「日本シャンソン館」設立-2

 幸福を売る男
     芦野 宏

 Ⅲ 新たな旅立ち

5、パリ・コンサートをめぐつて
 
 エピローグ 「日本シャンソン館」 に託す夢

「日本シャンソン館」設立-2

「日本シャンソン館概要」
 フランス生まれのシャンソンは、戦前戦後を通じて日本人の心にしっかり根づき、すでに日本の音楽のひとつになっているといっても過言ではありません。シャンソンが日仏親善に果たした役割も多く、二十一世紀に向けてさらにその礎を深め、わが国でのシャンソンの普及と研修、そして憩いの場となる「文化の発信基地」の必要性を痛感し、日本の真ん中に位置する群馬県渋川市に『日本シャンソン館』 (館長・芦野宏)を設立する運びとなりました。 しかし、オープンの年はさんざんであった。阪神淡路大震災に始まり、サリン事件なども起こり、財政面も計画どおりにはいかなかった。そのうえフランスの核実験があって、いわれもなく「日本シャンソン館」への風当たりが強くなり、抗議や嫌がらせのファックス、電話などもあり、「シャンソン」はフランス政府の政治となんの関係もないと、いくら弁明してもわかつてもらえなかった。こんななかで七月七日にプレオープンが決行されたが、群馬児警と渋川警察の多大な協力を仰ぎ、特別にSPをつけて、私自身も衣服の下に防弾チョッキを着けさせられた。「決行すれば生命の保証はできない」という怪文書が此まわっていたし、当日HNHK会長はじめ各界の要人に、もしものことがあってはと思ったからである。
そんな人知れぬ緊張感のなか、プレオープンのセレモニーは大成功裏に終わった。当日の朝、服部ピエレット夫人が運んでくれたイヴ・モンタンの舞台衣装も無事到着し、セーヌ川の水はポリ憲に入ったままエー~フランスの飛行機に乗って届けられた。庭内の小さな噴水池にセーヌの水と、同時に運ばれた板東太郎(利根川)の清流も注がれ、日仏友好の池でミックスされた。その水は電動により循環され、噴水となって天に向かってほとばしった。愛と平和を象徴する白い鳩が鐘の音が高らかに響きわたるなかに舞い上がり、来館者はシャンパンで乾杯し、開館を祝ってくれた。

 

 


「日本シャンソン館」設立-1

 幸福を売る男
     芦野 宏

 Ⅲ 新たな旅立ち

5、パリ・コンサートをめぐつて
 
 エピローグ 「日本シャンソン館」 に託す夢

「日本シャンソン館」設立-1

 平凡な家庭で、真け年の離れた末っ子として生まれた私は、甘やかされて育ってきたが、目上の人には素直に従うよう教育されていた。しかし、一つだけ違うことがある。目上の大反対を押し切って音楽の道を選び、自文の意思を貫き通したことである。
 幼いころから腺病質で、医者と薬の世話になりながら成長してきた私は、音楽の道に入る決心をしてからすべて変わった。自分の魂をこめて精進できるものに出合えたことは幸いであった。私は今日まで、自分を生かしてくれた1音楽」というもの、とくに四〇年以上も歌い続けてきた「シャンソン」というものに、感謝しなければならないと思うようになった。
 平成七年(一九九五)七月、私は群馬県渋川市に「日本

  • 日本シャンソン館 に対する画像結果

シャンソン館」を設を設立した。楽譜・資料を次の世代に残し、若い歌手たちに歌える場所を提供できればという夢を石井好子さん、植木浩さん(日本シャンソン協会理事)たちと話し合い、シャンソン資料館の設立に傾いていった。ちょうどそのころ、NHK前橋支局の荻野昌宏さんや、地元渋川青年会議所(JC)の梅沢明さん、田村久さん、小山哲弘さん、大森隆博さんらの熱心な町おこし運動の呼びかけに私も賛同し、渋川市

  • 日本シャンソン館 に対する画像結果

の登板秀市長の賛意もあって、私の第二のふるさと渋川の地に建設を決意した。用地は義父・羽鳥久雄が提供してくれることになり、大木紀元氏のマスタープランのもと、建設会社フジタの統括と、各専門企業の協力により、工事は一気に進められた。設立趣意書を紹介しておこう。
-------

 日本シャンソン館・ライブスケジュール
しばらく中止させていただきます。
再開が決定しましたらご案内いたします。
日本シャンソン館 館長・羽鳥功二

 --------------


音楽を教わること、教えること-5

 幸福を売る男
     芦野 宏

 Ⅲ 新たな旅立ち

5、パリ・コンサートをめぐつて
 
 エピローグ 「日本シャンソン館」 に託す夢

 音楽を教わること、教えること-5

 芸大を卒業後、短い間だったが、私は千葉県市川市の国府台女子学院の音楽教師として教鞭をとった。この学校は歴代の音楽担当が芸大から派遣されており、N響の指揮者だった森正さんや、メゾソプラノの奥田智童子さんも、かつては音楽を教えておられたと聞く。この学校で私は音楽一般の授業を受け持つことになった。期末試験の成績をつけることはいちばん苦手だつたが、思いきって私は全生徒に甘い点をつけた。なによりも音楽というものを好きになってもらいたく、この授業時間を楽しみに、心待ちにしてもらいたいと願う気持ちからである。音楽の好きでない生徒たちの心も、こちらに向けさせたかったからである。

 雨上がりの日は校庭に出て、みんなでコーラスをした。あまり広い庭ではなかったが、隅のほうに木立があったので、生徒たちに思い思いの場所に立たせて教科書のなかから一曲を選び、単音で合唱をさせる。私の低音が三度高い和音をつけて一緒に歌うと、単調な歌が生まれ変わつたように生き生きとしてくる。もともと音楽は自然に発生した素晴らしいものである。みんなの力で現在のような立派なものが出来1がってきたのだ。この素晴らしい大の恵みをみんなで分かち合ってもらいたい。
音楽が芸術としてしだいに高い位置を占めるようになったのは、十八世紀ごろから、楽聖と呼ばれる天才が出現して、しだいに音を使った芸術の華が開いてきたからである。古典音楽もバッハの時代は即興が主だった。音楽の本質は即興である、と私は思っている。アメリカのジャズも、アドリブで光り輝き、そのときの即興で最高の光を放つことが多い。とても譜面や音符では表現できない、不思議な生きものが音楽だと思っている。
 芸大に入学したら、楽典の時間があって、難しそうな分厚い教科書を渡された。ところが読んでみると、みんな知っていることばかりだつた。実際に経験した人が書いたことだから、経験していない人にとっては非常に難しく感じるだろうが、わかりきったことを書き直しているだけのことである。音楽を学問として、音楽教育を主体として考える場合でも、私は難しいという第一印象を生徒に与えることはマイナスだろうと思う。音楽の授業なら、楽しい授業として、楽典も楽しみながら覚えることが私の理想である。それは少し甘い考えといわれようとも。える立場 しかし、教師の立場からとつぜんポピュラー音楽の世界に飛び込んでしまった私だから、決して大き顔をしてこのようなとを言える立場でないことは十分にわかっている。

-------

 日本シャンソン館・ライブスケジュール
しばらく中止させていただきます。
再開が決定しましたらご案内いたします。
日本シャンソン館 館長・羽鳥功二

 --------------

 

 

 


音楽を教わること、教えること-4

 幸福を売る男
     芦野 宏

 Ⅲ 新たな旅立ち

5、パリ・コンサートをめぐつて
 
 エピローグ 「日本シャンソン館」 に託す夢

 音楽を教わること、教えること-4

 教えることと教わること、どちらが難しいことだろうか。中山先生は、私が週に一回お宅に伺ってレッスンを受けるとき、物足りないくらいなにも注意してくださらない。私はもっと悪いところ、良いところを指摘して、どんどん注意してもらいたくてウズウズしていた。もちろん質問に対しては答えてくださるのだが、いつも物足りなさを残して帰ったものである。
 五〇年ぶりかに、先生とお話しする機会があった。そのとき先生から言われた。「芦野君、ばくは君になにも注意しなかっただろ」。すかさず私は答えた。「とても物足りなく…思っていたのです」。先生は笑いながら、初めてあのころのことを話してくださった。
「君はそのままのほううがよいと思ったから、なにも注意しなかった。このままのほうが伸びると思ったのだ」。なるほど、こんな教え方もあるのだと初めてわかったような気がした。
今でも中山先生を歌手として、教育者としてこのうえなく敬愛している私は、今「日本シャンソン館」で生徒に教えるとき、その教育理念みたいなものが私の心の中に生き続けている。
 ソプラノの佐藤しのぶさんとはテレビ番組で共演したり、先生のお弟子さんの会でもよくお目にかかるが、彼女がもって生まれた音楽性を、そのままに伸ばされたのは中山空のおかげではないかと思っている。佐藤さんのようにスター性のある方は別としても、先生の門†生はそれぞれの個性を伸ばして生き生きと活躍されている姿を見るにつけ、先生の考え方が間違っていなかったことを確認する思いである。
-------

日本シャンソン館・ライブスケジュール
しばらく中止させていただきます。
再開が決定しましたらご案内いたします。
日本シャンソン館 館長・羽鳥功二

 --------------


音楽を教わること、教えること-3

 幸福を売る男
     芦野 宏

 Ⅲ 新たな旅立ち

5、パリ・コンサートをめぐつて
 
 エピローグ 「日本シャンソン館」 に託す夢

 音楽を教わること、教えること-3

 戦争が終わって巷に音楽が戻ってきても、私たちは手放しで喜ぶわけにはいかなかった。よろこぶべきことは十分にわかっているのだが、今まで両手両足を縛られていたゲートルを自分自身でほどいていかなければならない。つまり、心の切り替えがうまくいかないということである。
 終戦後、初めて迎えた正月は雪深い山形市の郊外であった。東京は焼野原の状態だったから、私は生まれ変わったような気持ちで、きれいな新鮮な空気を胸いっぱい吸い込んだ。町の映画館のアトラクションに出て歌い、初めて出演料をいただいたのも、この年であった
 。戦争というものによって中断されていた心の中の一匹の虫が、また頭を持ち上げ始めてきたことを実感しながら・・・。
私が本格的な音楽の指導を受けたのは、音楽学校受験のために中山悌一先生の教室に通ったころからである。

 「紅いサラファン」

     訳 津川 圭一
      ロシヤ民謡

 紅いサラファン縫うてみても
 楽しいあの日は帰りやせぬ
  たとえ若い娘じゃとて
 なんでその日が長かろう
 燃えるようなその頼も
 今にごらん 色あせる
 その時きっと思いあたる
 笑うたりしないで母さんの
 言っとく言葉をよくお聞き
 とはいえ サラファン縫うていると
 おまえといっしょに
 若がえる 若がえる

 上田市の公会堂で初めて聴いたこの歌。中山悌一先生の完璧な発声・発音・音程すべてに魅了され、心を奪われた。若き日の私の願いがかなって、中山先生の門下生となり、基礎の勉強に熱中した。歌曲を歌うことより、なにより発声であり、読譜力であり、リズム感であり、正確な音程であり、呼吸法であることを悟り、一生懸命努力した。
-------

 日本シャンソン館・ライブスケジュール
しばらく中止させていただきます。
再開が決定しましたらご案内いたします。
日本シャンソン館 館長・羽鳥功二

 --------------


音楽を教わること、教えること-2

 幸福を売る男
     芦野 宏

 Ⅲ 新たな旅立ち

5、パリ・コンサートをめぐつて
 
 エピローグ 「日本シャンソン館」 に託す夢

 音楽を教わること、教えること-2

 この市ヶ谷の高台に建った新しい家からは九段の靖国神社がよく見え、両国の花火も部屋から見ることができた。
 父は実業家らしく堅実で、都内に何軒かの貸家を建てていた。わが家の隣に建てられた渋い和洋折衷の家は、有名な希音家(きねや)六治(本名・山田抄太郎)さんに貸していた。だから、隣ではいつも三味線の音色が聞こえていた。大勢のお弟子さんが出入りしていて、歌舞伎の世界では有名な方も来られたという。
 山田抄太郎さんは奥様との間にお子さんがなかったので、当時小学生だった私をヒロちゃん、ヒロちゃんと呼んでかわいがってくださった。三味線は教えていただけなかったが、私はいつの間にか「松の緑」と「元禄花見踊り」の一節を自己流で弾くことを覚えて、占星の前で弾いてしまった。「ヒロちゃん、うちの弟子になってください」と冗談だろうが、抄太郎先生はたいへん喜んでくださった。
 華やかな和服姿の女性が出入りしていても、洋楽と違って官憲のほうからの注意はなかったらしい。それにひきかえ、永田町の現在の首相官邸の裏にあった小さな貸家を借りていたヴァイオリニストとピアニストのご夫婦は、気の毒なことに三か月で家を追われた。ご主人は日本人、奥様は外国人であったが、ドイツ人と名乗っておられた奥様のほうになんらかの嫌疑がかかったらしい。日本を離れるとき、奥様が小さなヴァイオリンを片手にご挨拶に見えたとき、
とても悲しそうな表情であった。「日本ではもう音楽を演奏できないから、ドイツに帰ります」と言われた。私は小学生だったが、とても悲しい思いで玄関から二人を見送った。記念に二人のステージ写真をいただいたが、戦災で失ってしまった。

 中学生のとき、第二次世界大戦が勃発し、ますます非常時態勢は加速して、山田抄太郎さんのお宅も、家に防音の壁を作ったりして、華やいだ姿のお弟子さんたちはだんだん少なくなっていった。やがてこの市ヶ谷の家も強制疎開という名目のもとに取り壊され、永田町の貸家も戦災にあって跡形もなくなった。あのころはまったく無我夢中でその日その日を牛き抜くことだけしか考えられなかったし、写真も残っていないから、記憶の糸をたどっていくより什方がない。

-------

 日本シャンソン館・ライブスケジュール
しばらく中止させていただきます。
再開が決定しましたらご案内いたします。
日本シャンソン館 館長・羽鳥功二

 --------------


エピローグ 「日本シャンソン館」 に託す夢-1

 幸福を売る男
     芦野 宏

 Ⅲ 新たな旅立ち

5、パリ・コンサートをめぐつて
 
 エピローグ 「日本シャンソン館」 に託す夢-1

 音楽を教わること、教えること-1

 音楽というものを初めて意識したのは、五、六歳のころだったと思う。母はむかし小学校の教員をしていたことがあり、ピアノを弾きながらよく歌ってくれたものだが、弾くほうはあまり上手ではなかった。私には姉が三人いたが、母は家庭教師という名目で、上野の音楽学校を出たばかりの牧野守次郎先生を招き、姉たちにバイエルから手ほどきをしてもらっていた。
 牧野先生は外交官のご子息で、たいへんあか抜けした青年であった。私は音楽好きの少年だったから、いつも姉たちのレッスンを部屋の外で聴きながら育った。父の意向で、男の子が柔弱な音楽など習うべからずと言われていたからである。父は講談や落語を聞くことはあっても、洋楽にはまったく興味を示さず、軍歌でさえ歌えないほどの音痴であった。三人の姉たちがその遺伝を受けている。
 さて、部屋の外で聞き耳を立てていた私は、先生が帰られたあとで、その曲をまねて弾いて姉たちに聴かせてやることがたびたびあった。「好きこそものの上手なれ」という諺があるが、姉たちはきっとピアノがあまり好きではなかったにちがいないと思っている。その証拠に、まもなく先生も家へ来なくなった。
 牛込区立牛込小学校に入ってからの音楽の時間は、つまらなかった。ただ歌うだけの授業は退屈である。ちょうど二年生の二学期から、音楽担当の牧野守次郎先生が課外授業でピアノを教えてくださることになり、ほかのクラスの女生徒である鷲尾ゆう子さんと私は、授業が終わつてからピアノのレッスンを受けた。小学校二年生でも、美しい女性のことはよく覚えている。
 ひときわ日立つ上品な少女であった。同級生でもクラスが違ったから請をすることはなく、今でも脳裏に焼きついていてときどき思い出す。しかし、それもほんの短い間のことで、三年生から私は転校することになっていた。市ヶ谷駅から近い高台に新築した家に引っ越して、そのすぐ隣にあった長延小学校で三年生を迎えたのである。
 今までの家と違い二階にそれぞれの勉強部屋があって、子供本位の間取りであった。クリーム色の壁に赤い屋根という超モダンな洋館なのに、一階の広間にはピアノが運ばれてこなかった。父の考えで、末っ子が音楽に熱中しないようにしたらしい。また、ちょうどそのころから日本も戦時色が濃くなりつつあり、洋楽をする家は白い目で見られるような風潮になっていた。


シラク市長誕生パーティー 4

 幸福を売る男
     芦野 宏

 Ⅲ 新たな旅立ち

5、パリ・コンサートをめぐつて
 
 シラク市長誕生パーティー 4

《参考と補充》
2 昭和三十一年(一九五六) 芦野 宏、オランピアに特別出演「ラ・メール」ほか歌う
 昭和四十二年(一九七七) 五輪真弓、オランピアのアダモ・ショーにゲスト出演
 平成二年(一九九〇) 石井好子、オランピアでリサイタル

5 昭和六十三年(一九八八) 芦野 宏、第三回日仏親善パリ・コンサート
 平成十年(一九九八) 芦野 宏、第四回日仏親善パリ・コンサート

8 明治三十三年(一九〇〇) 川上音二郎、パリ万博で「オッペケペ一節」録音(東芝EMI復刻)
 大正六年(一九一七) 三浦 環、アメリカ・コロムビアで「ある晴れた日に」ほか録音)
 大正十四年(一九二五) 藤原義江、アメリカ・ビクターで「荒城の月」ほか録音)
 昭和四十四年(一九六九) 森山良子、アメリカで「思い出のグリーン・グラス」ほか収録のLP
  録音
4関連 昭和二十九年(一九五四)
    昭和二十六年(一九六一)
リーヌ・ルノー、ディーン・マーチン(米)と二曲デュエット録音
リーヌ・ルノー、アシノ・ヒロン(日)と二曲デュエット録音
 芦野宏の言葉を借りると、「戟後十年あまりをへて世の中も落ち着き、ようやく心にゆとりができてきて、人々がシャンソンのようなムードを多分にもった歌を望むようになってきた。いいかえれば、シャンソンのなかには日本人の心にフィットする大衆性がある」 (アサヒ芸能新聞、昭和三十一年七月十四日)。
 彼はわが国が第二次世界大戦の敗戟から立ち直り高度成長に向かうころ、戟後の日本ポピュラー史で「初めて」 と「最多」 の記録を次々とうち立てた。
 この一〇項目のなかには既刊書の空自を埋め、または塗り替えるものがいくつかあるのではなかろうか。

-------

 日本シャンソン館・ライブスケジュール
しばらく中止させていただきます。
再開が決定しましたらご案内いたします。
日本シャンソン館 館長・羽鳥功二

 --------------


シラク市長誕生パーティー 3

 幸福を売る男

        芦野 宏

 Ⅲ 新たな旅立ち

5、パリ・コンサートをめぐつて
 

 シラク市長誕生パーティー 3

シャンソン歌手、芦野宏さん のご逝去を 悼みます スケルツォ倶楽部 ...

薩摩忠が昭和五十八年の『芦野宏シャンソン三〇年史』に寄せた「芦野宏さんの(初めて)集」でピックアップした、日本人として「初めて」 の記録は次のとおり。

シャンソン歌手、芦野宏先生のお別れの会。先の日曜、銀座でフェル ...

 1 五日間の連続リサイタル (昭和三十一年)、一週間連続リサイタル (昭和三十二、三十三年)
 2 パリ、オランピア劇場出演 (昭和三十一年)
 3 ポピュラー歌手として初のLP盤レコード(昭和三十二年、ウエストミンスター)
 4 フランス人とのデュエットで海外録音 (昭和三十六年、パリ)
 

清水康子・シャンソン・歌手・ロックハート城・ホテル べラヴィータ ...

5 周年リサイタル (ディナーコンサート) のパリ開催 (昭和五十七、五十八年)

 「最多」 の記録はいずれ後世のだれかに破られるが、「初めてL のそれは不滅である。
 じっはこのほかにもまだ 「最初または最多」 の記録がいくつかある。

 6

日仏マナーのずれ」4 薮内宏 (イラスト 芦野宏)|日本シャンソン協会

 東京労音のポピュラー例会テストケースとして特別例会リサイタル (昭和三十三年)
 7 ポピュラー歌手としての海外録音(昭和三十五年 ブエノスアイレス、パリ)
 8 芸能人として初めて放送番組の司会者を務める (『くらしの窓』昭和三十七年)
 9 仏訳日本民謡をパリで発表、レコード会社に資料保存(昭和三十八年)
 10 NHK 『紅白歌合戦』 に一〇年連続出場、シャンソン歌手でただ一人 (昭和三十九年)


シラク市長誕生パーティー 2

 幸福を売る男

        芦野 宏

 Ⅲ 新たな旅立ち

5、パリ・コンサートをめぐつて
 

 シラク市長誕生パーティー 2

シラク元仏大統領死去、86歳 EU推進、米と一線画す独自外交|全国 ...

 八時からの晩餐会はじつに素晴らしい、エスプリのきいた楽しいものであった。招待客のなかで外国人が私たち夫婦だけであったせいか、特別扱いでいちばん良い席を与えられたので、スライドを使った酒落た演出や、知恵をしぼった手作りのアトラクションがよく見えて、じつに楽しかった。食事のあと、大きなボール箱が運び込まれ、シラク氏の前に置かれて彼が大きなリボンをほどくと、その中から前かけをした彼と等身大の人形がとび出し、われわれ一同「フレール・ジャック、フール・ジャック、ドルメ・ヴー」を合唱した。
 みな大笑いで盛り上がったところで、私が紹介され、「いつの日かパリに」をフランス語で歌ったのである。今度はみなしんとして静かに聴いてくれた。映画やテレビでよく見かける人たちに交じって、シャンソン界の大御所シャルル・アズナヴールや、アンリ・サルヴァドール、リーヌ・ルノー、ミレイユ・マチエーらの顔も見えたが、みな大きな拍手を送ってくれた。な
により嬉しかったのは、帰国してまもなくシラク氏から届いたあのときの写真と、心のこもった感謝の言葉であった。

(注)
 二六七ページに「二年間の契約でカジノ・ド・パリに出演中のリーヌ・ルノー」とあるが、実際にはそのレヴュー『愉悦』は昭和三十四年十二月に幕が上がり(芦野夫妻が訪ねたのは三十六年六月)、三十九年四月まで四年半近く、一〇〇〇回というロングランの大記録をうち立てた。その後も何度か記録をつくり、戦後最高のレヴュー・スターと謳われる。彼女は戦前のレヴューの女王ミスタンゲットの助言でレヴューに取り組んだという。
 平成四年七月から十二月、東京・パリ友好都市提携一〇周年を記念して第三回『パリ年㌘が開催された。その文化交流の芸術フェスティバルのなかにシャンソン&レヴュー『サ・セ・パリ』があり、リーヌ・ルノーが東急文化村シアター・コクーンで華々しいステージを見せた。このパリ、パラディ・ラタンかカジノ・ド・パリのようなショーを再現した舞台には、石井好子(十月三十日)と芦野宏(十一月一日)が日替わりでゲスト出演した。パリで数々のレヴューを見ている薮内久氏いわく「往時の本場の
ステージに劣らない見事なものですよ」。
薩摩忠が昭和五十八年の『芦野宏シャンソン三〇年史』に寄せた「芦野宏さんの(初めて)集」でピックアップした、日本人として「初めて」 の記録は次のとおり。


シラク市長誕生パーティー 1

 幸福を売る男

        芦野 宏

 Ⅲ 新たな旅立ち

5、パリ・コンサートをめぐつて
 

 シラク市長誕生パーティー 1

「いつの日かパリに」
詞 芦野ふさえ
曲 ルイ・ガステ

 思い出のみやこ パリ
 あの石だたみに 残る
わがふるさと
思い出よ
  ひとりはなれて 寂しく
  うちくだかれた わが胸
  すべてを夢と忘れて パリ
  こよい胸にしむ 思い出の パリよ

この曲「いつの日かパリに」は、今でも私の大切なレパートリーとして歌っているが、私の第三回日仏親善パリ・コンサートの前日、とつぜん当時パリ市長であったジャック・シラク氏の誕生パーティーに招かれたとき、この曲を歌って参会者から拍手喝采を受けた。それは昭和六十三年(一九八八)十一月二十七日、日曜日のことであった。その前の日、シラク夫人から一通の手紙が私たち夫婦のもとに届けられた。封書の内容は、夫人同伴で午後七時にオテル・ド・ヴィル (パリ市役所)にご招待したい。これはシラク氏の誕生晩餐会であるが、内密にしてほしい、というものであった。
 私たち夫婦はいちおうタキシードにロングドレスという装いで指定された場所に向かうと、なんと市役所入口から警備のSPに取り
囲まれ、正式な招待状の提示を求められたのである。それを片手に持ち、荘重なオテル・ド・ヴィルの大理石の階段を静かに上ってい
く。柱の陰から無線機を持った男が出て、「今、一組の夫婦が向かっています」などと連絡をとっている。少し行くと廊下の曲がり
角にまたSPがいて、私たちはたくさんの監視のなかを通り抜けて、ずっと奥にある一つの部屋までたどり着くまでがたいへんだった。
 仲介役の服部紀一郎氏の話によれば、この夜の誕生パーティーはシラク市長にはまったく知られぬよう、シラク夫人や彼の親しい友
人たちが相談して仕組んだもので、この席で日本からの友人代表としてアシノに一曲歌ってもらう予定になっていたのだという。
 七時から始まったカクテルパーティーには、どこかで顔を見たことのあるフランスの芸能人や文化人たちが集まっていたが、皆ひそひそ声でお喋りをしながらアペリティフを楽しんでいた。そして七時三十分、シラク夫人が黒いカクテルドレスで現れると、「皆さん、連れてきますからお静かに……」と言って、あたふたと引き込んでいった。
 部屋の明かりが消され、真っ暗になったところで、廊下の向こうからシラク氏と夫人の声が聞こえだし、だんだん近づいてきた。部屋の戸口にシラク市長が立ったところで、バッと明かりがつき、私たち招待客はいっせいに大きな柏手を送って、「ハッピーバースデー」を歌ったのである。デニムのGパンにグレーのトレーナー、スニーカーをはいて現れたシラク氏は思いがけぬ来客にびっくり、しかしすぐにそれが夫人の仕掛けたワナだとわかるや彼女に感謝のキスを捧げ、客席を一巡すると、「では私もドレスアップしてきます」と言って引っ込んでいった。


パリ今昔-5

 幸福を売る男

        芦野 宏

 Ⅲ 新たな旅立ち

5、パリ・コンサートをめぐつて

 パリ今昔-5

 さて、リーヌ・ルノーに日本語を教えるときがきた。私たちはルル・ガステの運転する最新型高級車に乗ってヴェルサイユ方面に向かい、三〇分ほど美しい緑に囲まれた郊外の道をひた走った。邸宅に近づき大きな門のあたりは深緑に包まれた森のようであった。「冬になると、小リスや小鳥たちがみんなこの森へやってきて、雪が降るころには、白いトンネルができるのですよ」。ガステが作曲したリーヌのヒット曲「カナダの私の小屋」の一節に出てくるような、のどかで美しい彼らの山荘、思わずあの歌を口ずさみたくなるほど田園的な風景だった。邸内に車を乗り入れると広い芝生が広がり、目の前に遠くパリの全市が開けて、左手ずっと向こうに白くかすんでそびえるのがサクレ・クール寺院だと説明してくれた。
芝生の向こうにプールがあり、六月でまだ肌寒い季節なのに、リーヌはアルゼンチンから来た若い男性ダンサーと二人で水泳をしていた。私たちは石造りのモダンな館に案内され、ルル・ガステのギター伴奏で新曲の練習を始めていた。大きなタオルに身を包んですぐに現れたリーヌは、手早く髪を乾かしてバスローブをまとい、私たちの打ち合わせに加わった。レッスンは一時間ほど続いた。リーヌの勘のよさには舌を巻いた。日本語を、それらしく歌うからである。もちろん意味はわからないのであるが、子音の発音がはっきりと日本語らしく聞こえる。だから、ジローさんに初めて日本語を教えたときのような苦労はまったくなかった。じつはリーヌは外国でのレコード吹き込みを何度か経験していて、英語、ドイツ語、スペイン語、ポルトガル語、オランダ語などでも歌える人だったのである。彼女が日本語でも歌いたいと、強く希望していたこともわかるような気がした。
 数日後、高名なアレンジャーでもあったジェリー・マンゴー(数年後に逝去)が指揮するジャズ・オーケストラの伴奏で、リーヌと私のデュエット盤ができあがり、フランスと日本で同時に発売されたことは、既述のとおりである。


パリ今昔-4

 幸福を売る男

        芦野 宏

 Ⅲ 新たな旅立ち

5、パリ・コンサートをめぐつて

 パリ今昔-4

 翌朝さっそく東京の東芝レコードへ報告のつもりで国際電報を打ち、返事を待っていたが、私たちのもとへ届いた電文は意外にも「著作権問題紛糾のため、日本側ではフランスの歌をレコードに入れることは認められぬ。日本製の歌にしてはフ・」という返事。そういえば、目下、日仏両国間でこの間題がもつれているということを聞いていたが、これほどとは思わなかった。
しかし、せっかくのリーヌの申し出に対して、これを中止するのはいかにも残念だったので、私たちはすぐにルル・ガステの事務所を訪ねて相談することにした。
 ガステはちょうど事務所にいて、英文で打たれた東京からの電文を読み、さっそくパテ・マルコニ本社と長い間電話で話していたが、振り向くと私たちのほうへ両手を差し出し、「私はあなた方お二人のハネムーンのために、この曲をプレゼントしましょう。たとえ日本とフランパスの間で著作権の問題がどうあろうとも、『モナムール』も『いつの日かパリに』も私の作曲したものだし、こちらで発売して、もし売れ行きがよければ、日本でも輸入してもらうことにしたら問題はないのですから」 話はトントン拍子に進んでいたが、リーヌが一節を日本語で歌いたいと言いだしたので、彼女に日本語の歌詞を歌わせることになった。リーヌに日本語を教える段になって思い出したのは、一九五六年にイヴェツト・ジローに初めて日本語を教えた経験だった。日本のレコード会
社で発売する予定になっていた「バラ色のサクラと白いリンゴの花」の訳詞である。ジローは今でこそ、すっかり日本語のニュアンスもわかっておられるが、あのときは教師役の私もだいぶ困ったものだ。シャンゼリゼのカフェテラスでもレッスンした。だが「サクラのハナとリンゴのハナと」のところが歌えないのである。フランス語ではHの音は発音しない。いくら教えても、ハナはアナになってしまう。思案のすえ、息を吐きながら咽喉をつめて1ア」といわせてみたら、「ハ」に近い音になった。ジローが日本語で吹き込んだ甘いシャンソンは、私にとってはほろ苦い思い出の歌である。

  ------------
シャンソンライブスケジュール
※変更になる場合がございます。ご了承ください。

日 時 開演時間 出 演
しばらく中止させていただきます。
再開が決定しましたらご案内いたします。

※中止となりました
2020年7月4日(土)・5日(日)
シャンソンの祭典
第58回 パリ祭 
(NHKホール)
主催:パリ祭実行委員会、一般社団法人 日本シャンソン協会
後援:在日フランス大使館/アンスティチュ・フランセ日本
公益財団法人 日仏会館

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


5、パリ・コンサートをめぐつて-6

 幸福を売る男

        芦野 宏

 Ⅲ 新たな旅立ち

5、パリ・コンサートをめぐつて-6

 パリ今昔-3

 六月のさわやかな夜、私たちが食事をしていた「シャンゼリゼ・クラブ」は、芸能人だけの会員制クラブで樹陰に隠れたこぢんまりとした建物であった。
 二年間の契約でカジノ・ド・パリに出演中のリーヌ・ルノーは、前年に見たあのときとほとんど違わない舞台を見せてくれたが、レヴューが終わったころ、楽屋まで来てほしいと言われていた。途中の花屋の店先で、あまりの美しさに立ちどまり、アイリスの酒落た組み合わせ方が心にくいほどで気に入ってしまい、妻と二人心をこめて、このささやかな花束を、リーヌへ贈ることにした。午後十一時過ぎに行ったが、もうリーヌは着替えをすませて待っていてくれた。私たち夫婦とガステ夫妻は一台の単に乗って、この初めて見るうす暗いサロンに入っていった。なにやら秘密クラブめいて興味津々だったが、少し離れたテーブルでは、当時人気の高かったシャンソン歌手で映画スターのジャン=タロード・パスカルが、タルタルステーキを一人で食べていた。ずっと奥のテーブルにカップルの男女がグラスを傾けていたが、ほの暗いキャンドルの明かりでだれだかわからなかったが、いずれ有乞Hなスター同上であるにちがいない。
 ここは世間の目を逃れるための、隠れ場所にぴったりだと思った。
 妻は夏の夜にふさわしく、平絽(ひらろ)の涼しげな白い和服で出かけ、リーヌも私たちがお土産に持参した和服用シルバーのちゃんちゃんこをはおっていた。和服デザイナー大塚末子さんの奇抜なデザインが新鮮であった。ほの暗いキャンドルの明かりのなかにも、われわれの存在はおそらく奇妙に見えたことであろう。これがアメリカやスペインなら、まわりの客が「ワンダフ
ル」とか「ムイビエン」とか言って声をかけてくるだろうに、ここはフランス、しかも静かなチエイルリー公園の中の会員制クラブである。だれもが他人の領域に入っては釆ない。ここでわれわれは、珍しい地中海風のオードヴルをつまみながら、レコーディングの話をし、事務的な詰めは後日までかかったが、とにかくわれわれの間では話がまとまったのである。


5、パリ・コンサートをめぐつて-5

 幸福を売る男

        芦野 宏

 Ⅲ 新たな旅立ち

5、パリ・コンサートをめぐつて-5

 パリ今昔-2

「星を夢みて」

    訳 薩摩 忠
    詞 J・ラリユ
    曲 H・メ イ

 風 あまく歌い 月 かすむ今宵
 夢 ささやく空の下 星の またたきよ
 吾が 胸にふかく 頬 寄せる君の
 夢 みる濡れた瞳よ 星を 夢にみる

 これは昭和三十年、日劇 『秋のおどり』 で歌い、ポピュラー歌手としては日本で初めて(昭和三十二年) ウエストミンスター・レコードで制作したLPレコードのなかに吹き込んだ、私の歌である。
 原曲はティノ・ロッシがコロムビア・レコードのSP盤で歌っている。シャンソンを歌いはじめてフランス語で歌った最初の曲だったと記憶している。まだ新人としても認められなかったころ、猪熊弦一郎画伯夫妻が私を当時のフランス大使であったレヴィご夫妻に紹介し、大使館のサロンで歌わせてくださった。
 いうなれば、私にとっては大切な思い出の一曲なのである。淡路島で過ごした夏の夜空があまりにも美しかったので、思わず口ずさんでしまった。
 ス・ソワール ドン・ル・スィエル・イマンス (今宵この広大な天の下で)
 ル・ヴォン シャンテ・サ・ロマンス (風がロマンを唄う)

 しっかりと勉強していたフランス語で、しかも、ささやくような小さな声で私は歌った。ルルとリーヌは目を閉じて、じつと聴いてくれた。私と妻は三〇年前のあの夜のことを思い出していた。それはリーヌ・ルノーの夫であるルル・ガステに初めて会った夜であった。

  ------

◆営業を再開しております◆

※シャンソンライヴの開催は見合わせております

平素より日本シャンソン館をご愛顧賜りまして、誠にありがとうございます。

日本シャンソン館が休館となってから、早3ヶ月が過ぎようとしています。
その間に新型コロナウイルスの感染拡大のスピードも徐々に弱まり、少しずつではありますが、
普段通りの日常が戻りつつあることを嬉しく感じております。
群馬県制定のガイドラインの警戒度が「1」に引き下げられたことから、日本シャンソン館は、
7月6日(月)から営業を再開させていただく事となりました。

日本シャンソン館は、7月14日に25周年を迎えることとなりますが、まだ暫くの間、3密を避けなくてはいけない状況が続くため、
誠に残念ではございますが、多くのお客様が集まる「パリ祭」や記念のイベントは行うことができません。
また、通常のシャンソンライヴに関しましても、7月からの再開はできませんが、できる限りの感染予防対策を行った上で、
早い段階での再開を目指して準備を進めております。

夏本番に向けて、庭の草花たちも緑鮮やかに元気いっぱいです。
スタッフ一同、皆様のお越しを心よりお待ちしております。
また皆様と笑顔でお会いできる日を楽しみにしております。

日本シャンソン館 館長 羽鳥功二

ーーーーーーーーーーー.


パリ今昔-1

  幸福を売る男

      芦野 宏

 Ⅲ 新たな旅立ち

5、パリ・コンサートをめぐつて-3

 日仏親善パリ・コンサート-3

「シャンゼリゼはここ (ホテル・ムーリス)から歩いていける、すぐそこです。私の友人アシノさんと二人でシャンゼリゼを散歩するような気分で歌います。さあ、皆さんもご一緒に、どうぞ」。ディナーコンサートのフィナーレはデュエットで終わった。パリのディナーショーは終わるとたいてい十二時を過ぎてしまう。それでもお客さんはだれも腰を上げないので、なかな
かお開きにならず、いつまでもこの歌を繰り返した思い出がある。
 当日、内田大使からイヴェット・ジローヘ 「感謝状」が贈られ、ジローも大感激された。四半世紀以上にわたり三〇回近くも来日して全回を歌いまわり、日仏をつなぐ音楽使節としての業績はギネスブックものであり、いわば地元でのこの親善コンサートも後年(平成五年)、日本政府から勲四等宝冠章を授与される一助になったのではないかと思っている。

 パリ今昔-1

 第三回の日仏親善パリ・コンサートは昭和六十三年十一月二十八目に、前回と同じホテル・ムーリスで行われた。ゲストはリーヌ・ルノー。音楽事務所も経営する大庭照rさんが同行されて、童謡を歌っていただいた。大庭さんはそのころパリ祭公演を石井好十さんから引き継いで任されていたので、リーヌ・ルノーを招碑したいという気持ちがあった。それで私のコンサ
ートに客演して、私の長年の友人リーヌ・ルノーに直接会い、出演交渉をする目的もあったのである。
 コンサートの翌日、大庭さんとりーヌ・ルノーのマネージャーとの交渉が始まって、色よい内諾を得た様子であった。リーヌは国内・海外のステージのほか、テレビ、映画、演劇でも活躍し、そころもフランス国営放送のテレビドラマで主役を演じていて、多忙な日々を送って いた。
リーヌは大庭さんの熱心な要請によって、特別なギャランティで日本のパリ祭に加する約束をしてくれたのである。こうして翌平成元年、フランス革命2百年パリ祭の日本縦断公演では、レヴューの女王リーヌ・ルノーをメインゲストに迎えて、華やかなシャンソンの祭典
が催され、沈滞気味のシヤンソン界に起爆剤を放ったような活気を呼び戻した。
 リコンサート・ツアーは福岡、熊本に始まり、神戸から淡路島に渡り、名古屋名畠を経て東京に戻った。淡路島にカンヌを彷彿させる酒落た田舎風のホテルがあり、われわれはそこに泊まった。フランス人のシェフがおいしいフランス料理を作ってくれ、その夜は庭にテーブルを出して夜半過ぎまでルル・ガステ、リーヌ・ルノー夫妻と歓談した。ルルはリーヌより二十歳も年上で、そのころはもう八十歳を超えていたが、まだまだ元気だった。三○年ほど前、たちが新婚旅行でパリを訪れたとき、初めて出会った二組の夫婦がちょうどあのとき、チエイルリー公園にある、シヤンゼリゼ・クラブで遅い夕食をともにしたことを思い出していた。
 あれはし六月ノパリ、季節はほとんど変わらないのに日本の夏はずっとむし暑い。

------
◆営業を再開しております◆

※シャンソンライヴの開催は見合わせております

平素より日本シャンソン館をご愛顧賜りまして、誠にありがとうございます。

日本シャンソン館が休館となってから、早3ヶ月が過ぎようとしています。
その間に新型コロナウイルスの感染拡大のスピードも徐々に弱まり、少しずつではありますが、
普段通りの日常が戻りつつあることを嬉しく感じております。
群馬県制定のガイドラインの警戒度が「1」に引き下げられたことから、日本シャンソン館は、
7月6日(月)から営業を再開させていただく事となりました。

日本シャンソン館は、7月14日に25周年を迎えることとなりますが、まだ暫くの間、3密を避けなくてはいけない状況が続くため、
誠に残念ではございますが、多くのお客様が集まる「パリ祭」や記念のイベントは行うことができません。
また、通常のシャンソンライヴに関しましても、7月からの再開はできませんが、できる限りの感染予防対策を行った上で、
早い段階での再開を目指して準備を進めております。

夏本番に向けて、庭の草花たちも緑鮮やかに元気いっぱいです。
スタッフ一同、皆様のお越しを心よりお待ちしております。
また皆様と笑顔でお会いできる日を楽しみにしております。

日本シャンソン館 館長 羽鳥功二

ーーーーーーーーーーー.


5、パリ・コンサートをめぐつて-3

 幸福を売る男

        芦野 宏

 Ⅲ 新たな旅立ち

5、パリ・コンサートをめぐつて-3

 日仏親善パリ・コンサート-2

 ところで、翌昭和五十八年、再び八月の夏休みを利用して第二回の親善コンサートが実現した。今度はイヴェノト・ジローと私のジョイント・コンサートであり、由緒あるホテル・ムーリスの嘗会場で楽しく華やかなディナーコンサートになった。この日のプログラムは、私が古いパリ?ンヤンソンを歌うと、ジローは古い日本の歌を、という組み合わせで「浜辺の歌」や、服部良一作曲「胸の振子」などを上手な日本語とフランス語をまじえて歌った。二十数年も前に私にプレゼントしてくださった「パリは花束」というシャンソンは、私の日本語の歌に続いてジローがフランス語で歌い、日仏親善のコンサートにふさわしい雰囲気で盛り上がった。

「オー・シャンゼリゼ」
  詞 安井かずみ
  曲 M・ディガン、M・ウィルシュ

 街を歩く 心かるく
 だれかに会える この道で
 かわいい君に 声をかけて
 こんにちは ぼくと行きましょう
  オー・シャンゼリゼ オー・シャンゼリゼ
   いつも何か すてきなことが
  あなたを待つよ シャンゼリゼ

 何度目かの来日のときにジローから譜面をいただき、歌ってみてすっかり気に入っていたものだ。「アシノさんにぴったりの歌です」と言ってくださった手書きのメロディー譜は今でも大切に楽譜戸棚にしまってある。日本のディナーショーでも十二月以外は必ずといってもいいほど歌っている。この歌はいつもさわやかな気分をかもし出してくれる。この親善コンサートの最後にこの歌を二人で歌うのは、ジローの提案であった。歌う前に彼女はこの歌を紹介した。


5、パリ・コンサートをめぐつて-2

幸福を売る男

       芦野 宏

 Ⅲ 新たな旅立ち

5、パリ・コンサートをめぐつて-2

 日仏親善パリ・コンサート-1

 昭和五十七年(一九八二)八月二十四日、パリはヴァカンスのさなかに、私はあえて自分のコンサートを開いた。子供たちが学校の夏休みを利用できるからである。初めに考えていたプライベートなミニ・コンサートは、しだいに本格的な国際親善コンサートに変わっていく。たまたまこの年は七月十四日に東京都とパリ市が友好都市提携の協定を結んだ記念すべき年だっ
たので、日仏友好の親善コンサートにしたらどうだろうという案が生まれ、私は東京都知事・鈴木俊一氏のメッセージを携えてパリ市長ジャック・シラク氏にお届けする役目を果たすことになった。
 もともと自分勝手に日取りを決めて、われわれの都合のよい夏休みを選んだのだから仕方のないことだが、パリはほとんどの人たちがヴァカンスに出かけて昏守になり、街は観光客ばかりになる季節である。招待したいフランス人は大半が不在であった。シラク市長も不在で、副市長が出席され、私が携えたメッセージは無事、市長に手渡されることになったのだが、日本の全権大使・内田宏ご夫妻は万障繰り合わせてご出席くださることになり、このときの友好コンサートを重みのあるものしてくださったことには、心から感謝している。
 フランス側からフルート奏者とピアニストの演奏があり、南仏からイヴェット・ジローご夫妻、パリからリーヌ・ルノー、松島みえさん(故人)からご紹介された歌手ミシェル・ベルガムも出席してくださり、パリのインターコンチネンタル・ホテルで行われたディナーコンサートは盛り上がった。日本から同行した「芦の会」の皆さんも大喜びで、こんな楽しいコンサートなら、ほかの会員たちも誘って、また来たいという要望が多かった。
 「芦の会」というのは、前にもふれたように、デビュー後まもなく発足した私の後援会で、長らく松屋百貨店創業家の実業家・古屋冨一郎氏(故人)が会長を務められた。古屋さんはベース奏者として、ご子息の浩吉氏(現・松尾専務)はマンドリンでもって私の伴奏というお付き合いもある。たちまち全国に支部が増えて、「日本平の会」という大組織をもつ松島壮・みぇ夫妻が主宰する静岡、プロローグに掲げた「歌から歌へ」など貴重な新曲をたくさん紹介してくれた堀内一彦氏の山梨、少し先輩で、なぜか性格も趣味嗜好も似ている吉貴吉男氏の広島ほか、各地の「芦の会」がディナーショーやコンサートを開いてくださる。今、会をとりまと
めているのは、田中宏和さんのあとを引き継いだ藤村知弘氏である。このパリ・コンサートの企何と実現は藤村さん、そして彼の友人で当時パリ在住だった服部紀一郎・ピ
レット夫妻のご尽力によるところが大きい。

 --------
シャンソンライブスケジュール
※変更になる場合がございます。ご了承ください。

※中止となりました
2020年7月4日(土)・5日(日)
シャンソンの祭典
第58回 パリ祭 
(NHKホール)
※中止となりました
時間:16時15分開場 17時00分開演
会場:NHKホール
主催:パリ祭実行委員会、一般社団法人 日本シャンソン協会
後援:在日フランス大使館/アンスティチュ・フランセ日本
公益財団法人 日仏会館
--------------------

 


若き日のパリ

幸福を売る男

        芦野 宏

 Ⅲ 新たな旅立ち

5、パリ・コンサートをめぐつて

 若き日のパリ

 昭和三十一年(一九杢ハ)、初めて訪れたパリで、私は思いもかけない幸運にめぐりあった.当時はまだテレビのない時代で、ラジオ番組で紹介されたことがきっかけで、憧れのオランピア劇場にも出演した。
昭和三十八年のフランス国営放送のテレビ『マガジン・フェミナン』出演以来、私は外国での仕事には恵まれなかった。
日本ではN琶↑レビの画期的な新番組『くらしの窓』の総合司会と歌を受け持ち、その前後にわたり『紅白歌合戦』に登場しながら、全国コンサート・ツアーやミュージカル(『思い出を売る男』昭和三十一年、『悪口メオ』三十二年、『トゥ・ボインツ』四十一書ど)、テレビドラマ(『コメットさん』軍一年など)や映画(『天使の誘惑』苧二悪ど)にまで出演して忙しい毎日を送っていた。
 『くらしの窓』がスタートした年、昭和三十七年に生まれて野1彰氏から「花の子守唄」を贈られ、やがて岩谷時子さんから「パパの子守唄」をプレゼントされて育った長男・仁博(きみひろ)も、いつの間にか成人し、次男・功二島学二年になっていた。自分が若いとき一人で苦楽を味わって過ごしたことのある、懐かしいパリを一度見せてやりたいと思うようになっていたのは、そのころである。二〇年前に付き合っていたパリの音楽仲間たちを招待して、小さなコンサートを開いてみたいと思い、フランスに手紙を出した。
 オランピアに初めて出たとき、オーケストラの編曲をしてくれたのはタロード・ヴァゾーリ氏である。その後パテ・マルコニ社で四曲のシャンソンを吹き込んだときも、やはり偶然かヴアゾーリ氏の編曲であった。まずフランスの音楽家名鑑を調べて住所を探したが見当たらなかつた。レコーディングのときバックをつけてくれた四人組の女声コーラスの人たちにも連絡がつかなかった。あのころの仕事仲間と一緒に歌いたいという私の夢は半分も満たされなかった。
それもそのはず、ずっとあとになってわかったことだが、ヴァゾーリ氏はムード・ミュージックの第一人者として世界を魅了し、たびたび来日公演もしている、お馴染みの「カラヴェリ・グランド

 --------

シャンソンライブスケジュール
※変更になる場合がございます。ご了承ください。

※中止となりました
2020年7月4日(土)・5日(日)
シャンソンの祭典
第58回 パリ祭 
(NHKホール)
※中止となりました
時間:16時15分開場 17時00分開演
会場:NHKホール
主催:パリ祭実行委員会、一般社団法人 日本シャンソン協会
後援:在日フランス大使館/アンスティチュ・フランセ日本
公益財団法人 日仏会館
——————————

オーケストラ」を主宰するカラヴェリ氏に変身していたからである。


石井音楽事務所時代とその前後-8

幸福を売る男

        芦野 宏

 Ⅲ 新たな旅立ち

4 石井音楽事務所時代とその前後-8

  シャンソンと絵

 ジョセフィン・ベーカーとの共演で、私は一部のステージで歌ったあと、いつも客席にまわつて彼女のステージを見て勉強していたが、そのイメージをスケッチ帳に描いた彼女の舞台を油絵にしたものが、二科展初入選を果たした「しらベB」であり、昭和四十九年度の美術界・マスコミで話題になった作品である。
 油絵は子供のころから親しんでいた。小学校の図画の先生が、当時としては珍しく上野の東京美術学校出身の山本四郎先生で、その影響を受けていたのかもしれない。後年、私は同じ野だが向かい側の芸大音楽学部を出てシャンソン歌手として世間に認められた。何度目かのフランスから帰って東北の地方公演に出たとき、とつぜん目の前に現れた恩師・山本先生が「君は絵の道に進むとばかり思っていたよ。上野の森で道に迷ったのかね」と言われたこともある。
 つねづね私は、音楽を感じさせる、動きのある絵を描きたいと考えていた。ベーカーがステージに出てくると、コンサートで一部を受け持っていたバンドの皆さんが、とたんに生き生きとしてくる。彼女の身体から発散するリズム感がそうさせるのか、われわれ日本人の伴奏をしていた時とはまるで違った動きを見せるから不思議だ。
 私の油絵は、その後毎年、夏休みを返上して二科展に出品し、テーマは音楽の世界だけを追求してきたが、昭和五十五年「ビギヤール広場の楽士達」 で 『二科展六五回記念賞』を受賞した。この賞をもらえたら、二科展に無審査で人選できるとかいわれたが、私はだんだん疲れがたまってきていた。絵を描くということは相当のエネルギlを使うし、コンサートで歌っているときでも、いつも油絵の構図のことや色のことが頭のどこかにあって、八月末の二科展締め切り日が近づくにつれて歌がおろそかになってくることがわかった。早く帰ってキャンバスのあの部分を埋めようと思い、歌より絵のほうか大切だと思うこともあった。

 翌年の二科展に出展した絵は「ピエロの唄」であったが、道化師ピエロの眼に涙があふれ、今にも泣きだしそうな作品になってしまった。自分の心情を思わず表現してしまったような気がする。批評家の先生や二科会の審査員の先生方にはほめていただいたが、私はあれ以来、二科展出品は控えている。絵は好きなので、気の張らない水彩や小品を描くことはあっても、50号や100合の大作に挑む気持ちは今はない。


石井音楽事務所時代とその前後-7

幸福を売る男

        芦野 宏

 Ⅲ 新たな旅立ち

4 石井音楽事務所時代とその前後-7

 石井好子の魅力-2

 いやに石井さんをほめちぎるように思われるかもしれないが、私が石井音楽事務所に所属している間に、受けた恩恵は数に限りがない。まずはパリ祭に招いた、イヴェット・ジローやフランスのビング・クロスピーともいうべきジャン・サブロンと同じステージに立てたこと、彼の伴奏者として来日した著名な作曲家(「ライライライ」「ジャヴァ」「コーヒー畑」など) でピアニストのエミール・ステルンの伴奏で歌わせてもらったことなどである。ステルン氏とはご一緒の地方公演も多く、彼からは音楽的なスピリットをたくさん頂戴した。また、世紀の歌姫ジョセフィン・ベーカーの前唄として全国各地を歌い歩いたときも、彼女からステージングの軽妙な身のこなしやウイットに富んだ話術を学ばせてもらった。
 昭和四十五年、万博が大阪で開かれたときは、ダリダ(エジプト生まれのイタリア系シャンソン警丁)の舞台の前座として岸洋子さんたちと共演することもできた。このような貴重なことを日本にいながら、しかも仕事をしながら勉強できるなんて、それこそ夢物語である。
石井さんは音楽事務所を閉めてしばらくしてから、「日本シャンソン協会」を設立した(平成三年)。シャンソンの普及と発展、若い人たちに仕事の場を与えること、それはとりもなおさず石井音楽事務所時代に岸洋子、加藤登紀子、田代美代子、大木康子らを世に出したかたちと似ている。ただ昔と違うことは、マネージメントをしないことだろう。これからも石井さんには、日本のシャンソン界を代表して大いに頑張ってもらいたいと思っている。私も副会長として、及ばずながら、「日本シャンソン館」をホムグラウンドにして石井会長をバックアップしていきたい。


石井好子の魅力-1

 幸福を売る男

        芦野 宏

 Ⅲ 新たな旅立ち

4 石井音楽事務所時代とその前後-6

 石井好子の魅力-1

 さて、石井事務所に移ってから、前にもふれたように、私の仕事は順調であった。ここで二〇年近くもお世話になっている間に、石井好子という人物を裏から眺めることができた。彼女は所属タレントをかばう人である。歌手の立場を自分に置き換えてしまうから、タレントは居心地の悪いわけがない。
 ところが昭和四十三年(一九六八)ごろ、事務所の八島専務と担当マネージャーが一か月以上のソビエト公演を計画して私の出演を決めた。私は寝耳に水で、自分に相談もなく決められたことに立腹した。食事に馴染めそうもないソビエト各地を二か月近くも歌いまわることは、労音の連続リサイタル以上にきついことだと思ったのだ。ところが、八鳥氏はもうすでに先方でも名前を出しているし、出演料の約束もできていると迫ってくる。

 私は社長の石井さんにそのことを話すと、即座にタレント側の立場に立って八島専務を叱りつけた。事務所の方を押さ、享、私の味方をしてくれるわけである。その数か月後に、石井さんがパリへ出かけた帰り道、わざわざモスクワに立ち寄って私が仕事をキャンセルしたことを謝り、代役にジャズ歌手の旗照夫さんを要てくださったらしい。社長ともなれば、いろいろたいへんなことが多いものだと田心った。
のちに石井事務所が惜しまれつつも閉じられたあと、石井さんと二〇年も一緒に仕事をされて信頼の厚かった新山裕氏に私はマネージメントを委ねることになる。くだんの担当マネージャーとは彼のことだが、あのあとは万事うまく事が運んでいたし、その後も地道で堅実な仕事ぶりには感謝している。
石井さんにはまた、こんなエピソードもある。モスクワのホテルの入∥ドアのところで、手から血を流して因っている人がいたので、すぐさま同行の日本人ドクターに頼んで救急手当てをしてあげた。ところが、その人は偶然にも若き日のエンりコ・マシアスだったそうなのだ。
それを機に、石井事務所がマシアスの日本公演をしてあげることになり、彼はいまだに石井さんに頭が上がらないと聞いている。
 石井さんだって人間だから欠点もあるにちがいないのだが、少なくともタレント側に立って事務所や世間に立ち向かってくれる、頼もしい人である。だが、タレントに向かって叱りつけることもたびたびある。この私もその一人である。あとで思えば叱られて当然のことだったから、腹が立つどころかありがたいことであった。


石井音楽事務所時代とその前後-6

 幸福を売る男

        芦野 宏

 Ⅲ 新たな旅立ち

4 石井音楽事務所時代とその前後-6

 「歌の明治百年史」リサイタル-4

 昭和芋八年(享八三)、三〇周年記念のりサイタルには、パリ在住の早乙女玲子さんから紹介され、私がしばらくフランス語を教わっていたパリ帰りの青年・藤田宜永さんの訳による「黒い瞳ナタリー」を歌い、予想外の反響を呼んだ。藤田さんはのちに作家として成功し、『鋼鉄の騎士』で第四八回日本推理作家協会賃を受賞している。
 早乙女玲子さんとの最初の出会いは、一枚の1Pレコードを通してだった。私がデビューした翌年、昭和二十九年ごろ、市ヶ谷の私の家を訪ねてくれた二人のお嬢さんが届けてくれたものは、当時絶対入手できなかったシャンソンの1P盤『ティノ・ロッシ名曲集』であった。私のラジオを聴いてファン第一号を名乗り出た方である。それから長いご無沙汰をしているうち、彼女がエールフランスに勤めていることを知った。パリで生活されてから長いこと会うこともなかったが、日仏友好のコンサートをしたとき久しぶりにお会いした。
 彼女からのプレゼントは、フリオ・イグレシアスの歌の入ったカセットテープであった。
 そのなかから私が選んだ「人生に乾杯」や「黒い瞳のナタリー」は、自分でも納得するほど私にピッタリの曲で、古くから私の個性を知っておられる五月女さんには感謝している。
 平成十年(一九九八)五月十五日、日仏親善のコンサートをパリ日本文化会館において行うことになったとき、彼女はまた私に数曲プレゼントしてくれた。そのなかの一曲は意外な曲で、中南米の革命家チェ・ゲバラの没後三〇年を記念して作られた曲であった。パリで大流行しているメロディーがとても新鮮であり、さっそく日本に持ち帰り尾中美千絵さんの訳詞で歌うことにした。また、軽快な曲は、新進のアン・あんどうさんに訳詞をお願いしている。

ーーーーーーーー

止となりました
2020年7月4日(土)・5日(日)
シャンソンの祭典
第58回 パリ祭 
(NHKホール)
(裏面) ※中止となりました
時間:16時15分開場 17時00分開演
会場:NHKホール
主催:パリ祭実行委員会、一般社団法人 日本シャンソン協会
後援:在日フランス大使館/アンスティチュ・フランセ日本
公益財団法人 日仏会館


石井音楽事務所時代とその前後-5

幸福を売る男

        芦野 宏

 Ⅲ 新たな旅立ち

4 石井音楽事務所時代とその前後-5

 「歌の明治百年史」リサイタル-3

 作曲家の服部公一さんは、山形市の出身で、私と一緒に相談しながら作って発表した「ふるさとの漬物の唄」が、その意外性も含めて大ヒットしたため、次々と新しい歌に挑戦してきた。
「みんでんなすのうた」「みちのくの童話」「日本の泣き笑い」などである。いずれも労音や民音関係の連続リサイタルで発表し、全国を歌って歩いた。
一五周年リサイタルで発表した「紙芝居と私」は、紙芝居の元祖といわれていた加太こうじさん(故人)の下町のお住まいまで出かけていってお話を伺ったりしながら作った力作だった。
 年月は容赦なく流れて、今や昔の紙芝居を知っている人間は少なくなっている。
(注)
 昭和四十六年(一九七一)六月十四日~十八日の五日間、銀座のヤマハホールで連続リサイタルが催された。第一部で新しいシャンソンに加え、日本の無名の新人が作った新曲をギターの弾き語りで披露した。二部では昨年のリサイタル(ファミリー劇場)で好評だった人形(ひとみ座)との共演を織り込み、第三部は毎晩日替わりのバラエティに富んだプログラムを組んだ。初日がシャルル・トレネ、統い てジルベール・ペコー、エンリコ・マンアスとアデモ、シャンソン・コミック、シャンソン・ドパリ (パリと名のつく歌)という内容である。 シャンソンには、現実的シャンソン、幻想的シャンソンまたはシャンソン・コミック(滑稽・風刺シャンソン)、魅惑?ンヤンソン(感傷的シャンソン)、文学的シャンソンなどがあるとされる。それらの一つを得意とし、持ち味とする歌手もいれば、二、三ないしあらゆるものをこなす歌手(たとえば、イヴ・モンタン)もいる。また前者のなかには、なにを取り上げても一つの傾向、たとえば現実派風に歌う(聞こえる)歌手もいる。
 蛋宏は現実的なも詔ともかく、いろいろなジャンルを歌、冬聴かせるタイプのようだ。「コミック」の分野では先賢であり、本場のシャンソン小屋で学んだ雰囲気を現出するにふさわしいホールを選び、芸域の広さと個性も発揮させようと望息気込み冒ブだ。本人は「歌手生活も十七年たったし、この際自分の可能性を試したいと思う。今度のプログラムはその意味でかなりの目険だが、トレネやペコ1の歌も日本語で歌い、原語ではわからない〈シャンソンの味〉も知ってもらうつもり」と語る。

ーーーーーーーーーー5月ライブスケジュール
※変更になる場合がございます。ご了承ください。

日 時 開演時間 出 演
中止させていただきます

6月ライブスケジュール
※変更になる場合がございます。ご了承ください。

日 時 開演時間 出 演
中止させていただきます

※中止となりました
2020年7月4日(土)・5日(日)
シャンソンの祭典
第58回 パリ祭 
(NHKホール)
——————————-


4 石井音楽事務所時代とその前後-4

幸福を売る男

        芦野 宏

 Ⅲ 新たな旅立ち

4 石井音楽事務所時代とその前後-4

 新しい事務所で-4

 「上を向いて歩こう」がスキヤキソングとしてアメリカでヒットしたころから、シャンソンもしだいに個性を失ったかのごとく、アメリカのリズムをとり入れたものが流行したり、外国のメロディーをとり入れたりしました。しかしこれはフランスだけでなく、世界じゅうの歌がしだいに歩み寄って、ひとつのものに近づきつつある現象だったのかもしれません。
エンリコ・マシアスの「恋心」は日本でも大ヒットしたが、これなどは古くからある日本の歌謡曲の流れと非常によく似ていて、まるで日本の歌のようだという評判です。アダモは「雪ポ  が降る」など近代的感覚の曲を次々と作っていま「歌の明治百年史」15周年リサイタルスター(1968.1l.8)すが、シャンソンも日本の歌も、しだいに近づきつつあるということだと思います。一方、一九六七年レコード大賞の受賞曲「ブルー・シャトー」などは、まさに国籍不明、とても日本の歌とは思えないほどです。
この百年、シャンソンの流れのなかにシャンソンのもつ独特の個性が脈うっていて、それはどんなに世界の歌が近づきつつあっても、けっして失われることなく脈々として流れつづけるであろうことを、この第一部のプログラムのなかにくみ取っていただけたら幸いと思っております。
さて、第二部の「紙芝居と私」は、三年前「、言さとの漬物の唄」で好評をいただいた同郷の作曲家・服部至氏の作品で、失われゆく街角の芸術家「紙芝居屋さん」を歌います。
「丹下左膳」や「のらくろ1等兵」、むかし懐かしい「安寿と厨子王」「母を訪ねて三千里」など‥‥‥。でも皆さん、いまやご存じない人のほうが多いでしょうね。1ウ~トラマン」や「ゲゲゲの鬼太郎」ならご存じかもしれませんね。テレビの発達によって、職場を失ってしまった紙芝居屋さんは、必死の抵抗で自分の芸術を守ろうとします。
最新式ステレオスピーカーを使い、ワイドな画面に映して、昭和元禄の良き時代に、再びあの忘れられつつある紙芝居を復活させようとするのです。しかし、東京の空に今や警んぼの姿も見えず、お寺の屋根の1から見てくれたカラスの誓えも見喜せん。この紙芝居はたった一人で紙芝居の歌を歌います。懐かしい水あめの歌、切りこんぶの歌、夕焼けが三十六階のガラス窓に反射してキラキラ輝いています。なんだか田んぼの水に映ったふるさとの夕焼けみたいにきれいだなと思いながら……「紙芝居と私」はそんな歌です。最後の第部は、おなじみの「サラダのうた」や「パパと踊ろうよ」から「愛は燃、葺いる」までを並べて、共演のスリー・バブルス、ボーカル・ショップとともにアズナヴール、ペコー、マシアスの曲で終わります。

ーーーーーーーーーー5月ライブスケジュール
※変更になる場合がございます。ご了承ください。

日 時 開演時間 出 演
中止させていただきます

6月ライブスケジュール
※変更になる場合がございます。ご了承ください。

日 時 開演時間 出 演
中止させていただきます

※中止となりました
2020年7月4日(土)・5日(日)
シャンソンの祭典
第58回 パリ祭
(NHKホール)
——————————-


石井音楽事務所時代とその前後-3

福を売る男

        芦野 宏

 Ⅲ 新たな旅立ち

4 石井音楽事務所時代とその前後-3

 新しい事務所で-3

 「歌の明治百年史」 リサイタル
 私は昭和四十三年(一九六八)、歌手生活一五周年にあたり、「歌の明治百年史」というタイトルで記念リサイタルを開いた。構成演出は永田文夫さん、私のために名訳「セ・ラ・ロマンス」 「愛は燃えている」などの歌をレコード用に書いてくださった先生でもある。叫早津子さん一躍有名になったが、もともとはシャンソンとラテン音楽の研究家で、長い間『シャンソン』という月刊誌を続けられ、貴重な資料をたくさん提供してくださった方である。その永田さんに相談しながら、気負い込んで歌った「歌の明治百年史」は、今でも私の記憶に残る快挙だったと自負している。
日本シャンソン友の会(石井音楽事務所内)の会報に載せた当時のプログラム紹介の記事が保存してあったので、改めて読み返してみることにしよう。
(皆さま、こんばんわ。芦野宏です)
 シャンソンを歌いはじめて、ちょうど十五年になりますので、今回はシャンソンの歴史のようなものでプログラムを組んでみました。今年は明治百年にも当たりますので、明治維新から現代に至るシャンソンの流れを歌で聴いていただこうというわけなのです。
 「お江戸日本橋」や「アヴィニョンの橋の1で」は、いずれも明治以前のものだそうですが、明治の初め「宮さん宮さん、お馬の前に……」という歌が束京で歌われていたころ、パリでは「さくらんぼの実る頃」がはやっていたということです。また、東京の下町情緒を歌いあげた「紅屋の娘」という流行歌が街に流れているころ、「パリの屋根の下」や「パリ祭」の歌、こういうパリの下町を歌ったシャンソンが流行しました。
 昭和十九年から二十年にかけて、悲憤な「海行かば」をわれわれが歌っていたころ、パリでは海の歌「ラ・メール」が作曲され、終戦を迎えて、パリで初めてこの歌が流行しはじめたと24(;いいますから、ちょっとおもしろいですね。日本は敗戦国として、フランスは戦勝国として、ともに困窮と耐乏の生活を迎え、やがて「銀座カンカン娘」や「セ∴ン・ボン」のような明るい歌が歌えるようになっていくわけです。


4 石井音楽事務所時代とその前後-3

幸福を売る男

        芦野 宏

 Ⅲ 新たな旅立ち

4 石井音楽事務所時代とその前後-3

 新しい事務所で-2

 菊池事務所時代から数えると三回目になる北海道公演旅行は、このころであった。加藤登紀子さんが第二回のシャンソン・コンクールで優勝し、「赤い風船」という曲でレコード大賞新入賞を受けたあとだったと思う。私たち一行一〇人は稚内の公演が終わると、翌朝、野寒布(のしゃっぷ)岬のほうまで足を延ばしてみた。流水が凍結して、海の上を歩いて利尻島まで行けそうな気分は、まさに爽快そのものであり、寒いけれど空気がおいしい。やはり冬の北海道はいいなと思うようになった。
 加藤さんとは冬の北海道だけでなく、全国各地の労音でご一緒した思い出がある。新人歌手として私の前座を務めてくれたのだ。田舎の宿はほとんど木造の旅館で、隣の部屋の様子がなんとなく聞きとれたりする。お堂紀さんの部屋から夜中の一時を過ぎても、かすかなギターのつま弾きが洩れていて気になることがあったが、旅から帰ってから聞いたら、あのとき「ひとり寝の子守唄」を考えていたらしい。彼女はいつでも、どんなときでもなにかを考え、lなにかに挑戦している。
 今や加藤登紀子といえば、作詞活動から陶芸・書道と、なんでもこなす実力派歌手に成長されたが、とてもかわいい性格をもち続けている一面もある。私と雪の北海道を旅しているとき、「今とても偉い人に手紙を書いてるんだけど、こんなふうに書いていいものかしら」と私に相談してくれた。宛名を見ると森繁久弥さんであった。ちょっとしたことだが、かわいい後輩だと思うようになった。こんなところが、藤本敏夫さん (ご亭主)にも愛される、仲の良い夫婦円満の秘訣なのかなと思い、陰ながら柏手を送っている。ちなみに、あの手紙を見せてもらっさ演などでご一緒 加藤登紀子さん‥967頃)て約半年たってから「知床旅情」が加藤登紀子さんの歌によって爆発的な大ヒットとなった。

  -------

5月ライブスケジュール
※変更になる場合がございます。ご了承ください。

日 時 開演時間 出 演
中止させていただきます

6月ライブスケジュール
※変更になる場合がございます。ご了承ください。

日 時 開演時間 出 演
決定次第、ご案内いたします

2020年7月4日(土)・5日(日)
シャンソンの祭典
第58回 パリ祭 
(NHKホール)

(裏面) 時間:16時15分開場 17時00分開演
会場:NHKホール
主催:パリ祭実行委員会、一般社団法人 日本シャンソン協会
後援:在日フランス大使館/アンスティチュ・フランセ日本
公益財団法人 日仏会館

★ チケット発売中 ★
※日本シャンソン館ではS席(10,000円)のみの取り扱いとなります。A席、B席をご希望の方はチラシに記載されてるお申込み先まで、ご連絡をお願いいたします。

 --------------------


石井音楽事務所時代とその前後-2

 幸福を売る男

        芦野 宏

 Ⅲ 新たな旅立ち

4 石井音楽事務所時代とその前後-2

 新しい事務所で

 石井音楽事務所には、昭和三十六年(一九六一)の設立当初からパリ祭の合同コンサートや私のリサイタルでお世話になっていた。所属したのが昭和四十二年、事務所主催のパリ祭が全国縦断を始めた年であり、それから約二〇年間、石井ミュージックプロモーション(昭和四十四年改称)が解散するまで、私は大船に乗った気持ちで安心して仕事を続けることができた。
 石井事務所の仕事は、今まで菊池事務所でやっていたものと違い、バラエティに富んでいて楽しかった。付き人も何人かいて、みないい人ばかりだった。東京プリンスホテル、マグノリアホールの外人向けディナーショーも楽しかったが、ホテルオークラや帝国ホテルのディナーショーなど、東京にいるときは一流ホテルのワンマンショーが多く、地方公演も私の前唄に必ず新人歌手をつけてくれた。加藤登紀子さんや田代美代子さん、あるいはその年のシャンソン・コンクールで優勝した女性歌手のときもあった。
 石井事務所に釆てからの生活は、私の音楽人生のなかでいちばん安定したもので、なんの心配もなかった。だから、事務所が閉鎖されたときはほんとうにつらかった。それだけに今また、あのころに戻って、昔のことをいとおしく思い出している。
  (注)
 昭和四十二年パリ祭(全国縦断開始年)オールスターの紹介。七月十四日、日比谷野外大音楽堂でのチラシによると、右側に芦野宏、石井好子、ビショップ節子、加藤登紀子、山崎肇、堀内美紀、パリからのゲスト二人、左側に岸洋子、中原芙紗緒、深緑夏代、田代美代子、山本四郎、小林暁芙、中沢ただし、司会・藤村有弘、演奏は寺島尚彦とリズムシャンソネット、エミール・ステルン・カルテット。

  -------

5月ライブスケジュール
※変更になる場合がございます。ご了承ください。

日 時 開演時間 出 演
中止させていただきます

6月ライブスケジュール
※変更になる場合がございます。ご了承ください。

日 時 開演時間 出 演
決定次第、ご案内いたします

2020年7月4日(土)・5日(日)
シャンソンの祭典
第58回 パリ祭 
(NHKホール)

(裏面) 時間:16時15分開場 17時00分開演
会場:NHKホール
主催:パリ祭実行委員会、一般社団法人 日本シャンソン協会
後援:在日フランス大使館/アンスティチュ・フランセ日本
公益財団法人 日仏会館

★ チケット発売中 ★
※日本シャンソン館ではS席(10,000円)のみの取り扱いとなります。A席、B席をご希望の方はチラシに記載されてるお申込み先まで、ご連絡をお願いいたします。

 --------------------


石井音楽事務所時代とその前後-1

幸福を売る男

        芦野 宏

 Ⅲ 新たな旅立ち

4 石井音楽事務所時代とその前後-1

 音楽事務所あれこれ

 菊池音楽事務所時代の仕事は全国各地の労音の仕事が多く、一年じゅう全国を飛びまわるような忙しさだった。今なら、ロックなどの歌手たちがやっている全国縦断コンサートのようなものだろうか。いや、今日のように大きな会場も少なく、こまめにまわったところもあるから、回数でいえば、それ以上をこなしていたと思う。
 ひと月のハード・スケジュールの最たるものは、昭和三十四年(一九五九)七月の二〇日間、大阪で三〇回もの労音公演や、NHK『くらしの窓』が三年目に入っていた三十九年四月、東連日のリサイタルであろう。まったくよく仕事をし
たものであったと思う。田中宏和さんがいつも同行して裏方の手配をしてくれ、ときには演出も手がけられて、助けてくれたから続いたようなものであった。
 結婚して長男も生まれ、ジルベール・ペコーの「旅芸人のバラード」ではないが、そのような毎日からもう卒業してもいいのではないか、といつも考えていた。そんな矢先、石井好子さんが西銀座に音楽事務所を開き、タレントをかかえてマネージメントを始めたことを知り、私にはたいへんな魅力であった。芸大の先輩として、またクラシックからポピュラーに進まれた先輩として、もともとその人柄も仕事も尊敬していたから、ぜひともその仲間に入れてもらいたかったのである。石井さんの事務所は労音のような組織に頼るだけでなく、全般的な分野で仕事ができて、長い公演旅行も断ることができると思ったので、なんとかして移籍したいと望んでいた。
 プロダクションから離れるとき、芸能人との間でトラブルが生じることは避けられない宿命みたいなものではないだろうか。私の場合も、まったく円満というわけにはいかず、しかし私のほうには理由があった。私が信頼してマネージメントをお願いした菊池維城氏が数年前から現場を離れ、東芝音楽工業設立と同時に正社員として重要な地位に就かれ、菊池事務所の経営は安井直康氏に任せていたからである。安井氏は誠実な仕事ひとすじの人で、事務所のために仕事をたくさん取ってきた。それが私のハード・スケジュールとなり、私を苦しめ、積もり積もって私に不満をもたらしたのであった。
 菊池氏は私の心情を理解してくださり、やはり芦野さんのお考えどおり、石井先生にお願いするのがよいでしょう、私が現場を離れてレコード会社のほうに専念し、任せきりにしていたことが悪かったのだ、と穏やかに対応してくださった。しかし、安井氏の胸はなかなか納まらなかったにちがいない。私は石井さんにお願いして安井氏と私と三人で会うことにした。不穏な空気が流れ、私は居たたまれない雰囲気のなかで、石井さんにすべてを任せて解決した。

  -------

5月ライブスケジュール
※変更になる場合がございます。ご了承ください。

日 時 開演時間 出 演
中止させていただきます

6月ライブスケジュール
※変更になる場合がございます。ご了承ください。

日 時 開演時間 出 演
決定次第、ご案内いたします

2020年7月4日(土)・5日(日)
シャンソンの祭典
第58回 パリ祭 
(NHKホール)

(裏面) 時間:16時15分開場 17時00分開演
会場:NHKホール
主催:パリ祭実行委員会、一般社団法人 日本シャンソン協会
後援:在日フランス大使館/アンスティチュ・フランセ日本
公益財団法人 日仏会館

★ チケット発売中 ★
※日本シャンソン館ではS席(10,000円)のみの取り扱いとなります。A席、B席をご希望の方はチラシに記載されてるお申込み先まで、ご連絡をお願いいたします。

ーーーーーーー


3、ディナーショーとファッションショー 6

 幸福を売る男

        芦野 宏

 Ⅲ 新たな旅立ち

3、ディナーショーとファッションショー 6

 ファッションショー 2

日本で全国的にチェーンをもつ宝石商のグループが、三五〇人の客を動員するヨーロッパ宝石ツアーを企画した。昭和五十一年(一九↓六)九月のことである。私はパリの近代的な高層ホテル、コンコルドラファイエットの大ホールで、日本人客のためにシャンソンを歌った。客もスタッフも日本人ばかりだが、そこがパリというだけで、コンコ~ドホールに展示された高価な宝石は飛ぶように売れ、主催者・旅行者ともども大満足して是に帰った。石油ショック後ではあったが、日本経済の底力をかいま見る思いであった。
 ファッションショーの仕事も宝石ショーも、時代とともに移り変わり、現在ではディナーショーのほうが大衆化し隆盛を誇っている。私のディナーショーのことは前項でふれたが、相変わらず全国各地から問い合わせの多い仕事であり、お馴染みのように食事のあと、約四〇分ほどのワンマンショーを繰り広げる。コンサート形式のワンマンショーと違い、お客様から手の届く距離に舞台があり、歌手は客席のテープ~の近くで歌うこともできるから、警グルメのファンにはこれが最高の楽しみなのであろう。
 ディナーショーは、有名ホテルが主催するものと、各種団体が主催して行われる場合などがある。しかし、思い起こせば、私にとっての原点は、すでに記したデビュー後まもない昭和二十八年ごろ、あの古いフランス大使館のサロンで歌わせていただいた、夕食後のミニ・コンサートであったのだ。
ーーーーーー
4月ライブスケジュール
※変更になる場合がございます。ご了承ください。

日 時 開演時間 出 演
4月18日(土) 11時~/14時~ MIKAKO     ピアノ:大美賀彰代
4月19日(日) 11時~/14時~ 山添恵子     ピアノ:大美賀彰代
4月25日(土) 11時~/14時~ 小林美恵子    ピアノ:江口純子
4月26日(日) 11時~/14時~ 秋山美保      ピアノ:大美賀彰代
4月29日(水) 11時~/14時~ 山添恵子     ピアノ:大美賀彰代

5月ライブスケジュール
※変更になる場合がございます。ご了承ください。
決まり次第、更新いたします

2020年7月4日(土)・5日(日)
シャンソンの祭典
第58回 パリ祭 
(NHKホール)

(裏面) 時間:16時15分開場 17時00分開演
会場:NHKホール
主催:パリ祭実行委員会、一般社団法人 日本シャンソン協会
後援:在日フランス大使館/アンスティチュ・フランセ日本
公益財団法人 日仏会館

★ チケット発売中 ★
※日本シャンソン館ではS席(10,000円)のみの取り扱いとなります。A席、B席をご希望の方はチラシに記載されてるお申込み先まで、ご連絡をお願いいたします。

2020年4月19日(日)
山添恵子
バースデイ・ライヴ
ピアノ:大美賀彰代
時間:第1回公演/11:00~、第2回公演14:00~
会場:日本シャンソン館2Fシャンソニエ「ヴェルメイユ」
料金:入館料 大人1,000円、小人(中学生以下)500円
   ライヴ料 500円

どなたでもお聴きいただけます。どうぞお出かけください♪
※中止となりました
2020年4月13日(月)
フェスティバル ドゥ シャンソン 2020
プリスリーズ

(裏面) ※中止となりました
時間:17時30分開場 18時00分開演
会場:東京国際フォーラム ホールC
料金:S席 8,000円/A席 6,000円
主催:一般社団法人 日本シャンソン協会
後援:一般財団法人 日本シャンソン館

4月13日に東京国際フォーラム・ホールCで予定しておりました「フェスティバル・ドゥ・シャンソン 2020-プリスリーズ」ですが、3月19日の政府専門家会議からの提言、および政府からの発表を受け、誠に残念ではございますが中止とさせていただくことになりました。
コロナウイルスの感染拡大防止、およびお客様の健康と安全面を第一に考えた上での判断でありますことをご理解いただけましたら幸いです。
なお、現時点での振替公演の予定はございません。
楽しみにしていただいたお客様には大変申し訳ございませんが、ご理解のほど何卒よろしくお願いいたします。

ーーーーーーーーーーーーーーーーー


ディナーショーとファッションショー 4

幸福を売る男

        芦野 宏

 Ⅲ 新たな旅立ち

3、ディナーショーとファッションショー 4

 ディナーショー事始め-3

 昭和苧二年(一九六七)早春のことであった。束京・港区芝の東京プリンスホテルの有名
なマグノリアホールで、その日、外国人向けのディナーショーに出演していた。これは外国人を乗せた観光バスが東京見物のあと、ホテ~で食事をして、私のショーを楽しむというデラックス・コースである。司会はまだ新人としてあまり名前の出ていなかった、若き日の小林克也氏であった。
 流暢な英語の司会と、それに外国人ばかりだから柏手の大きさが違って、私はほんとうにやり甲斐のある仕事だと思った。事務所を移籍したばかりのことであり、こうした仕事が多くなつて、石井音楽事務所に移ってよかったと思っていた。
 その夜、いい気分でショーが終わったあと、楽屋にボーイさんがメッセージを持ってきた。アメリカ人のお客さんがぜひお会いしたいそうで、お待ちになっておられます、ということであった。平服に着替、葺から客席に行くと、一人のアメリカ人男性が待っていた。
「私はオジー・カーティスと言います。私の兄はハリウッド・スターのトニー・カーティスです。ぜひお話ししたいことがあります」というので、ロビーでお話しすることにした。話は「今のショータイムに感動したので、ぜひあなたをアメリカに呼びたい」というのである。そんなこと、とつぜん言われても狐につままれたようで返答もできないし、いい加減な話に決まつているとも思ったので、即答はできないと申し1げて早々に引き上げた。ところが、明晩のショーにも必ず来るから、終わったらもう一度会いたいと言って帰っていかれた。
 半信半疑である。こんなことってあるものかと思い、信じないことにした。
私のショーは二日続きで、翌日も外国人笛体が入った。楽屋で司会の小林克也氏と、その話をした。そして私の英語の言い回しなどを教わったりした。というのは、司会者が英語で私を紹介したあと、私は全部フランス語でシャンソンを歌い、二曲ほどスペイン語の歌を入れる。
 曲の解説や思い出などは英語で説明したから、自信のないところを助けていただいたのだ。
 この話は結局、私の夢物語で終わった。石井さんが調べたところ、彼はたしかにトリニ・ロペスのマネージャーであり、トニー・カーティスの弟であって、お金持ちであり、とくに良くないことは見つからなかったが、五年間の契約というものに疑問をもった。私自身もそのことがいちばん気がかりだったので、お断りすることにし、私も決断したらさっぱりした。
 しかし今でも披から送られた十数枚の楽譜と、トニー・ベネット、ペリー・コモ、アンデイ・ウィリアムズなどの歌が入ったLPレコードが、あのときの夢を思い出させてくれる。


3、ディナーショーとファッションショー 3

 幸福を売る男

        芦野 宏

 Ⅲ 新たな旅立ち

3、ディナーショーとファッションショー 3

 ディナーショー事始め-2

 一九六〇年代には、クリスマス・ディナーショーという、お決まりのスケジュールができて、六七年の石井音楽事務所移籍前後から都内はじめ主要都市のホテルで行われるディナーンヨーも多かったが、これはほとんどワンマンショーのかたちであった。私は今でも毎年十二月はどこかのホテルで歌っている。クリスマスのときは、最後にみんなで「きよしこの夜」を歌うことにしているが、十二月以外のディナーショーでは「オー・シャンゼリゼ」を最後に歌うことが多い。この歌は皆さんから手拍子をいただけるので、盛り上がってくるから嬉しい。北海道は札幌・旭川・函館などほとんどの都市をまわっているが、旭川のホテルで行われたディナーショーのときは、私が入場する前から手拍子が起きて、そのリズムが「オー・シャンゼリゼ」のリズムと同じだったので、急きょ初めの曲を変更してそれを歌いながら出ていくことにした。
会場は始めから盛り上がり、余韻は終演後も長く尾を引いたものだ。
 私はよく、とつぜん曲目を変更してピアニストを困らせる。とくにディナーショーの場合、お客さんの顔を見てから急に別の曲にしてしまぅことがある。そのほうがずっと盛り上がることを期待するからである。リサイタルやコンサートではそうはいかないが、幸い、浜中外代冶(故人)、吉村英世〔寿絃〕、結城久、綾部肇(故人)、各ピアニストたちは、私のレパートリーを譜面なしですべて弾けたから、合図だけで曲目変更できるという重宝さがある。いま主に私の伴奏をしている小林ちから君の父親・久保文人さんも私の専属ピアニストだったが、四〇代半ばにしてアメリカ、バークリー音楽院に留学し、病を得て亡くなられた。一人息子のちから君が跡を継いで、親子二代でピアノ伴奏を受け持ってもらい、ありがたく思っている。
 アメリカ・ショービジネスへの誘い舞台のほか都内のホテルでのショーも多いころだった。ほとんどワンマンショーのかたちである。

ーーーーーー
2020年 3月ライブスケジュール
※変更になる場合がございます。ご了承ください。

日 時 開演時間 出 演
3月28日(土) 11時~/14時~ 秋山美保      ピアノ:大美賀彰代
3月29日(日) 11時~/14時~ 山添恵子      ピアノ:日野敦子

NEW
4月ライブスケジュール
※変更になる場合がございます。ご了承ください。

日 時 開演時間 出 演
4月4日(土) 11時~/14時~ 林 美喜      ピアノ:日野香織
4月5日(日) 11時~/14時~ あみ         ピアノ:今野勝晴
4月11日(土) 11時~/14時~ 岩崎桃子      ピアノ:大美賀彰代
4月12日(日) 11時~/14時~ 桜井ハルコ    ピアノ:日野敦子
4月18日(土) 11時~/14時~ MIKAKO     ピアノ:大美賀彰代
4月19日(日) 11時~/14時~ 山添恵子     ピアノ:大美賀彰代
4月25日(土) 11時~/14時~ 小林美恵子    ピアノ:江口純子
4月26日(日) 11時~/14時~ 秋山美保      ピアノ:大美賀彰代
4月29日(水) 11時~/14時~ 山添恵子     ピアノ:大美賀彰代

発売日:2020年3月22日10:00~
2020年7月4日(土)・5日(日)
シャンソンの祭典
第58回 パリ祭 
(NHKホール)
(裏面) 時間:16時15分開場 17時00分開演
会場:NHKホール
主催:パリ祭実行委員会、一般社団法人 日本シャンソン協会
後援:在日フランス大使館/アンスティチュ・フランセ日本
公益財団法人 日仏会館

★ チケット発売日 3月22日(日)10:00~ ★
※事前のご予約は承れませんのでご了承ください。
※日本シャンソン館ではS席(10,000円)のみの取り扱いとなります。

2020年4月19日(日)
山添恵子
バースデイ・ライヴ
ピアノ:大美賀彰代
時間:第1回公演/11:00~、第2回公演14:00~
会場:日本シャンソン館2Fシャンソニエ「ヴェルメイユ」
料金:入館料 大人1,000円、小人(中学生以下)500円
ライヴ料 500円
どなたでもお聴きいただけます。どうぞお出かけください♪

2020年4月13日(月)
フェスティバル ドゥ シャンソン 2020
プリスリーズ
(裏面) 時間:17時30分開場 18時00分開演
会場:東京国際フォーラム ホールC
料金:S席 8,000円/A席 6,000円 好評発売中 !!
主催:一般社団法人 日本シャンソン協会
後援:一般財団法人 日本シャンソン館

チケットは日本シャンソン館でもお求め頂けます。

<お問い合せ・お申込み>
 日本シャンソン館事務局
 TEL:0279-24-8686 FAX:0279-24-1919
 営業時間 9:30~17:00(水曜日休館)
*クレジットカードのご利用はできません。

ーーーーーーーーーーーーーーーー


3、ディナーショーとファッションショー 2

 幸福を売る男

        芦野 宏

 Ⅲ 新たな旅立ち

3、ディナーショーとファッションショー 2

 ディナーショー事始め

 小さなコ-ヒーカップを片手に、ご婦人方は絨毯の上に座ったり、二階に続く螺旋階段に腰を下ろして、私のシャンソンを聴いてくれた。まるでロビーに花が咲いたように色とりどりのドレスの裾が広がり、私は歌いながら視線がどうしても彼女たちのほうへ向いてしまうのだった。マイクも用意されていなかったから、私は自分で弾くピアノの音をできるだけ小さくして調節し声を引き立たせた。むかしむかし、フランスの宮殿で夜ごとに繰り広げられていた、貴族たちがミュージシャンを呼んで催された伝統的なディナーショーも、こんな雰囲気だったのではないかと勝手に思いをめぐらせていた。
 それが、私に大きな自信を与えてくれたのである。場慣れをさせてもらったうえに、フランス人に通用するシャンソンを歌えたという喜びに酔った。そのころはシャンソン喫茶『銀巴里』などが主流だったから、いま思えば若さゆえの思い上がりにすぎないが、私にはほかの仲間と違ったことができるという、密かなプライドを植えつけてくれたものである。そのころそこで歌ったのは、まだ自分で弾けるレパートリーは限られていたから、シャルル・トレネの「詩人の魂」「ラ・メール」とか、ティノ・ロッシの古い曲で「星を夢みて」「小雨降る径」などであり、古い歌のほうをフランス人たちは喜んでくれた。

 こうした場を踏んだことが、のちのディナーショーへの第一歩であった。日本でディナーショーがポピュラーになったのは、それから一〇年以上もたってからである。私が大ホールでのワンマンショーやコンサートなどで忙しくしていたころ、ディナーショーというものが少しずつ流行しはじめ、ホテルでフランス料理を食べたあと、デザートに入ってからシャンソンが歌われる形式が定着してきた。だから、私が経験したフランス大使館でのショーは、今のディナーショーのはしりだったと思っている。

ーーーーーー
2020年 3月ライブスケジュール
※変更になる場合がございます。ご了承ください。

日 時 開演時間 出 演
3月15日(日) 11時~/14時~ 宮崎名緒子  ピアノ弾き語りライヴ
(日本シャンソンコンクール2018グランプリ受賞者)
3月20日(金) 14時~ のど自慢vol.26 ピアノ:大美賀彰代
3月21日(土) 11時~/14時~ 桜井ハルコ    ピアノ:日野香織
3月22日(日) 11時~/14時~ MIKAKO     ピアノ:大美賀彰代
3月28日(土) 11時~/14時~ 秋山美保      ピアノ:大美賀彰代
3月29日(日) 11時~/14時~ 山添恵子      ピアノ:日野敦子

2020年3月21日(土)
桜井ハルコ
バースデイ・ライヴ
ピアノ:日野香織
時間:第1回公演/11:00~、第2回公演14:00~
会場:日本シャンソン館2Fシャンソニエ「ヴェルメイユ」
料金:入館料 大人1,000円、小人(中学生以下)500円
    ライヴ料 500円
どなたでもお聴きいただけます。どうぞお出かけください♪
2020年3月20日(金・祝)
日本シャンソン館
のど自慢 vol.26
参加者募集中
ご案内:日本シャンソン館館長 羽鳥功二
ピアノ:大美賀彰代
司会:飯塚裕美
時間:14:00開演
参加費:一般4,000円/友の会会員価格3,000円
会場:日本シャンソン館2F シャンソニエ「ヴェルメイユ」
主催:日本シャンソン館
★どなたでもご参加いただけます。
★歌唱曲はシャンソンに限らせていただきます。
★楽譜をご持参ください(お一人一曲)。
★当日の午前中に譜面合わせを行います。
★最後まで思う存分歌って頂けます。

<お問い合せ・お申込み>
 日本シャンソン館事務局
 TEL:0279-24-8686 FAX:0279-24-1919
 営業時間 9:30~17:00(水曜日休館)
*クレジットカードのご利用はできません。

NEW
4月ライブスケジュール
※変更になる場合がございます。ご了承ください。

日 時 開演時間 出 演
4月4日(土) 11時~/14時~ 林 美喜      ピアノ:日野香織
4月5日(日) 11時~/14時~ あみ         ピアノ:今野勝晴
4月11日(土) 11時~/14時~ 岩崎桃子      ピアノ:大美賀彰代
4月12日(日) 11時~/14時~ 桜井ハルコ    ピアノ:日野敦子
4月18日(土) 11時~/14時~ MIKAKO     ピアノ:大美賀彰代
4月19日(日) 11時~/14時~ 山添恵子     ピアノ:大美賀彰代
4月25日(土) 11時~/14時~ 小林美恵子    ピアノ:江口純子
4月26日(日) 11時~/14時~ 秋山美保      ピアノ:大美賀彰代
4月29日(水) 11時~/14時~ 山添恵子     ピアノ:大美賀彰代

発売日:2020年3月22日10:00~
2020年7月4日(土)・5日(日)
シャンソンの祭典
第58回 パリ祭 
(NHKホール)
(裏面) 時間:16時15分開場 17時00分開演
会場:NHKホール
主催:パリ祭実行委員会、一般社団法人 日本シャンソン協会
後援:在日フランス大使館/アンスティチュ・フランセ日本
公益財団法人 日仏会館

★ チケット発売日 3月22日(日)10:00~ ★
※事前のご予約は承れませんのでご了承ください。
※日本シャンソン館ではS席(10,000円)のみの取り扱いとなります。

2020年4月19日(日)
山添恵子
バースデイ・ライヴ
ピアノ:大美賀彰代
時間:第1回公演/11:00~、第2回公演14:00~
会場:日本シャンソン館2Fシャンソニエ「ヴェルメイユ」
料金:入館料 大人1,000円、小人(中学生以下)500円
ライヴ料 500円
どなたでもお聴きいただけます。どうぞお出かけください♪

2020年4月13日(月)
フェスティバル ドゥ シャンソン 2020
プリスリーズ
(裏面) 時間:17時30分開場 18時00分開演
会場:東京国際フォーラム ホールC
料金:S席 8,000円/A席 6,000円 好評発売中 !!
主催:一般社団法人 日本シャンソン協会
後援:一般財団法人 日本シャンソン館

チケットは日本シャンソン館でもお求め頂けます。

ーーーーーーーーーーーーーーー


創作シャンソンとフランス版『くらしの窓』-4

 幸福を売る男

        芦野 宏

 Ⅲ 新たな旅立ち

2、お茶の間にシャンソンを

 創作シャンソンとフランス版『くらしの窓』-4

 『くらしの窓』は帰国してから少しずつ私の負担を軽くしていただき、北原三枝さん(故・石原裕次郎氏夫人)、丹阿弥谷津子(故・金子信雄氏夫人)にも司会の面で協力していただいた。
そして四年目に入ったとき時間が一〇分延長されて四〇分になったが、月曜日は私、火曜日から金曜日までは岸洋子、坂本博士、ペギ一葉山、ダーク・ダックスの皆さん、全員歌手の方々に司会を分担していただき、好評のうちに四年間で番組は終了した。
 この番組が始まって二年後の六四年に、NHKから引き抜かれたアナウンサーが民放で初の朝のワイド番組『木島則夫モーニング・ショー』の司会をされ、やがて他局では、まずはその左後にこれもNHK出身の『小川宏ショー』などが始まった。今でも民放各局は朝の時間帯でしのぎを削っている。『くらしの窓』は現在お茶の間にあふれている朝のワイドショーにヒントを与えた、いわば元祖だったと私は自負している。
 (注)
 「芦の会」がまとめた『芦野宏シャンソン三〇年史』にNHK広報番組担当の栗原紀子ディレクター(当時)が一文を寄せている。
 「……『くらしの窓』はちょっとお酒落な教養番組で『こんにちは奥さん』の先駆となった番組でした。……歌手や俳優も含めて芸能人が素顔で茶の間に話しかけ、自分のスタジオに招いたゲストにイン タビューする、今では珍しくないこの種の芸能人司会役も、実は、私の知る限り、芦野さんが日本で最 初の番組司会者です。
 芦野さんの飾らない司会ぶりは、美しいシャンソンと共に番組を見られた全国の、特に家庭の奥様方に爽やかなショックを与えたようです。……」

 昭和三十八年年三月「吉展ちゃん誘拐事件」が起きた。事件は長期化し、四十年に芦野宏は「かえし ておくれ今すぐに」(藤田敏雄詞、いずみたく曲)を放送とシングル盤で訴え続けた。

 芦野は四十四年にNET(現・テレビ朝日)『東京のこだま』のレギュラーとして再び歌と司会を担当。

ーーーーーーーーーーーー
2020年 3月ライブスケジュール
※変更になる場合がございます。ご了承ください。

日 時 開演時間 出 演
3月1日(日) 11時~/14時~ 岩崎桃子      ピアノ:大美賀彰代
3月7日(土) 11時~/14時~ 山添恵子      ピアノ:江口純子
3月8日(日) 11時~/14時~ あみ         ピアノ:今野勝晴
3月14日(土) 11時~/14時~ 小林美恵子    ピアノ:大美賀彰代
3月15日(日) 11時~/14時~ 宮崎名緒子  ピアノ弾き語りライヴ
(日本シャンソンコンクール2018グランプリ受賞者)
3月20日(金) 14時~ のど自慢vol.26 ピアノ:大美賀彰代
3月21日(土) 11時~/14時~ 桜井ハルコ    ピアノ:日野香織
3月22日(日) 11時~/14時~ MIKAKO     ピアノ:大美賀彰代
3月28日(土) 11時~/14時~ 秋山美保      ピアノ:大美賀彰代
3月29日(日) 11時~/14時~ 山添恵子      ピアノ:日野敦子

2020年3月21日(土)
桜井ハルコ
バースデイ・ライヴ
ピアノ:日野香織
時間:第1回公演/11:00~、第2回公演14:00~
会場:日本シャンソン館2Fシャンソニエ「ヴェルメイユ」
料金:入館料 大人1,000円、小人(中学生以下)500円
    ライヴ料 500円
どなたでもお聴きいただけます。どうぞお出かけください♪
2020年3月20日(金・祝)
日本シャンソン館
のど自慢 vol.26
参加者募集中
ご案内:日本シャンソン館館長 羽鳥功二
ピアノ:大美賀彰代
司会:飯塚裕美
時間:14:00開演
参加費:一般4,000円/友の会会員価格3,000円
会場:日本シャンソン館2F シャンソニエ「ヴェルメイユ」
主催:日本シャンソン館
★どなたでもご参加いただけます。
★歌唱曲はシャンソンに限らせていただきます。
★楽譜をご持参ください(お一人一曲)。
★当日の午前中に譜面合わせを行います。
★最後まで思う存分歌って頂けます。

<お問い合せ・お申込み>
 日本シャンソン館事務局
 TEL:0279-24-8686 FAX:0279-24-1919
 営業時間 9:30~17:00(水曜日休館)
*クレジットカードのご利用はできません。

ーーーーーーーーーーーーー


創作シャンソンとフランス版『くらしの窓』-3

 幸福を売る男

        芦野 宏

 Ⅲ 新たな旅立ち

2、お茶の間にシャンソンを

 創作シャンソンとフランス版『くらしの窓』-3
 (注)
 日本民謡と服部良香叩の仏訳者フランス、リヨン育ちの薮内宏氏は、芦野宏のフランス語の先生、 リヨン生まれの令弟(薮内久・故人)は毎日出版文化賞受賞『シャンソン写与イストたち』の著者 である。服部作品の和製ポップスは、「東京の雨」「東京の空の↑隅毘流れる」「絵描と詩人」「東京のブルース」の四曲。

 私の音楽人生のなかで大きな力になってくださった石坂範一郎氏も、名マネージャーといわれた菊池維城氏もすでにこの世にいない。東芝EMIとの専属契約も切れて、一度クラウン・レコードに移籍してレコード、CDを出したが、そのあと私はフリーになり、どこでCDを出してもかまわない立場になっていた。石坂氏の長男である石坂敬一氏が東芝EMIの取締役本
部長の要職にあることを知ったのは、そのころである。私はちょうど歌手生活四〇周年を迎えて、どこかでCDを出すことを考えていた。なにか因縁めいた話だが、これは石坂氏のお導きであるような気がする。私は白い花を持って石坂夫人のお宅を訪ね、ご主人にたいへんお世話になった時代のことを懐かしくお話しした。そして、今またご長男のお世話になることをご報告して帰ってきた。
 東芝EMIから発売された一三〇曲入りのCD『芦野宏のすべて』は敬一氏のお計らいで敏腕ディレクター、仙波知司課長プロデューサー(現・部長)に一任された。五枚組のCDは、一枚目に古い東芝レコードのデビュー曲から、ア~ゼンチンやパリで吹き込んだ「カミ丁ト」1ラ・メール」、思い出の懐かしいシャンソン、そして五枚目は四〇周年記念リサイタルの
ライヴ盤で、最後にリーヌ・~ノーと二人で歌った「知りすぎたのね」「いつの日かパリに」が収録されている。四十数年前からお世話になり、リーヌ・~ノーと引き合わせてくださった石坂氏。言葉に尽くせぬほど感謝している。だから、このCDが出来上がったとき、いちばんに石坂夫人のお手元に届くよう取り計らっていただいた。そして平成六年(一九九嬰、「日本シャンソン館」設立発表の記念に発売していただいた。『くらしの窓』では、この全集CDの曲のうち一〇〇曲は歌っている。なにしろ一か月に三〇曲としても、一年に三〇〇曲は用意しなければならないからたいへんであった。

ーーーーーーーーーー

2020年 22月ライブスケジュール
※変更になる場合がございます。ご了承ください。

日 時 開演時間 出 演
2月23日(日) 11時~/14時~ MIKAKO     ピアノ:中野宏美
2月24日(月) 11時~/14時~ 山添恵子      ピアノ:大美賀彰代
※ピアニストの変更がありました(2020. 1. 25)
2月29日(土) 11時~/14時~ 江口純子 ピアノ弾き語りライヴ
(2017年内幸町ホールアワードシャンソンコンクール最優秀賞 受賞)

3月ライブスケジュール
※変更になる場合がございます。ご了承ください。

日 時 開演時間 出 演
3月1日(日) 11時~/14時~ 岩崎桃子      ピアノ:大美賀彰代
3月7日(土) 11時~/14時~ 山添恵子      ピアノ:江口純子
3月8日(日) 11時~/14時~ あみ         ピアノ:今野勝晴
3月14日(土) 11時~/14時~ 小林美恵子    ピアノ:大美賀彰代
3月15日(日) 11時~/14時~ 宮崎名緒子  ピアノ弾き語りライヴ
(日本シャンソンコンクール2018グランプリ受賞者)
3月20日(金) 14時~ のど自慢vol.26 ピアノ:大美賀彰代
3月21日(土) 11時~/14時~ 桜井ハルコ    ピアノ:日野香織
3月22日(日) 11時~/14時~ MIKAKO     ピアノ:大美賀彰代
3月28日(土) 11時~/14時~ 秋山美保      ピアノ:大美賀彰代
3月29日(日) 11時~/14時~ 山添恵子      ピアノ:日野敦子

2020年3月21日(土)
桜井ハルコ
バースデイ・ライヴ
ピアノ:日野香織
時間:第1回公演/11:00~、第2回公演14:00~
会場:日本シャンソン館2Fシャンソニエ「ヴェルメイユ」
料金:入館料 大人1,000円、小人(中学生以下)500円
    ライヴ料 500円
どなたでもお聴きいただけます。どうぞお出かけください♪
2020年3月20日(金・祝)
日本シャンソン館
のど自慢 vol.26
参加者募集中
ご案内:日本シャンソン館館長 羽鳥功二
ピアノ:大美賀彰代
司会:飯塚裕美
時間:14:00開演
参加費:一般4,000円/友の会会員価格3,000円
会場:日本シャンソン館2F シャンソニエ「ヴェルメイユ」
主催:日本シャンソン館
★どなたでもご参加いただけます。
★歌唱曲はシャンソンに限らせていただきます。
★楽譜をご持参ください(お一人一曲)。
★当日の午前中に譜面合わせを行います。
★最後まで思う存分歌って頂けます。

<お問い合せ・お申込み>
 日本シャンソン館事務局
 TEL:0279-24-8686 FAX:0279-24-1919
 営業時間 9:30~17:00(水曜日休館)
*クレジットカードのご利用はできません。

ーーーーーーーーーーーーー


創作シャンソンとフランス版『くらしの窓』-2

     幸福を売る男

        芦野 宏

 Ⅲ 新たな旅立ち

2、お茶の間にシャンソンを

 創作シャンソンとフランス版『くらしの窓』-2

 私はこのあと、松井豊と組んで、ちょっとコミックなシャンソン風なものを書いてみた。
 これはパリの小さなシャンソン小屋で聴いたような風刺やエスプリのきいた小咄(こばなし)風のシャンソンを作ってみたいと思ったからだ。「僕の日記帳」「アパート殺人事件」「わんこそば」「ミスター・ガーリック」などがそうである。
「ミスター・ガーリック、孤独な紳士、それでも 恋をする」で始まるこの歌は、中年過ぎても女性に振られ続ける男の物語である。それでも大好きなガーリックはやめられない。これが自分の健康とエネルギーの源だと思っているからだ。いろいろな女性に振られ続けたあげく、恋が実り、二人は結ばれる。彼女はデパートの漬物売場の主任さんで、にんにく漬けが大好きだったという、くだらない落ちのついた歌だが、これは『くらしの窓』では発表しなかった。
NHKの教養番組だったからである。
 とにかく一年間、殺人的なスケジュールをこなして疲れ果てたころ、好評につき来年度もお願いしたいという知らせを受けたとき、とてもできないと思った。だから辞退するつもりでいた。しかし、マネージャーとNHKの話し合いで、秋に三週間の休暇をくださり、フランス国営放送のテレビが放映している『マガジン・フェミナン』という番組に出演して姉妹関係を強調するという条件付きで渡仏させていただくことになり、私たちは夫婦そろって、思い出の地、パリへ行くことになった。
 新婚旅行で昭和三十六年に滞在して以来二年ぶりのパリであった。この年、私は日本民謡と服部良一先生の作品を仏訳したものを東芝レコードで制作し、『マガジン・フェミナン』の番組へのお土産にした。フランスのテレビ局か・らは、私と妻に和服姿で出演してほしいとの申し出があり、旅行鞄に和服を詰めて出かけた。番組はほとんどロケーションで、パリの街を和服姿で歩く私たち夫婦を追いかけ、カフェでお茶を飲んでいる私たちに司会者がインタビューする形式だった。そのあとホテルのロビーで私が持参した日本民謡のフランス語版をテープで流し、画面は歌っているように見せて撮影された。
 ホテルの大きなマントルピースの前に立ち、照明係が二、三人釆て旧式なテープレコーダーから流れる民謡に口を合わせるだけのことだったが、この『マガジン・フェミナン』の番組は午後七暗から放映され、ちょっとした反響があったらしい。番組で流れた「木曾節」「こんぴらふねふね」はワンコーラスずつ、フランス語で歌ったように記憶している。そのとき持参した民謡のすべて、つまり「会津磐梯山」「五木の子守唄」「さくらさくら」「佐渡おけさ」も含めた録音テープはパテ・マルコニ社に保管された。
 それより一年半前にパテ・マルコニ社から発売された、リーヌ・ルノーとのデュエット曲、四五回転のEP盤も好評で、私の名前を知っている人もあったらしく、とくにこのレコード会社の人たちが番組を見ていてくれたらしい。数日後に東芝の石坂範一郎氏より、東京からホテルに電話があり、『民謡と服部作品の録音テープ』がパテ・マルコニ社のレコード・ライブラリーに入ることを知った。

ーーーーーーーーーー

2020年 22月ライブスケジュール
※変更になる場合がございます。ご了承ください。

日 時 開演時間 出 演
2月22日(土) 11時~/14時~ あみ         ピアノ:今野勝晴
2月23日(日) 11時~/14時~ MIKAKO     ピアノ:中野宏美
2月24日(月) 11時~/14時~ 山添恵子      ピアノ:大美賀彰代
※ピアニストの変更がありました(2020. 1. 25)
2月29日(土) 11時~/14時~ 江口純子 ピアノ弾き語りライヴ
(2017年内幸町ホールアワードシャンソンコンクール最優秀賞 受賞)

3月ライブスケジュール
※変更になる場合がございます。ご了承ください。

日 時 開演時間 出 演
3月1日(日) 11時~/14時~ 岩崎桃子      ピアノ:大美賀彰代
3月7日(土) 11時~/14時~ 山添恵子      ピアノ:江口純子
3月8日(日) 11時~/14時~ あみ         ピアノ:今野勝晴
3月14日(土) 11時~/14時~ 小林美恵子    ピアノ:大美賀彰代
3月15日(日) 11時~/14時~ 宮崎名緒子  ピアノ弾き語りライヴ
(日本シャンソンコンクール2018グランプリ受賞者)
3月20日(金) 14時~ のど自慢vol.26 ピアノ:大美賀彰代
3月21日(土) 11時~/14時~ 桜井ハルコ    ピアノ:日野香織
3月22日(日) 11時~/14時~ MIKAKO     ピアノ:大美賀彰代
3月28日(土) 11時~/14時~ 秋山美保      ピアノ:大美賀彰代
3月29日(日) 11時~/14時~ 山添恵子      ピアノ:日野敦子

2020年3月21日(土)
桜井ハルコ
バースデイ・ライヴ
ピアノ:日野香織
時間:第1回公演/11:00~、第2回公演14:00~
会場:日本シャンソン館2Fシャンソニエ「ヴェルメイユ」
料金:入館料 大人1,000円、小人(中学生以下)500円
    ライヴ料 500円
どなたでもお聴きいただけます。どうぞお出かけください♪
2020年3月20日(金・祝)
日本シャンソン館
のど自慢 vol.26
参加者募集中
ご案内:日本シャンソン館館長 羽鳥功二
ピアノ:大美賀彰代
司会:飯塚裕美
時間:14:00開演
参加費:一般4,000円/友の会会員価格3,000円
会場:日本シャンソン館2F シャンソニエ「ヴェルメイユ」
主催:日本シャンソン館
★どなたでもご参加いただけます。
★歌唱曲はシャンソンに限らせていただきます。
★楽譜をご持参ください(お一人一曲)。
★当日の午前中に譜面合わせを行います。
★最後まで思う存分歌って頂けます。

<お問い合せ・お申込み>
 日本シャンソン館事務局
 TEL:0279-24-8686 FAX:0279-24-1919
 営業時間 9:30~17:00(水曜日休館)
*クレジットカードのご利用はできません。

 ----------------


創作シャンソンとフランス版『くらしの窓』-1

 幸福を売る男

芦野 宏

 Ⅲ 新たな旅立ち

2、お茶の間にシャンソンを

 創作シャンソンとフランス版『くらしの窓』-1

 松井八郎先生は素晴らしい才能に恵まれたジャズ・ピアニストであり、作曲家であり、アイデアマンである。『くらしの窓』以来、すっかり仲良しにさせていただくようになり、私は自分で書いたいくつかの詩を先生にお見せすると、先生はその場で詩にメロディーを付けてくださった。まず私の旅の印象を歌にした「南国薩摩の白餅」1鳥取の砂丘」から始まり、「僕の日記帳」「水戸の梅」と続いた。これらは『くらしの窓』のなかで発表し、自主リサイタルでも歌い、地方公演でも歌った。『くらしの窓』でいちばん投書の多かったのは「水戸の梅」である。祖父の転勤先、水戸で生まれたと聞く私の母を歌ったものである。

「水戸の梅」

      詞 芦野 宏
      曲 松井八郎


 ぅちの母さん水戸生まれ 水戸の名物梅の花
 それに因んで名は梅子
 若い頃には鶯を 鳴かせたこともあるそうな


 その名の如く忠実に 生めよ殖やせよ七人も
 子供が出来て 末の子が 今ここに居るこの私
  歌の好きなの 親ゆずり

三 (バラードで)
  むかし歌の大好きな 梅のつぼみも年をへて
  梅干風になったけど
  いついつまでも梅の木は
 丈夫で枯れずにいて下さい

 大した歌と息われないのに、全国からこの歌のアンコー~・リクエストをいただき、私の母は人気者になった。ひと目、水戸の梅のお母さんにお会いしたいという、お手警直接いただいたこともある。テレビの影響力はじつに大きいものである。のちに民放各社が目をつけてモーニング・ショーを始めたのも、『くらしの窓』がこんな早朝でも二五パーセントの視聴率を上げたことにあるのかもしれない。

2020年 22月ライブスケジュール
※変更になる場合がございます。ご了承ください。

日 時 開演時間 出 演
2月1日(土) 11時~/14時~ 山添恵子      ピアノ:大美賀彰代
2月2日(日) 11時~/14時~ 岩崎桃子      ピアノ:大美賀彰代
2月8日(土) 11時~/14時~ 小林美恵子    ピアノ:日野敦子
2月9日(日) 11時~/14時~ 桜井ハルコ    ピアノ:大美賀彰代
2月11日(火) 11時~/14時~ MIKAKO     ピアノ:大美賀彰代
2月15日(土) 11時~/14時~ 小林美恵子    ピアノ:日野香織
2月16日(日) 11時~/14時~ 桜井ハルコ    ピアノ:江口純子
2月22日(土) 11時~/14時~ あみ         ピアノ:今野勝晴
2月23日(日) 11時~/14時~ MIKAKO     ピアノ:中野宏美
2月24日(月) 11時~/14時~ 山添恵子      ピアノ:大美賀彰代
※ピアニストの変更がありました(2020. 1. 25)
2月29日(土) 11時~/14時~ 江口純子 ピアノ弾き語りライヴ
(2017年内幸町ホールアワードシャンソンコンクール最優秀賞 受賞)

3月ライブスケジュール
※変更になる場合がございます。ご了承ください。

日 時 開演時間 出 演
3月1日(日) 11時~/14時~ 岩崎桃子      ピアノ:大美賀彰代
3月7日(土) 11時~/14時~ 山添恵子      ピアノ:江口純子
3月8日(日) 11時~/14時~ あみ         ピアノ:今野勝晴
3月14日(土) 11時~/14時~ 小林美恵子    ピアノ:大美賀彰代
3月15日(日) 11時~/14時~ 宮崎名緒子  ピアノ弾き語りライヴ
(日本シャンソンコンクール2018グランプリ受賞者)
3月20日(金) 14時~ のど自慢vol.26 ピアノ:大美賀彰代
3月21日(土) 11時~/14時~ 桜井ハルコ    ピアノ:日野香織
3月22日(日) 11時~/14時~ MIKAKO     ピアノ:大美賀彰代
3月28日(土) 11時~/14時~ 秋山美保      ピアノ:大美賀彰代
3月29日(日) 11時~/14時~ 山添恵子      ピアノ:日野敦子

2020年3月21日(土)
桜井ハルコ
バースデイ・ライヴ
ピアノ:日野香織
時間:第1回公演/11:00~、第2回公演14:00~
会場:日本シャンソン館2Fシャンソニエ「ヴェルメイユ」
料金:入館料 大人1,000円、小人(中学生以下)500円
    ライヴ料 500円
どなたでもお聴きいただけます。どうぞお出かけください♪
2020年3月20日(金・祝)
日本シャンソン館
のど自慢 vol.26
参加者募集中
ご案内:日本シャンソン館館長 羽鳥功二
ピアノ:大美賀彰代
司会:飯塚裕美
時間:14:00開演
参加費:一般4,000円/友の会会員価格3,000円
会場:日本シャンソン館2F シャンソニエ「ヴェルメイユ」
主催:日本シャンソン館
★どなたでもご参加いただけます。
★歌唱曲はシャンソンに限らせていただきます。
★楽譜をご持参ください(お一人一曲)。
★当日の午前中に譜面合わせを行います。
★最後まで思う存分歌って頂けます。
————————————————-

観覧料:入館料(1,000円)のみでお聴きいただけます♪

2020年2月15日(土)・16日(日)
??バレンタイン??
シャンソン・ライヴ

?ライヴをお聴きになるお客様に
チョコレートをプレゼントいたします?
●出演●
15日(土)…小林美恵子、日野香織(ピアノ)
16日(日)…桜井ハルコ、江口純子(ピアノ)

時間:第1回公演/11:00~、第2回公演14:00~
会場:日本シャンソン館2Fシャンソニエ「ヴェルメイユ」
料金:入館料 大人1,000円、小人(中学生以下)500円
    ライヴ料 500円

<お問い合せ・お申込み>
 日本シャンソン館事務局
 TEL:0279-24-8686 FAX:0279-24-1919
 営業時間 9:30~17:00(水曜日休館)
*クレジットカードのご利用はできません。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


なかにし礼との出会い-

幸福を売る男

芦野 宏

Ⅲ 新たな旅立ち

2、お茶の間にシャンソンを

なかにし礼との出会い-3

さて、フランスでは外国の良い歌はすぐにフランス語に直して歌い、シャンソンとして流行させてしまう傾向がある。古くはイタリアのカンツォーネ、たとえば 「ルナ・ロッサ」 がある。
「赤いお月さま」という意味だが、リユシエンヌ・ドリールがフランス語で歌って大ヒットし、日本でも大流行した。フランス人はあまり人種差別をしない国民性だと聞いているが、音楽も国境を感じさせないように思う。エンリコ・マシアスのCDのなかに中村八大作曲の 「遠くへ行きたい」が入っていてフランス語で歌われているが、シャンソンとして大手を振って愛唱されている。私が歌っている「パリの夜」は藤浦恍作詞・原六朗作曲であるが、薮内宏さんの仏
語詞でフランスの女性が歌ったのを聞いたことがある。日本は音楽文化の後進国ではあるけれど、戦後五〇年も過ぎた今、やっと一人歩きできるようになってきたように思える。そん窒息味で、日本人の作った「知りすぎたのね」をフランスのトップ歌手の一人であるリーヌ・ルノーに歌ってもらい、CDに収めていただいたことは嬉しい。

ーーーー
ありがとういつまでも巴里

芦野 宏

あの日歩いた道を 今も忘れはしない
夢を見ているような あの眼差しさえも
ンコルドの広場で 歩き疲れた二人
それでも抱き合って 踊ったワルツ

セーヌの川岸で 走りゆく小舟に
ふざけて手を振った 若かったあの日
あれから世界中の旅を続けたけれど
どこの街にきても 思い出すパリ
ミモザの花咲くパリ マロ土エの散るパリ

冬の厳しささえも 懐かしいパリ
いつも私達を優しく包んだパリ
初めて私達が 出会った街だから

恋が芽生えたのも 愛を育てたのも
二人寄り添いながら 歩き続けた街
あの日であった道を 今も歩いてゆく
ありがとう いつまでも あたたかいパリ
ありがとう いつまでも 思い出すパリ

-----
2020年 22月ライブスケジュール
※変更になる場合がございます。ご了承ください。

日 時 開演時間 出 演
2月1日(土) 11時~/14時~ 山添恵子      ピアノ:大美賀彰代
2月2日(日) 11時~/14時~ 岩崎桃子      ピアノ:大美賀彰代
2月8日(土) 11時~/14時~ 小林美恵子    ピアノ:日野敦子
2月9日(日) 11時~/14時~ 桜井ハルコ    ピアノ:大美賀彰代
2月11日(火) 11時~/14時~ MIKAKO     ピアノ:大美賀彰代
2月15日(土) 11時~/14時~ 小林美恵子    ピアノ:日野香織
2月16日(日) 11時~/14時~ 桜井ハルコ    ピアノ:江口純子
2月22日(土) 11時~/14時~ あみ         ピアノ:今野勝晴
2月23日(日) 11時~/14時~ MIKAKO     ピアノ:中野宏美
2月24日(月) 11時~/14時~ 山添恵子      ピアノ:大美賀彰代
※ピアニストの変更がありました(2020. 1. 25)
2月29日(土) 11時~/14時~ 江口純子 ピアノ弾き語りライヴ
(2017年内幸町ホールアワードシャンソンコンクール最優秀賞 受賞)

3月ライブスケジュール
※変更になる場合がございます。ご了承ください。

日 時 開演時間 出 演
3月1日(日) 11時~/14時~ 岩崎桃子      ピアノ:大美賀彰代
3月7日(土) 11時~/14時~ 山添恵子      ピアノ:江口純子
3月8日(日) 11時~/14時~ あみ         ピアノ:今野勝晴
3月14日(土) 11時~/14時~ 小林美恵子    ピアノ:大美賀彰代
3月15日(日) 11時~/14時~ 宮崎名緒子  ピアノ弾き語りライヴ
(日本シャンソンコンクール2018グランプリ受賞者)
3月20日(金) 14時~ のど自慢vol.26 ピアノ:大美賀彰代
3月21日(土) 11時~/14時~ 桜井ハルコ    ピアノ:日野香織
3月22日(日) 11時~/14時~ MIKAKO     ピアノ:大美賀彰代
3月28日(土) 11時~/14時~ 秋山美保      ピアノ:大美賀彰代
3月29日(日) 11時~/14時~ 山添恵子      ピアノ:日野敦子

2020年3月21日(土)
桜井ハルコ
バースデイ・ライヴ
ピアノ:日野香織
時間:第1回公演/11:00~、第2回公演14:00~
会場:日本シャンソン館2Fシャンソニエ「ヴェルメイユ」
料金:入館料 大人1,000円、小人(中学生以下)500円
ライヴ料 500円
どなたでもお聴きいただけます。どうぞお出かけください♪
2020年3月20日(金・祝)
日本シャンソン館
のど自慢 vol.26
参加者募集中
ご案内:日本シャンソン館館長 羽鳥功二
ピアノ:大美賀彰代
司会:飯塚裕美
時間:14:00開演
参加費:一般4,000円/友の会会員価格3,000円
会場:日本シャンソン館2F シャンソニエ「ヴェルメイユ」
主催:日本シャンソン館
★どなたでもご参加いただけます。
★歌唱曲はシャンソンに限らせていただきます。
★楽譜をご持参ください(お一人一曲)。
★当日の午前中に譜面合わせを行います。
★最後まで思う存分歌って頂けます。
————————————————-

観覧料:入館料(1,000円)のみでお聴きいただけます♪

2020年2月15日(土)・16日(日)
❤❤バレンタイン❤❤
シャンソン・ライヴ

❤ライヴをお聴きになるお客様に
チョコレートをプレゼントいたします❤
●出演●
15日(土)…小林美恵子、日野香織(ピアノ)
16日(日)…桜井ハルコ、江口純子(ピアノ)

時間:第1回公演/11:00~、第2回公演14:00~
会場:日本シャンソン館2Fシャンソニエ「ヴェルメイユ」
料金:入館料 大人1,000円、小人(中学生以下)500円
ライヴ料 500円

<お問い合せ・お申込み>
日本シャンソン館事務局
TEL:0279-24-8686 FAX:0279-24-1919
営業時間 9:30~17:00(水曜日休館)
*クレジットカードのご利用はできません。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


なかにし礼との出会い-2

幸福を売る男

芦野 宏

Ⅲ 新たな旅立ち

2、お茶の間にシャンソンを

なかにし礼との出会い-2

 なかにし礼さんは、その後、作詞分野でもめきめきと頭角を現し、歌謡界の寵児となり一世を風摩した。レコード大賞も何度か受賞し、そうした活躍で日本一収入の多い作詞家として話題を集めているころ、週刊誌のなかで私はこんな記事を見つけたことがある。「振り返ってみると、一時期、ぼくの歌に色気ぬきの訳詞の時代があった。いまそれを集めてみたら、ほとんど声野宏のために書いたものであった」という談話である。なるほど、なかにし礼さんの膨大なヒット曲、それらはすべて男女の愛がテーマのものばかりである。あのころ、私がNHKテレビでお茶の間向けの番組のなかで歌うことを意識されて、次々と書いてくれた歌を思い起こすと、うなずけるものがある。「ワルソーのピアニスト」「旅芸人のバラード」 のような名曲にも男女の影は見えない。
(注)
なかにし礼は日本レコード大賞三回、同作詞賞二回、ゴールデンアロー音楽賞など受賞。クラシックの分野での活躍も目覚ましく、歌曲・アリアの訳詞、オペラ台本の執筆・演出、放送や著作など多彩な 活動ぶり。日本音楽著作権協会理事長、鎌倉芸術館芸術監督などを歴任。

 なかにし礼さんはシャンソンの訳詞から始まり、流行作詞家としてナンバーワンの栄誉を勝ちとると、しばらくして流行歌はいっさい書かないと宣言した。そして自費を投じてパルコ劇場を五日間借り切ってシャンソン・コンサートを開き、そのライヴCDの制作に踏み切った。
シャンソンの訳詞は流行歌に比べたら、印税が入ることは少なく、原稿料だけの場合が多いだろうから、比較にならないほど収入が少ない。それでも彼はあえてシャンソンを取り上げてくれた。自分が詩を書くきっかけとなった銀巴里が閉鎖されることを記念して『さらば銀巴里』
というCD五枚組を発売したのである。すべてが「なかにし礼」訳詞によるもので、石井昌子(祥子)、川島弘といった古い銀巴里の仲間たちが集まって歌ったが、そのうちの一枚は芦野宏のステージであった。ほかに出演者は深緑夏代、旦口同なみ、仲代重吉、仲マサコ、しますえよしお、田代美代子、阿部レイ、堀内環、戸川昌子、真木みのる、の皆さん。
なかにし礼さんのシャンソンに対する思い入れ、そしてシャンソンを愛する気持ち、それが私にはとても嬉しくてならない。彼が作詞作曲した 「知りすぎたのね」を「チユ・アン・セ・トロ」と仏訳し、リーヌ・ルノーと私が久しぶりにデュエットでCDを出したことは既述したが、なかにし礼さんは作詞の才能だけでなく作曲の面でもヒットを飛ばし、この曲もそのなかの一つで、メロディーの動きがヨーロッパ風でおもしろかったので取り上げてみた。リーヌもたいへん気に入って、フランス語で歌ったCDを大切にしてくれている。


なかにし礼との出会い-1

幸福を売る男

芦野 宏

Ⅲ 新たな旅立ち

2、お茶の間にシャンソンを

なかにし礼との出会い-1

(注)
テレビの普及(受信契約数)
 昭和三十二年(一九五七)
昭和三十三年五月
昭和二十四年四月
昭和三十五年カラー放送開始
昭和三十七年三月
昭和三十九年十月
とカラー放送について
五〇万台突破
一〇〇万台
二〇〇万台(四月一〇日、皇太子殿下(現・天皇陛下)ご成婚〉
NHK(∵日平均三七分)日本テレビ(一目平均一時間四五分)
一〇〇〇万台突破(普及率四八・五%)『くらしの窓』始まる
(東京オリンピック開催でテレビ普及率さらに急伸)

なかにし礼との出会い-1

『くらしの窓』では、各テーマ・コーナーは歌のコーナーをはさんで転換するしくみになっていた。毎回自分の歌いたい曲を二ないし三曲歌うのである。歌うとき私は一瞬、自分を取り戻した。料理のコツとか美容の秘訣、スカーフの巻き方、そんなコーナーで専門家に質問したあと、一曲歌うと救われる気分になったものである。
幸い私は、前にも述べたように、ラジオ番組で新しいシャンソンをたくさん勉強させてもらつていた。だから週三回、一回に三曲を歌っていくのに不足はなかった。イれでも新たにレパートリーを増やしていき、あのころの私の勉強は旅の車中から飛行機の中まで、いつも楽譜を持ち歩いて新曲に挑んでいた。こうした苦労はいま思い返してもさわやかで、ちっとも苦労とは思わなかったし、好きなことなので逆に積極的になるから健康状態もよく、病気などしたこともなかった。
訳詞のほうも薩摩さんに続いて、当時まだ立教大学仏文科の学生であった、なかにし礼さんと出会ったのはこのころのことであり、ジルベール・ペコーの曲を中心に新曲がどんどん増えていった。なかにし礼さんは学生時代からシャンソンが好きで、銀巴里に出入りしているうちにシャンソンの訳詞がしてみたくなり、歌い手たちのためにアルバイトで詞を書いたことが始まりだと聞いている。市ヶ谷の私の家に釆てもらい、フランスから取り寄せた原譜を渡して次々と訳詞をお願いした。
銀巴里からの帰り道ですといって市ヶ谷に立ち寄ってくれたこともたびたびであるが、私がピアノを弾きながら歌ってみて、少しでも歌いにくいところがあると、すぐに持ち帰り、翌日は二通り、三通りの訳詞を持って現れる。若き日のなかにし礼さんには脱帽した。この人は天才だ。きっと将来大物になる人だと、いつも心に思いながら付き合っていた。なかにし礼さんの書いてくれたペコーの曲は次々と『くらしの窓』のなかで歌われていった。「白い舟」「いない人」「もしもお金があったら」「ぼくの仲間たち」……。私は夢中で新曲と取り組み、彼も頑張ってくれた。


明けましておめでとうございます。

幸福を売る男

芦野 宏

Ⅲ 新たな旅立ち

2、お茶の間にシャンソンを

NHKテレビ『くらしの窓』-5

 『くらしの窓』は主人を勤めに送り出した家庭の主婦たちの評判をとり、二、三か月もすると、視聴率がぐんぐん上昇し、全国どこへ行っても皆さんに、朝のさわやかな番組として知られるようになった。ところが本人にとっては、収録が夜中でもテーマソング「あかるい朝です。
あなたの朝です。みんなの朝です。ボンジュール、ボンジュール」と歌いながら、さわやかに司会しなければならないつらさがあった。
週に三本、内容は違っても酷似したテーマで、ゲストの先生が違うだけ、台本に書いてあってもうっかり間違えそうになる。もし間違えたら、また撮り直しだからスタッフの皆さんに迷惑をかけることになる。そんな恐怖心から、私はカンニングを始めた。カメラのすぐ横に大きな文字で要点だけを書いたものをスタッフに持っていてもらい、次々と場面が変わるごとにカンニングペーパーも変えるのである。この方法を思いついてから少し気が楽になり、スタッフの協力がありがたかった。

———

ヒトリデ過ゴスオ正月

芦野 宏

ソラカラ
ナニカキコエテクルヨウナ
メデタイ オ正月
松カザリヤ オソナエモ
ミンナ ニギヤカナココロデ
黙ッテイル

オロシタル
キモノデハナイケドモ
ナルベク
シワガヨラナイヨウニ
キチント
襟元ニ気ヲツケテ
誰カヲ待ッテイルンダ
ダアレモ来ナイ オ正月

小鳥ヤ
深海魚ヤ
猫ダケガ
僕ノ応接間ノオ相手サ
ソレニ鳩時計モ
ダンロノ火モ
燃エテイルンダゼ

リリリリリントベルガナル
サット椅子カラ立上ガル
サテコソ待ッテル
オ客サマ
ネコヲ膝カラ「ニャン」ト捨テテ
玄関ノ戸ニ手ヲカケル
「ナーンダ 郵便カ」
ダアレモ来ナイ

ソレデモ僕ハ淋シクナインダ
ダレカガ キット ドコカデ
ボクヲ淋シク待ッテテクレルカモ
シレナイモノネ

------

NEW
2020年 1月ライブスケジュール
※変更になる場合がございます。ご了承ください。

日 時
開演時間 出 演
1月11日(土) 11時~/14時~ あみ         ピアノ:今野勝晴
1月12日(日) 11時~/14時~ 山添恵子      ピアノ:日野敦子
1月13日(月) 11時~/14時~ MIKAKO     ピアノ:安藤伸彦
1月18日(土) 11時~/14時~ フレンチカフェ ~Keiko&美鶴~
1月19日(日) 14時~ 新春・紅白 のど自慢 vol.25  ピアノ:大美賀彰代
1月25日(土) 11時~/14時~ 原れい子      ピアノ:安部なおみ
1月26日(日) 11時~/14時~ 桜井ハルコ    ピアノ:大美賀彰代


NHKテレビ『くらしの窓』-4    

幸福を売る男

芦野 宏

Ⅲ 新たな旅立ち

2、お茶の間にシャンソンを

NHKテレビ『くらしの窓』-4

『くらしの窓』には「会ってみたい人」というコーナーもあった。一週に一人、リクエストによりゲストが決まり、私がインタビュアーをしていた。森繁久弥さん、淡島千景さん、丹波哲郎さんといったベテラン俳優から話題の新人まで、予備知識のメモを見ながらいろいろお尋ねするわけだが、どうも私にとってはこのコーナーがいちばん苦手であった。次のコーナーで歌になると、やっとホッとして自分の世界に戻れるのだった。
ゲストに中村メイ子さんを迎えたときのことである。彼女は抜群に頭の回転が速い女性だから、私のほうが楽なのではと、少々油断した気持ちがあったのかもしれない。いざ本番、カメラが回りだすと、メイ子さんがあまり喋ってくれないのである。私の尋ねたことに対しては的確なご返事をくださるのだが……。私は冷や汗をかきながら、その七分ぐらいのコーナーを切り抜けたことを今でも覚えている。
いつも完壁な司会をされるメイ子さんが、今度は逆の立場で私からインタビューされるということで、ご自分のお喋りを控えめにされたのだと思う。昔からの知り合いなのに、ちょっと歯車がずれて戸惑ってしまったのだ。このコーナーは一年間続いたが、私はインタビュアーに向いていないことがよくわかった。
『くらしの窓』が始まったころはカラー化が二年前から少しずつ始まっていたようだが、ほとんどの番組はモノクロであった。だからファッションやおしゃれのコーナーでは、いちいち色の説明をしなければならなかったが、それでもあのころは最先端をいく番組として注目を集めていた。
私はまだ三十代の働き盛りで、コンサート活動も全国的に展開していたので、週三本のこの番組は一目で収録しなければならなかった。午前八時に開始して一本平均五時聞かかったから、三本日が終わるのは夜の十時を過ぎていた。その間、スタッフと一緒に小さなお弁当を食べる休憩時間が三〇分ほどあるだけで、スタジオから一歩も外に出ることはできない。なにかの都合で段取りが悪いと、夜中の二時ごろまでかかることもあり、翌日は七時の飛行機で北海道公演に出かけ、終わって翌日、九州で三日間の仕事などをしたこともある。若かったし、やる気があったし、いくらつらくーーーーても会場で満員の聴衆が自分を待っていてくれると思うと、疲れを忘れた。

ーーーーー

日本シャンソン館
2020年 1月ライブスケジュール
※変更になる場合がございます。ご了承ください。

日 時
開演時間 出 演
1月2日(木) 11時~/14時~ 新春シャンソンショー 原れい子  ピアノ:江口純子
1月4日(土) 11時~/14時~ 小林美恵子    ピアノ:日野香織
1月5日(日) 11時~/14時~ 岩崎桃子      ピアノ:大美賀彰代
1月11日(土) 11時~/14時~ あみ         ピアノ:今野勝晴
1月12日(日) 11時~/14時~ 山添恵子      ピアノ:日野敦子
1月13日(月) 11時~/14時~ MIKAKO     ピアノ:安藤伸彦
1月18日(土) 11時~/14時~ フレンチカフェ ~Keiko&美鶴~
1月19日(日) 14時~ 新春・紅白 のど自慢 vol.25  ピアノ:大美賀彰代
1月25日(土) 11時~/14時~ 原れい子      ピアノ:安部なおみ
1月26日(日) 11時~/14時~ 桜井ハルコ    ピアノ:大美賀彰代


NHKテレビ『くらしの窓』-3

幸福を売る男

芦野 宏

Ⅲ 新たな旅立ち

2、お茶の間にシャンソンを

 

日本シャンソン館からのお知らせです。

12月21日(土)12:00~13:30
フジテレビの娯楽・旅番組
「ぶらぶらサタデー・タカトシ温水の路線バスの旅」
この中で、出演者一行が日本シャンソン館に立ち寄りました。
その時の様子が番組の中で紹介されます。
・・・
「紅葉残る伊香保~もつ煮の聖地まで!100日まいたけの絶品バター炒め&赤の魅力の河鹿橋で焼きアユを堪能!行列もつ煮・名店の味そのままの自販機も必見!」
タカトシ温水の路線バスの旅は、みなさまの町の隠れた穴場や素敵な観光スポットを路線バスを乗り継いで旅をし、楽しいゲストと絶品グルメを食べながら街を再発見!
皆さんも休日気軽に行けるような場所をご紹介します。
・・・
お時間ございましたら是非ご覧ください。
番組および出演者は下記から知ることができます。
https://www.fujitv.co.jp/burabura/

-----------------

12月22日(日)14:00開演~1X:00
クリスマス・コンサートのご案内です。
まだ少し、チケットに余裕があります。
宜しければ奮ってご参加ください。
時間: 開場13:30 開演14:00
料金:一般7,000円/友の会会員価格6,500円/29歳以下の方3,000円
会場:日本シャンソン館2F シャンソニエ「ヴェルメイユ」
主催:日本シャンソン館
<お問い合せ・お申込み>
日本シャンソン館事務局
TEL:0279-24-8686 FAX:0279-24-1919
営業時間 9:30~17:00(水曜日休館)
*クレジットカードのご利用はできません。

NHKテレビ『くらしの窓』-3

 平成八年(1998)、パリ市長シラク氏がフランス大統領に就任されて初めて来日の折、赤坂離宮の迎賓館における迎賓会に招待を受けた。私はその日のうちに群馬の「日本シャセン館」に行かをければをらなかったので、少し早めに赤坂の会場に到着した。夜の迎賓館はまだ人影もまばらで、やたらと警備のSPや警官の姿が目立ったが、私の少し前を黒いドレス
に身を包んで、うつつむき加減の女性が階段を上っていた。近づくと、それは森英恵さんであつた。レセプション会場まで白い大理石の廊下をゆつくり二人で歩きながら、森さんはご主人がつい一週間前に亡くなられたことを話された。寂しそうな面持ちで、私は慰めの言葉を申し上げる間もなく、やがて二八はサロンの前でほかの招待客と合流し、華やかなシャン
デリアの光の中に包み込まれてしまった。森さんは、あれからすぐ外国や国内でのお仕事で多忙を極めておられるご様子だったが、その翌年の十二月にクリスマス・ディナーショーで私が歌ったとき、NDK(日本デザイン文化協会)会長としてお元気な姿を見せてくださった。
フランス料理とテーブル・セッティング、テーブルマナーのコーナーで、その先駆者として有名な飯田深雪先生は、「アートフラワー」の創始者としても知られている。終戦後いち早く、古いビロードの布地で作った「ケシ」の花が最初の作品だと伺っているが、私がデビューしてまもなく「コクリコ」というシャンソンをピアノの弾き語りで歌うとき、素晴らしい深紅の「ケシの花(コクリコ)」が届けられた。これを原語で歌う私のために、葦原邦子さんがナレーションを付けてくださった。飯田先生と親しかった葦原さんからお願いされたものだと思っているが、その実っ赤なヒナゲシの花は、「コクリコ」を歌うとき、いつも黒いグランドピアノの上に置かれ、そこだけに一筋の照明がくるように演出されていた。
まるで生きもののように見えるその花は、ステージに飾られないときは、ガラス戸棚に入っている。その後、飯田先生には『くらしの窓』でたびたびお目にかかるようになり、先生のお人柄、人格、お仕事すべてを尊敬する気持ちから、その古いコクリコの花は今でも大切に保管している。


NHKテレビ『くらしの窓』-2

幸福を売る男

芦野 宏

Ⅲ 新たな旅立ち

2、お茶の間にシャンソンを

NHKテレビ『くらしの窓』-2

『くらしの窓』は午前九時から三〇分間、家庭の主婦向けの番組で、料理と食事マナー、おしゃれのポイント、来客のためのテーブル・セッティングなど、毎日の生活を豊かにするさまざまなコーナーが作られており、一つのコーナーが終わるごとの合間に私の歌が挿入される、という構成であった。
料理の江上トミ先生は当時、人気絶頂で話術も達者、あの独特の笑顔は格別であった。新宿・市ヶ谷の坂の途中に先生の江上料理学院(現院長・江上栄子)があり、その坂を上りきった右手が私の家だったから、隣組みたいな親近感もあった。私がシャンソンを一曲歌って、料理のコーナーへ行くと、まず第一声「芦野先生のシャンソンは、おいしそうに歌ってくださいます。きっと皆様も食欲がお出になって、今日の料理もおいしく召し上がれますよ」と言って始まるのである。笑顔と話術にプラス、まごころをこめた手料理でいつもいつも江上先生のペースに巻き込まれてしまい、ただただうなずき、感心していればいい、というふうにこのコーナーは進行するので、ありがたかった。
清水とき先生は和装のコーナーを受け持たれ、姿勢のいい先生という印象を持ち続けている。
いつも髪を一糸乱れず結い上げておられる、
九九七年、「清水学園八〇周年記念」 のイべントがあり、私もご招待を受けたが、お母様の創立された学園を受け継いで、さらに大きくされ、和装文化に貢献されているお姿には頭の下がる思いである。
洋装は田中千代先生と森英恵さんであった。田中先生はこの道の先駆者で、昭和天皇の皇后陛下のお召し物をデザインされたり、欧米で日本人として初めてファッションショーを開かれたりした方で、森さんも田中先生をたいへん尊敬しておられた。森英恵さんは私とほとんど同年輩であり、当時としては若手・新進のデザイナーであったから、私も同級生みたいな気持ちで親しくお話しできた。いずれにしてもお二人ともたいへん気さくな方で、とても大先生と思われないような気軽な態度で私たちに接してくださり、今でもときどきお目にかかる機会があると昔話に花が咲き、『く

日本シャンソン館

12月ライブスケジュール
※変更になる場合がございます。ご了承ください。

日 時 開演時間 出 演
12月1日(日) 11時~/14時~ あみ         ピアノ:今野勝晴
12月7日(土) 11時~/14時~ MIKAKO     ピアノ:日野香織
12月8日(日) 11時~/14時~ 山添恵子      ピアノ:日野敦子
12月14日(土) 11時~/14時~ 岩崎桃子      ピアノ:江口純子
12月15日(日) 14時~ ラクレデシャンのクリスマスコンサート
12月21日(土) 11時~/14時~ 桜井ハルコ    ピアノ:安藤伸彦
12月22日(日) 14時~ 日本シャンソン館 クリスマスコンサート

NEW
2020年 1月ライブスケジュール
※変更になる場合がございます。ご了承ください。

日 時
開演時間 出 演
1月2日(木) 11時~/14時~ 新春シャンソンショー 原れい子  ピアノ:江口純子
1月4日(土) 11時~/14時~ 小林美恵子    ピアノ:日野香織
1月5日(日) 11時~/14時~ 岩崎桃子      ピアノ:大美賀彰代
1月11日(土) 11時~/14時~ あみ         ピアノ:今野勝晴
1月12日(日) 11時~/14時~ 山添恵子      ピアノ:日野敦子
1月13日(月) 11時~/14時~ MIKAKO     ピアノ:安藤伸彦
1月18日(土) 11時~/14時~ フレンチカフェ ~Keiko&美鶴~
1月19日(日)  14時~ 新春・紅白 のど自慢 vol.25  ピアノ:大美賀彰代
1月25日(土) 11時~/14時~ 原れい子      ピアノ:安部なおみ
1月26日(日) 11時~/14時~  桜井ハルコ    ピアノ:大美賀彰代

日 時
2020年1月19日(日)
日本シャンソン館
新春・紅白
のど自慢 vol.25

ご案内:日本シャンソン館館長 羽鳥功二
ピアノ:大美賀彰代
司会:飯塚裕美
時間:14:00開演
参加費:一般4,000円/友の会会員価格3,000円
会場:日本シャンソン館2F シャンソニエ「ヴェルメイユ」
主催:日本シャンソン館
★どなたでもご参加いただけます。
★歌唱曲はシャンソンに限らせていただきます。
★楽譜をご持参ください(お一人一曲)。
★当日の午前中に譜面合わせを行います。
★最後まで思う存分歌って頂けます。
————————————————-

観覧料:入館料(1,000円)のみでお聴きいただけます♪

2020年1月2日(木)
日本シャンソン館
新春シャンソンショー

出演:原れい子、江口純子(ピアノ)
時間:第一回公演11:00~ / 第二回公演14:00~
料金:入館料 大人1,000円、小人(中学生以下)500円
ライヴ料 500円
会場:日本シャンソン館2F シャンソニエ「ヴェルメイユ」

2019年12月15日(日)
日本シャンソン館
ラクレデシャンのクリスマスコンサート

出演:ラクレデシャン、原れい子(進行)、大美賀彰代(伴奏)
※ラクレデシャンとはシャンソン館でシャンソンを学ばれている皆さんのグループ名です。
時間: 開場13:45 開演14:00
料金:一般2,000円/友の会会員価格1,000円
会場:日本シャンソン館2F シャンソニエ「ヴェルメイユ」

チケットは日本シャンソン館でお求め頂けます。

2019年12月22日(日)
日本シャンソン館
クリスマス・コンサート

出演:【ゲスト】芹 洋子
原れい子、小林美恵子、山添恵子、小林ちから(ピアノ)
時間:開場13:30 開演14:00
料金:一般7,000円/友の会会員価格6,500円
会場:日本シャンソン館2F シャンソニエ「ヴェルメイユ」

日本シャンソン館でお求め頂けます。
2019年12月19日(木)
シャンソンの花束
~日本シャンソン協会福山支部コンサート~ ※延期しておりました10月4日のコンサートです。
出演:日本シャンソン協会福山支部有志(7名)、角堂りえ(ピアニスト)
開演14:00
入館料(1,000円)のみでお聴きいただけます♪

らしの窓』のころの話が出たりする。


NHKテレビ 『くらしの窓』-1

幸福を売る男

芦野 宏

Ⅲ 新たな旅立ち

2、お茶の間にシャンソンを

NHKテレビ 『くらしの窓』-1

「くらしの窓」

詞 松岡励子
曲 松井八郎
あかるい朝です あなたの朝です
みんなの朝です おはよう
窓をあけて ちょっとひと息
ちょっと花に水を やりましょう
広い空に あわのように ひろがってゆく
あまいあまい花のかおりが
いっぱい いっぱい ひろがってゆく
あかるい朝です あなたの朝です
みんなの朝です ボンジュール ボンジュール

毎朝九暗から始まる『くらしの窓』のテーマソングである。番組は昭和三十七年(一九⊥ハ一▲ニ四月から四年間続いた。初めて日劇のステージを踏んだとき、レコード会社専属をお断りした件で列大のごとく叱られた松井八郎先生とも和解して、このテーマソングは松井先生の肝いりで作られた。『くらしの窓』はウイークデー五日間の放送だが、私の総合司会と歌の担当は月水食の三回で、ほどなくして午後に再放送されることにもなり、このテーマソングはお茶の間にすっかりお馴染みになってきていた。
NHKの番組担当者からこんな投書を見せられた。「四歳になる子供がボンジュールおじさんの歌をいつも聞いています。私もシャンソンが大好きです。たくさん聞かせてください」。
いつの間にかボンジュールおじさんのあだ名をいただいた私は、番組で三曲歌うなかで必ず子供にもわかる楽しい歌を入れることにした。たとえば「パパと踊ろうよ」とか「サラダのうた」「カナダ旅行」「ナポリの山賊」「かえるのうた」などである。
これらのシャンソンは、それまで日本ではあまり紹介されていなかった分野だったから、全国的に新たなシャンソン・ファンが増えて、やがてNHK『みんなのうた』にも取り上げられるようになり、嬉しく思っている。デビュー以来、訳詞の面でお世話になっている薩摩思さんは、こういった明るいシャンソンをたくさん書いてくださって、シャンソンの暗いイメージを一変し、大衆に近づけてくれた功績に対する感謝を忘れてはいけないと思っている。
また、フランスでは当たり前のことなのだが、ちょっと皮肉っぼいシャンソンや、人をからかった内容のもの、コミックなもの、そんな分野も薩摩さんは開拓してくださり、私もたいへんレパートリーが増えて助かっていた。「可愛いアイルランド娘」「蝶々とり」「ルルウ踊り場のピアノ弾き」 「三文ピアノ」などである。
薩摩思さんは、前にもプロフィールを紹介したが、NHKラジオ歌謡にも「木立の中に秋が
いる」をはじめ数々の名作を残し、テレビの 『くらしの窓』 のなかで私が歌ったシャンソンはデビュー以来のコンビで取り上げ増やしてきた薩摩忠訳のものが大部分を占めている。


「パパと踊ろうよ」-4

幸福を売る男

芦野 宏

Ⅲ 新たな旅立ち

2、お茶の間にシャンソンを

「パパと踊ろうよ」-4

 薩摩忠は第四回室生犀星詩人賞、第九回翻訳出版文化賞など受賞。NHKラジオの深夜番組『夢のハーモニー』で朗読される詩を長年担当された。また、教科書や教育テレビに採用された「まっかな秋」「冬の行進」など、童謡や創作歌曲、外国歌曲の訳詞も数多い。こうした活動に関連の深い『波の会』(現「新・波の会」 の前身) の重鎮である。
この会は昭和四十年に声楽家・四家文子(故人)、国語学者・金田一春彦、両先生を中心に1美しい日本語と香り高い歌を」をスローガンとして結成され、芦野宏も会員であり、令王催のコンサートにたびたび出演。
薩摩ファンを自任される金田一先生は、『芦野宏四〇周年リサイタル』のプログラムに一文を寄せられた。
「国語学者から見た芦野さんの歌は、どんな高い声で歌っても、どんなに速〈歌っても、一つひとつの音がはっきり聞かれるということである。これは案外難しいもので、ソプラノ歌手などの中には、ただいい声でいい節で歌うということにばかり心が行って、聞いていて歌詞が全然聞きとれない人がある。
これは勿体ないことで-というのは、日本語は世界で類のない美しい言葉で、例えば『枯れ葉』という言葉はフランス語では、Lesfeu≡esmOrteSというが、これは『死んだ葉』と言う意味だそうだ。
ぁの有名なシャンソンを日本語に逐語訳したら、♪死んだ葉よ……となるそうだが、それはまずい。H本語には『死ぬ』のほかに『枯れる』という言葉があるので、♪枯れ葉は……と薩摩思さんの名訳がつき日本人の心をとらえたと思う。
日本語訳したシャンソンはそういう言葉で訳されていると考えれば、芦野さんのように言葉がはっきり聞き取れるように歌って下さることは、私たちにとってたいへん有難いことだと感謝尊敬している次第である」。


「パパと踊ろうよ」-3

幸福を売る男

芦野 宏

Ⅲ 新たな旅立ち

2、お茶の間にシャンソンを

「パパと踊ろうよ」-3NHKテレビに『黄金(きん)のいす』という木曜夜八時からの三〇分番組があった。ポピュラーな音楽界の第一人者が登場する、ドキュメンタルなバラエティショーである。カラー放送も始まって五年、昭和四十年十二月九日「みんなのシャンソン」というタイトルで、芦野宏がその椅子に迎えられた。当日の案内には、次のように記されている。
「芸大を卒業後この道に入ってからすでに十数年、今やシャンソン界はいうにおよばず、音楽界全般にわたってもベテラン歌手として活躍する芦野さんは、日本のシャンソン界に独自のジャンルを切りひらいてきた。今までシャンソンは芸術青年や文学少女など読の人たちの好む〈夜の歌〉であった。ところが芦野さんはそれを明るく健康的なホームソングとしてとらえ、家中そろって歌える歌として紹介
してきた。今夜は芦野さんのこういった面にスポットを当てながら彼の横顔をさぐつていく。
まず彼の隠れた一面である、ユニークな自筆のイラストをタイトルバックに幕が上がる。曲は彼が最も好きだという1ラ・メール」、つづいて芦野宏ヒットメドレーで明るく健康的な歌を聞かせる。
「幸福を売る男」「風船売り」「サラダのうた」「三文ピアノL、そしてサロンに集まった皆さんとともに「カナダ旅行」を合唱する。ゲストは秋山ちえ子、服部公一、声の会、音羽ゆりかご会、司今宮田輝」(朝日新聞、昭和四十年十二月九日)


「パパと踊ろうよ」-2

幸福を売る男

芦野 宏

Ⅲ 新たな旅立ち

2、お茶の間にシャンソンを

「パパと踊ろうよ」-2

 私はもともと歌が好きで音楽の道に進み、いつの間にかシャンソンを歌うようになっていたので、どうしても音楽的で同時にフィーリングのわかる歌のほうに惹かれていく。正直なところ、内容を味わってシャンソンを楽しむところまでは手が届かなかった。だから、クラヴォーやトレネ、モンタンなど声に魅力があってしかも音楽的に十分堪能できる歌手に憧れていた。
しかしそのうち、イヴェツト・ジローやアニー・コルディなどが歌う明るくてサラッとした内容の歌が好きになってきた。ジョルジュ・ゲタリ(エジプト生まれギリシャ系歌手)も楽しかったし、当時オペレッタ界で光り輝いていたルイス・マリアーノ(スペイン系の慧的歌手)の歌はとくに素晴らしかった。歌の内容は難解なところがなくて、だれにでも楽しめるわかりやすいものだった。
フランス人は覚、毒すい、楽しめるシャンソンを家庭でも歌っていることを知ってから、私は日本に帰ったら、明るいシャンソンをたくさん歌おうと思って楽譜やレコードを買いあさっていた。帰国してからNHKの『紅白歌合戦』でも、「風船売り」「幸福を売る男」1パパと踊ろうよ」など、お茶の間に入り込んでいける曲を意識して歌っている。
それまでシャンソンというと、ダミアの1暗い日曜日」とか1人の気も知らないで」き失恋の歌が多く、また戦後も「枯葉」の大ヒットによって、日本ではなぜか暗い悲しい歌という印象が濃かったのだ。
私は子供たちも歌、孟シャンソンをたくさんお土産に持ち帰ってきた。私の帰国を首を長くして待っておられた、薩摩思さんが訳詞をされ、それらの明るいシャンソンはコン丁トやマスメディアを通して広まったので、世間でもシャンソンに対する見方や考、貢が変わってきたように思う。のちにNHKから『くらしの窓』という番組に指名されて、朝の連続司会者として起用されることになったのも、歌のイメージが明るく家庭的なシャンソンを歌うからではないかと思っている。


「パパと踊ろうよ」-1

幸福を売る男

芦野 宏

Ⅲ 新たな旅立ち

2、お茶の間にシャンソンを

「パパと踊ろうよ」-1

 アンドレ・クラヴォー(魅惑的な歌声の歌手) の歌う心温まるシャンソン「パパと踊ろうよ」。こんな歌が流行歌として通用するフランスはいいなと思っていた。
初めて私がパリを訪れたとき、のちに専属契約を結ぶ東芝レコードの関係でパリのEMIレコードの制作部長さんとお会い一する機会があった。西も東もわからぬまま、通訳の方に連れていかれてレコード会社の応接室に通されると、まず第一声は日本の著作権はどうなっているかという質問であった。昭和三十一年(一九五六)九月のことである。私はじつのところ、そのころ著作権問題について無知であり、どうなっているかなんてまったく知らなかった。
「日本でシャンソンが流行して、歌われていることはとても嬉しいことだ。しかし、いくら演奏されてもフランスに著作権料が入ってこない。ほかの国では楽譜を出版する際に必ず番号を付けて登録されているのだが、日本の場合はいったいどこでどうなっているのか」という質問なのである。私は肩身の狭い思いをし、文化後進国の恥を一身に背負わされているような気持ちで小さくなっていた。
ところが、私が持参したテープを聴いてくれた部長さんの表情が急に明るくなり、にわかに餞舌になった。「パパと踊ろうよ」である。「ムッシュー、この原盤(アンドレ・タラヴォーの歌)のなかで聞こえる子供の声はじつは私の娘なんですよ」と言われ、そのあとは和やかな会話がはずんで、やっと救われた気分になった。シャンソンの著作権問題は、その後パリでお会いしたドネ氏を通じて日本では音楽之友社(水星社)と最初に出版の契約をすることになったのだが、それまで日本で発売されていたシャンソンの譜面は、すべて海賊版と称する、正式なものではなかったのだ。
さて、昭和三十一年に初めてパリを訪れ、いろいろなシャンソンのあり方を知った私は、目から鱗が落ちる思いで方々のシャンソン小屋を歩きまわった。モンマルトルでコラ・ヴォケー ラルの出ている「トマト屋」とか、サンジェルマン・デ・プレにある五〇人くらいで満席になる寄席みたいなシャンソン小屋「ヤコブのはしご」という狭い階段に客が腰かけてシャンソンや漫談を聴く場末の小屋、また難解な皮肉ばかり歌う小さなシャンソンの部屋。レコード会社の八は、こんなところをまわって新人を発掘するんですよと冗談みたいに笑っていたが、それは本当のことだと思った。ただ、言葉のわからない私たち外国人には歌の意味を理解するのは無
理なことだ。


国際的な夫婦共作共演レコード-3

幸福を売る男

芦野 宏

Ⅲ 新たな旅立ち

1、新婚旅行で三たびのパリ

国際的な夫婦共作共演レコード-3

 リーヌ・ルノーと32年ぶりのデュエット録音 東芝EMlスタジオい992・1t・4) 昭和三十六年の五月に出会ったリーグ、と私たち二組の夫婦は、あれから三〇年以上も変わらない友情の付き合いを続けていることも嬉しい。
そして、発売は奇しくもあの時と同じパリ祭を控えた季節に、今度はリーヌ・ルノーと芦野宏のデュエットCDが昔のよしみで東芝EMIから出ることになった。曲目の一つは友人、なかにし礼の作詞作曲による「知りすぎたのね」である。幸い、リーヌもこれを承諾してくれたので、国際電話やファックスを使って打ち合わせをし、平成四年(一九九二) 十一月リーヌ・ルノーがパリから文化使節として来日し、渋谷のシアター・コクーンで交流フェスティバルのレヴューショーを行ったとき、一日滞在を延長してもらい、スタジオで録音した。フランス語訳は薮内宏さんが原詩に忠実につけてくださり、「チエ・アン・セ・トロ」と題して、二人のCDは出来上がった。なんとこれは三十数年ぶりのデュエット盤となったわけである。
 もう一曲は前と同じ「いつの日かパリに」を美野春樹氏の新しいアレンジで、リーヌがむかし覚えた日本語で再び歌ってもらった。「知りすぎたのね」の仏語版はステージでは平成五年(一九九三二ハ月十一日、東京のマリオン有楽町朝日ホール)で催した私の歌手生活四〇周年記念コンサートで初めて発表し、デュエットのCDもまずまずの売れ行きのようである。また、これを踏み台にして、シャンソン志望の後輩たちが積極的に国際交流の舞台に躍り出てほしいと願っている。
私たちの新婚旅行で初めて出会ったルル・ガステは、平成七年(一九九五)一月に八八歳の高齢で亡くなられた。日本ではNHKが衛星放送で葬儀の模様を中継したが、u-ヌが泣きながら枢のそばに立ちつくしている様子を見て胸が痛んだ。私が東京から送った哀悼の言葉に対して、リーヌからの礼状は二月八日、私の手元に届いた。