歩です。

脳もしっかりしていて

ユーモラスな会話で語ります。

健康に関する本を読み

ワープロで要点を記録したものを

みんなに配布しています。

認知症は

決して

歳を取ったら急になるものではありません。

若い時からの生活習慣が原因で発症します。

それはひとりひとり皆異なります。

何故ならば

人は生まれたときから皆異なる環境で

生まれ育っているからです。

あなたは

どんなご両親のもとに

どんな環境で

どのように育ってきましたか?

そして

今、何に悩んでいますか?

これらを一緒に

考えていきませんか?

そして

元気で

明るい未来を築いていきませんか!

おつきあいいただき、ありがとうございました。

お気づきの点や

ご要望などございましたら

コメントなどをいただけると嬉しいです!

生活習慣病の続きについてと
「歌」が脳を活性化するについてを

次の記事で

書かせていただきます。

それではまた次の記事でお会いしましょう。

 

ただ今 無料レポートを配布中です。

「認知症の症状が現れた家族と、どのように接してよいか分からない!」

というテーマです。

是非一度お読みになってください。

こちらからどうぞ


お帰りなさい 安らぎの言葉をお届けします。

お帰りなさい!

お仕事ごくろうさまです。

あなたは今どこでこの本のページを開いていますか?
この本に出会ったということは
あなたの魂がココロに潤いを求めているのです。

毎日の慌しい生活の中で、知らず知らず蓄積されるストレスで
ココロが悲鳴を上げているのです。

このまま、何も変わらない人生が続くと
あなたのココロはヘトヘトになりかねません。

この本はあなたの「魂が輝きだす魔法の言葉」を
写真に載せて紹介したフォトブックです。

不思議なことにココロが満足すると
人生が好転するのです。
あなたの人生は自分のココロに引っ張られて
これからの時間が光り輝くでしょう。

【今だけキャンペーン】
200冊限定で298円にて販売中です。

さらにこの本は付録つきです。
役立つ情報をPDFにしました。
毎日の生活にお役立てください。
ページの中に記されています。

一度きりの人生! いますぐ好転させ
笑顔で過ごしてください。

著者:やなぎ ゆう

画像をクリックするとアマゾンに飛びます。プレビューを楽しむことができます。