目の疲れに効くツボ。

 

開運道の癒やし整体

花見 正樹

1

日本で整体という言葉が用いられたのは、整体理論が外国からもたらされた大正時代とされ、それが手技を用いた民間療法となって、日本古来の按摩や鍼灸と並んで代替医療となって普及しました。
その原点は、アメリカから伝えられたカイロプラクティック、オステオパシー、スポンディロセラピーなどです。
これらはいずれも、脊椎矯正療法、骨格矯正療法、を標榜する手技療法で、これを細分化すると、脊椎、骨盤、肩甲骨、四肢、など骨格や関節の歪みやズレの調整や矯正施術となります。
なお、私(花見)が学んだ中国整体では、それらの筋骨矯正整体とは異なって総体的な医療代行の手技療法で、整体という言葉は基本概念のひとつに過ぎず、整体だけが手技療法として確立はしていません。しかも、中国整体そのものが医療行為として日本の医療法に触れますので、中国整体は必然的に、日本式の整体に組み込まれたのも自然の流れとして止むを得ません。
さらに、最近ではインドの伝統医学とされるアーユルヴェーダやタイ式整体なども医療法ギリギリのところで広がりを見せています。
その中にあって、開運道整体は、日本の医療法を尊僔種守して、体重を掛けての揉み押しのない「癒し」と「予防医学」を目的とした「まさつ健康法」とし、他の追随を許さない高度で安全な「リラックス整体」を目指します。

美容健康・癒し整体

東洋医学では、身体に必要な経路と経穴(ツボ)は、経路が14本、経穴(ツボ)が361ケ所とされています。
ここでは、その中の重要なツボを選んで頭の天辺(てっぺん)から足のつま先に至るまで載せて参ります。勿論、タイトル通りに大半は独りで出来ますし、背中など自分で手が届かないツボは身内同士で、となり、家族の健康推進や予防医学、コミュニケーションづくりに大いに役だちます。ただし、これを病気治療など医療行為に用いることは、国家資格保持者以外は医療法で固く禁じられていますので絶対にしないでください。自分の健康は自己責任で・・・そのための健康増進がこの整体講座の目的です。
ところで、最近はパソコン、スマホなどを長時間使用、しかも連日、同じ姿勢での仕事では慢性的な肩こりや頭痛、目の疲れなども仕方なく、目医者には老若男女の患者さんが群れをなしています。
そこで、開運道では、自分で出来る「目の癒やし」をおしらせしたところ、多くの方から高評価を頂きました。
 今回は、その一つで、眼精疲労に効く、太陽(たいよう)というツボで、「目医者ごろしのツボ」とも言われます。

 

 こめかみのツボ・太陽は、疲れ目(眼精疲労)、老眼・近眼の改善、頭痛、偏頭痛、顔面神経痛などに効果があります。

この太陽のツボを皆さんが知ってしまうと目医者には行かずに済みますが、患者が来ないので目医者は失業に追い込まれます。
そんな目医者無用の太陽のツボは、こめかみの少し前の凹みの部位です。
目尻から指2本分外側、まゆ尻と目尻の中央から少し後方、こめかみからみるとやや目尻寄りとなります。
こめかみは一説によると「米噛み」ですっから、歯をかみしめると動く部分です。その少し前が太陽です。
ここは中指を立てたまま人指し指と薬指を添え、深呼吸をしながら気持ちよい強さでツボを気持よい強さでクリクリと摩擦押しで6秒ほど、そこで3秒ほど休み、これを6回繰り返します。三指を用いても長さが違いますから押すのは中指だけになります。
他の整体では人差し指を用いる場合が多く、押すのも動かさずに5秒ほどですが、実際に施術をしていて安定性がいいのは中指ですので、開運道式では中指を用いて、摩擦健康法が看板ですから当然指でツボを摩擦します。
なお、6という数は、私が昔習った中国整体の恩師から健康に大切な数と教えられ、6とその倍数を多用することにしているだけで他意はありません。したがって、5秒でも7秒でもお好きな数を用いて頂いても結構ですが、私は6をお勧めします。
さらに施術時は、蒸しタオルで目を温めてからとか、入浴時、入浴後など、心身がリラックスしたときほど効果があります。
私は今、白内障、緑内障、視野狭窄症の進行を、この太陽ツボ療法で遅らせ、失明を先延ばしして連日のパソコン作業に励んでいます。
(注)
太陽のツボ近くの骨の下には、表面に出ていない繊細な神経が走っていますので、太陽のツボ以外の強い押しは禁物、太陽のツボは「ピンポイントで!」です。

 

ストレス・疲労回復の頭のツボ「百会(ひゃくえ)」

 家庭でできる「美容健康・癒し整体」

 開運運道主宰・花見正樹

----------------------

 頭のてっぺん
百会(ひゃくえ)まさつでストレス発散を!
中国式経絡整体
日本整体師連盟
日本整体師認定協会
師範・花見正樹
―――――――
「百会」は頭の頂上、左右の耳の中心を結んだ線と眉間の中心からの線が頭の頭上で交わる場所です。
百会は、癒しのツボといわれますが、体の天辺にある万能ツボで、癒し整体の重要ポイントです。
頭痛、目の疲れ、めまい、精神安定、自律神経の調整、二日酔い、抜け毛、肩こり、耳鳴り、ストレス解消、不眠症、などに有功です。
「百会」の語源は、多種多様な経絡が出会うツボという意味で、癒し効果は抜群、美容健康効果にも役立つ万能ツボです。
深呼吸をしながら、利き手の人差し指、中指、薬指の三指で、そこを中心に自由に軽く快い強さで36回まさつします。
湯上がり、寝起き、就寝前などリラックスしている時間に実施すると効果が上がります。

 

 ーーーーーーーーーーーーー

————————————————————–

  花見 正樹師の「 ストレス解消・開運癒し整体」

体験無料・・遠慮なくお問い合わせください。

私は、緑内障・視野狭窄症で盲目を覚悟し、いずれ整体をと考えていました。半世紀超の占術家の道を後進に譲り、いま盲目時訓練の一環として、皆様の癒しと若返りに役立つべくこの道に進みます。

日本整体師認定協会師範として後進の育成に励むと同時に、ストレスが原因の慢性的な肩こり腰痛の解消と、中国整体による開運若返りを目的とした新たな「開運道式・占い癒し整体法」を公開します。

 

目的は、癒し、肩凝り・腰痛、アンチエージング、資格取得、なんでも結構、当方は85歳のご隠居ですが、お気軽にご参加ください。

ほぼ半世紀以前に中国医学の権威である故・蔡一藩(さいいっぱん)師に師事し、風水の他に、若返り(アンチエ-ジング)と癒しを目的とした整体「経絡・まさつ健康法」を学ぶ。次いで日本のストレス学の父・銀座内科の故・藤井尚治医師(ハンス・セリエ博士の高弟)の指導で日本初の「ストレス解消サロン」を開設.。

さらに民間では初の百歳長寿の研究と実践に入って「一生の運勢・百歳年運表」を発表。これらを総合的に活かした開運道方式の開運アドバイスを交えての「癒し整体ツボ摩擦健康法」により、体内の老廃物排出と活力増強の徹底した「若返り癒し整体」を実践、オンラインでは、一人で出来る健康法の個人指導も行います。
◎築地サロンでのベスト希望日時は、月~木曜13時~20時内とします。
その他の日時やオンライン希望の場合は相談に応じます。
◎料金
個人施術&指導は、1回1時間¥7,000(税込み・当日支払)です。
指導10回コースは、小人数(1~2人)で、1人1時間¥55 ,000 x 10回=55,000(税込・分割可・振込)です。
◎コース修了の希望者には修了免状(1万円・税込)もあります。

 

 

 

   

 開運道スクール「占い講座」
ここでは「命名・姓名判断」「手相」「四柱推命」「易学」等、代表的な占術を学びます。
「九星気学」コースは、◎2華蓮講師の「初歩の九星気学教室」を推奨します。
命名・姓名判断コースは、良名の付け方とその極意をお教えします。
手相コースでは、手の丘や線の特徴から性格や運勢を読み取ります。
四柱推命コースは、生まれた年月日時の干支の組み合わせから宿命・流年をみて人生全般を占います。
易学実践コースは、コイン占いから筮竹を使った易占いの初歩を教えます。
易学教養コースは、教養・学問として論理的に易学・易経の序章を学びます。
以上を学ぶことで、プロの占術家としての道が開けます。
講師陣は、花見正樹師を中心に開運道講師陣が対応します。

 

◎築地サロンでのベスト希望日時。
月曜日は、13時~15時、16時~18時。
火曜日は、10時~12時、13時~15時。
他の日時、オンライン希望の場合は相談に応じます。
各コース修了の希望者には修了免状(1万円・税込)もあります。
◎料金
「命名・姓名判断コース」・¥6,000 x6回=¥36,000(税込、分割可・振込)
「手相コース」・¥6,000 x 6回=¥36,000(税込、分割可・振込)
「四柱推命コースー1」・¥6,000 x10回=¥60,000(税込、分割可・振込)
「易学実占コースー1」・¥6,000 x10回=¥60,000(税込、分割可・振込)
「易学教養コースー1」・¥6,000 x10回=¥60,000(税込、分割可・振込)

◎お問い合わせは下記に・・・
メール または 電話でどうぞ!
 =========================
   花見正樹 事務所
電話 03-3542-1150 

 携帯090-4672-1094
Eメール masaki94581@nifty.com
HP  https://www..kaiundou.jp
104-0045東京都中央区築地2-14-6
    キャメル築地1304  
 =========================

 

開運道式・まさつ整体法[寝違い対策

開運道式・まさつ整体法

      明けましておめでとうございます。

中国式経絡整体
日本整体師連盟
日本整体師認定協会

  師範・花見正樹

応急処置偏ー1

寝違い対策

寝る時は何でもなかったのに、朝起きたら首が痛くて自由にならない・・・これが寝違いです。
寝ている間に妙な姿勢で無意識に首を捻ったりすると筋肉や靭帯が損傷して痛みます。
フリー素材 首 に対する画像結果寝違いを別の言い方で表現すると「「首の筋肉の肉離れ」「頸椎の捻挫」「頸椎変位」などで、首の筋肉に傷が入って炎症が発生していると思えば間違いありません。
場合によっては、首だけでなく腕の痺れを感じることがありますが、こうなると、かなりの重症です。
寝違えた場合、大概の人は少し力を入れて首を揉み、その後でお風呂に入ると、痛みがとれたように感じます。
しかし、これは一時的なもので、翌日になれば痛みはもっとひどくなります。
痛みがひどい時は炎症を起こしていますから、温めるのは厳禁です。
むしろ、患部を冷湿布や保冷剤などで冷やし、しばらく安静にして揉んだり押したりは後回しにすべきです。
例外として、凝りや血行不良での寝違いがありますが、これは肩の凝り過ぎと痛みの連鎖ですからすぐ分かります。この場合は冷やすのは逆効果で、温めて筋肉を和らげれば血行もよくなり肩凝りも首の痛みも和らぎます。
いずれにしても肩凝り以外の「寝違い」は、炎症による激痛ですから、最初は冷やして安静、少し落ち着いたら次の手です。

痛みが軽くなってきたら、まず、首の左右、どちらが痛いかを確かめます。
首の右側が痛い場合は、ゆっくりと息を吐きながら反対の左側に首を倒して6秒ほど耐え、フッと力を抜いて戻します。
最初は軽く、徐々に強めて5回ほど同じ動作を繰り返して様子をみます。
倒す方向はあくまでも反対側、右後が痛ければ左前、左後が痛ければ右前に倒します。
これを数回繰り返して様子をみます。
また、脇の下の神経の血行を良好にすることも効果があり、首回りのツボの軽擦も役立つことがあります。
ところが、寝違いを治すツボは首回りより手にあることがよく知られています。
昔から、寝違えた時は「落枕(らくちん)」、手の甲側の人差し指と中指の間にあるツボです。
ここは左右どちらも親指を用いての押しさすりが有効で、少し強めに何度でも首の痛みが治まるまで施療してください。
「寝違い」は、炎症の傷ですから施術してもすぐには治りません。
程度にもよりますが、痛みが治まるまでにおよそ3~6日はかかるのはご承知おきください。

セルライト対策-1

誰でもできる美容整体

花見 正樹

中国式経絡整体
日本整体師連盟
日本整体師認定協会
師範・花見正樹

セルライト対策-1

今回は、成人女性の憎き宿敵であるセルライトについてて触れてみます。
 セルライトとは皮下脂肪塊の一種であり、体内老廃物と脂肪と水分が結合したもので、血行不順などによって脂肪組織に線維化が生じたために皮膚の表面に凸凹が表れた状態を指すものです。セルライトは、医学的には無害なのでつい見過ごしがちですが、腰や太もも、お尻の部分に出やすいため、普段は衣服で隠せますが水着姿での海水浴には出かけにくくなりますし、恋人や配偶者にも見られたくないのは当然です。
このセルライトは、以前から美容の大敵とされていますが、整体業界でも、このセルライト問題は避けて通れません。
このセルライトの正体を知り、その対処法を確立することも整体師範としての私にとっての急務でもあるのです。
整体以外のセルライト対策はというと、減量と筋肉の形成、アメリカ食品医薬品局 が承認したセルライト低減装置、カフェインなどが配合されたセルライト低減用クリームなどですが、どれもが決定打にはなっていません。
このセルライト除去の根本要因は、脂肪塊と老廃物の除去に尽きますので、セルライトを形成する脂肪塊内の老廃物をいかに分離して、老廃物を体内かでは、ら排除する唯一の器官であるリンパ管に移動させるかがセルライト撲滅のカギを握ります。
以上の観点からみると、私が若い頃、中国から帰化した蔡一藩師から伝授された中国式整体による「まさつ整体」では、徹底した摩擦熱による脂肪の溶解と筋肉の緊張緩和、老廃物の排斥が可能ですので、理論上はセルライト退治には最適の手法となります。
しかも、この「開運道式・セルライト除去法」は経絡(ツボ施術ですから、痩身美容、肩こり・腰痛ケア・ストレス解消・癒し療法にもなり、老廃物除去にリンパ管を用いますので、その手順からリンパケアとしても役立ちます。

自分で出きる肩凝り解消法

美容健康ー癒し整体
誰でもできる健康整体です。

夏に向けてスリムに美しくー1

自分で出きる肩凝り解消法

中国式経絡整体
日本整体師連盟
日本整体師認定協会
師範・花見正樹

また肩凝り? その通りです。
肩こりは美容と健康の大敵ですから真夏に向けて、肩凝りだけは退治したいものです。
それに、肩こりを我慢していると体調を崩すことがあり、夏の暑さを乗り切れません。
今回は、その肩凝りを軽減する方法をお知らせします。

(1)肩凝りの美容・健康10悪

1、姿勢が悪くなる
2、肩が盛り上がり首が短く見える
3、首筋を伸ばしたり縮めたりで落ち着かない
4、表情が硬くなり笑顔がぎこちない
5、ふくらはぎが張って足が重く感じる
6、気持ちが落ち着かず集中力に賭ける
7、不愉快になり笑顔が少なくなる
8、腰痛、頭痛、生理痛を併発する
9、首を動かすと痛い
10、人に会うのが億劫になう

(2)肩凝りの10原因

1、パソコン、スマホ、テレビなどによる目の疲労
2、ストレスや冷えによる筋肉の収縮
3、仕事や日常生活での姿勢の悪さ
4、運動不足による身体の歪み
5、生活習慣の怠惰による
肥満での筋肉異常
6、長時間同じ姿勢での作業による筋肉の緊張
8、クーラーでの冷え過ぎによる筋肉の収縮
9、体力を超えての働き過ぎ
10、夜更し,不眠症などによる睡眠不足

(3)自分で出来る10の肩凝り解消法

1、両腕を水泳の自由型のようにぐるぐる回す(朝昼晩約3分)
2、肩だけを上下に首を竦めて動かして体の緊張を解きほぐす(随時)
3、首を上下左右、ぐるぐる回して首周りの筋肉をほぐす(随時)
4、両手の指を合わせて手の平を外側に裏返して思いっきり上に伸ばす(随時)
5、部屋の中をシャドウボクシングまやはエアーギターをしながら歩きまわる(随時)
6、栄養を充分に、食べすぎ飲み過ぎに注意する。
7、入浴時はぬるめの湯で15分ほど、うっすら汗ばむ程度に。
8、
9、寝るときの枕の高さは、両肩が浮かずに寝具にピッタリつくように
10、できるだけ借金はしない(金繰りは首廻りの神経と筋肉疲労を招く)・・・本当です。

以上を守れれば整体無用、これだけで肩凝りの辛さから解放されます。
肩凝りは肩周りの筋肉が緊張して縮んで固くなった状態なですので、この緊張を解きほぐせば血流もよくなって肩凝りもほぐれます。
それでもダメなら、開運道本部にご相談ください。
また、肩凝りが隠れた病気からくることもありますので余程ひどい場合は医師とご相談ください。

夏に向けてスリムに美しくー3

夏に向けてスリムに美しくー3

中国式経絡整体
日本整体師連盟
日本整体師認定協会
師範・花見正樹

簡単な肩こり解消法

肩こりは美容と健康の大敵です。
肩こりを我慢していると体調を崩すことがあります。
今回は、その肩凝りを軽減する方法をお知らせします。

1、肩凝りの弊害
肩が凝ると姿勢が悪くなります。
肩が凝ると肩が盛り上がって首が短く見えます。
肩が凝るとつい首筋を伸ばしたり縮めたりして落ち着きません。
肩が凝ると表情が硬くなり素直な笑顔が出ません。
肩が凝ると下肢が重く感じます。
肩が凝ると気持ちが落ち着きません。
肩が凝ると不愉快になります。
肩が凝ると腰痛や頭痛を併発することがあります。
肩が凝ると首を動かすと痛く感じます。

2、肩凝りの原因
パソコン、スマホ、テレビ、ゲーム機などによる目の疲れから。
ストレスや冷えによる筋肉の収縮から。
仕事や日常生活での姿勢の悪さから。
運動不足による体の歪みや筋肉の緊張から。
長期間のデスクワークで同じ姿勢で筋肉が固くなるため。
冬の寒さ、夏のクーラーでの冷え過ぎで筋肉が収縮する。

3、自分で出来る肩凝り解消法
時々、3分ほど上半身を水泳の自由形の姿勢で動かして肩をほぐす。
時々、3分ほど部屋の中を歩きまわって体の緊張をまわりのす。
時々、3分ほど首をぐるぐる回して首まわりの筋肉をほぐす。
食べ物は偏りがないように腹八分目で。
ぬるめの風呂でのんびり15分ほど入ってリラックスする。
枕は首にピッタリで肩は敷布団に着くのように。
寝るときは仰向けで眠る(眠ってからのことは気にしない)。

以上を守れれば整体無用、これだけで肩凝りの辛さから解放されます。

蛇足
筋肉は伸びたり縮んだりしますが、肩凝りは肩周りの筋肉が緊張して縮んで固くなった状態なのです。この緊張を解きほぐせば血流もよくなって肩凝りもほぐれます。

 夏に向けてスリムに美しくー2

夏に向けてスリムに美しくー2

花見 正樹

  今回は予告を翻して、これから梅雨時にかけて多発する座骨神経痛について触れます。
これから薄着になってさっそうと美しくなる時期に、腰が引けたちょこちょこ歩きでは折角のおされも美貌も台無しです。
坐骨神経痛とは、一般に下半身の神経に沿った筋肉の痛みをいいます。
主な原因は、筋肉の疲労による神経への圧迫ですが、ストレスによる心的要因も大きく影響しますので心労には要注意です。
その坐骨神経痛というのは病名ではなく、臀部から太もも、さらに脚部にかけて伸びている人体で一番長い神経が圧迫されて痛みやしびれを感じる症状のことです。
しかし、その症状を軽く見て放置すると本格的な治療を要する立派な病名がついてしまいます。
その代表的なものが、椎間板ヘルニアと腰部脊柱管の狭窄症の2種で、どちらも重症になると手術を要したりして大変なことになります。この2種の病名がついた重傷者は専門医にお任せして、整体では、この症状の軽いうちに施術して病気にならないように症状を和らげることを目指します。
そのために、次のような症状を感じたら、まず坐骨神経痛かどうかを調べることが大事です。

1、腰からお尻にかけての痛みや太もものしびれを感じる。
2、腰からお尻、さらに太ももの裏側いかけて痛みを感じ、脚先にかけてしびれを感じる。
3、腰からお尻、さらに太ももの裏側から脚先にかけて痛みやしびれ、だるさを感じる

上記の1は坐骨神経痛に似た症状です。2は、坐骨神経痛の初期症状です。3は、神経を通す管が狭くなって神経通しが触れ合って痛みが治まらないなどの本格的な坐骨神経痛の症状ですので、2と3の場合は医師の診断を仰いで、病名に従った治療を受けるお奨めします。

そこで注目しなければならないのは、上記1~3の中の「腰からお尻にかけて痛みや違和感を感じる。」ケースです。
この状態で病院に行くと、まず90%以上は、骨や椎間板に異常なくても「軽い坐骨神経痛です」との診断でお薬を戴いて通院することになります。
すると、その日から自分自身も病人になったような気分になり、徐々に本物の病人になります。
ところが、この症状の多くは腰や臀部の疲労で出来た筋肉の凝りや骨盤の歪みが神経を圧迫するのが痛みやしびれの原因で、実際にはまだ座骨神経痛のはるか手前であることが多いのです。
だからといって、そのまま放置しますと坐骨神経痛に進んでしまいますので「坐骨神経痛の初期」と診たてる医師の診断に間違いはありません。それでも正しくは「坐骨神経痛予備軍」であって、まだ正式には座骨神経痛ではありません。栄養と休養と肉体の揉みほぐしで筋肉疲労を解くことが出来れば神経の圧迫が解消されますので痛みは消えます。ただ、多忙な生活習慣から腰や臀部の筋肉疲労をどう解消するか、その辺りも加齢現象も加味して考える必要があります。
そこで、整体では、その腰から臀部にかけての痛みやしびれを解消するために、骨盤の歪みを調整することも施術にとり入れています。
その方法は、一流のスポーツ選手なら誰でも知ってい「ハムストリング筋群」と呼ぶ股関節から膝関節につながる疲労しやすい繊細な筋群の凝りを揉み解すことで骨盤の歪みの原因でもある大腰筋の疲労回復にもなるからです。
その「ハムストリング筋群」は、臀部から太ももの部位ですので、生活習慣でも、その部分に出来るだけ負担のかからない姿勢で過ごすようにお奨めしています。
坐骨神経痛の初期症状

 

夏に向けてスリムに美しくー1

夏に向けてスリムに美しくー1

花見 正樹

いよいよ女性はダイエットシーズンです。
食欲の秋から冬の間にしっかりと蓄えた脂肪と体重を半袖の季節までに・・・・
でも、増えるは難しく減るのが早いのはお金だけで、脂肪と体重はその逆ですから嫌になりますね。
これから暫くはエステや整体の搔きいれどき、10連休どころではありません。
そこで、今日は自分んで出来るスリム整体のアドバイスです。
当然ですが食事は腹八分目、糖質を少しだけ減らして後は普段通り、食事抜きなどは絶対にいけません。
ストレスは美容の最大の敵、スリムどころかヤケ食いでたちまち太ってしまいます。
つぎは、いよいよ自信をもって肌を露出するシーズンになると、みなさん体重を減らそうと必死になります。
ですが、ちょっと待ってください。
美しくスリムに、美脚への大敵は、まず「セルライト」であることに目をつぶっていませんか?
それに、いくらダイエットをやって体重を減らしても、痩せるのは胸などの上半身だけで、肝心の太ももやお腹まわり。ふくらはぎが一向にスリムにならず、かえって体型がが悪くなって惨めな思いをしたことがありませんか?
女性の美容の大敵は、実は脂肪ではなくて悪名高き「セルライト」なのです。
「セルライト」とは、体内の老廃物と水分が脂肪と結合したもので、放置しておくと雪ダルマが坂を転がるように肥りますから、手遅れになると機械を用いた吸引法で除去しなければならなくなります。その悪玉「セルライト」を排除するには、どのような手順があるかというと、体内の老廃物はリンパ管を通して排出されるので、徹底的にリンパの流れを良くすればいいだけなのです。 でも、それを平均寿命を遥かに超えた人畜無害の整体師範の私がいくら薦めても、女性は83歳の老人でも男性として意識するらしいので、こちらも鼠径部は遠慮します。しかし、リンパの流れがそこで滞留すれば全身のリンパの流れも滞ってしまいます。
そこで私は、「セルフ・セルライト除去」=「セルフ・リンパケア」をここで公開することにしました。
ただし、私の優先順位で勝手ながら毎週掲載とはいかない場合もありますので、その点はご容赦ください。

整体のイロハ(基本)-5

美容健康ー癒し整体
誰でもできる健康整体です。

中国式経絡整体
日本整体師連盟
日本整体師認定協会
師範・花見正樹

整体のイロハ(基本)-5

 開運道が目指す『癒し整体』の目的は心身のリラックスですから、五感で感じることは全て採り入れます。
五感とは、目=視覚、耳=聴覚、舌=味覚、鼻=嗅覚、皮膚=触角という人間の持つ全ての感覚のことです。
しかも、この五感は、東洋の哲理でもある五行思想に結びついて、前回のご行と体内の各部位と関係を深めます
ここで、東洋の五行思想と整体や癒しサロン関連各五種を一覧表にしてみました。
すでにお気付きと思いますが、この五行は、占い、薬膳、整体、医学などあらゆる分野で用いられているものです。

木は、肝臓、視覚、 胆、怒り、青、春、
火は、心臓、触覚、 腸、喜び、赤、夏、
土は、脾臓、味覚、 胃、思索、黄、土用、
金は、肺臓、嗅覚、 腸、悲観、白、秋、
水は、腎臓、聴覚、膀胱、不安、黒、冬、

上記五行の視覚による人体への影響についての研究もかなり進んでいて、目的別に最適な色を選ぶことも可能になっています。
この色彩の心理学に関しては、私(花見)自身が染色化学出で染料の輸入販売が本職ですから、サロンの室内は壁やカーテン、カーペットなどはクリーム色とベージュを用いて、癒しサロンに相応しい落着いた色彩で統一しています。
ついでですので、色の心理学による人体への影響にも触れておきます。これは室内インテリヤ、服飾などにも応用できます。

まず上記五行を代表する色彩について触れます。

木行を代表する青色は、冷静沈着、鎮静作用、癒し効果、安らぎ、爽快感などを体感させ、体温低下を導き痛みの暖和や血圧を下げ、リラックス効果もあります。その半面、気持ちが落ち込んでいる時や体調が悪い時は、この色を身につけるとかえって気持ちが落ち込む場合があります。

火行を代表する赤は、ファイト、闘争心、警戒心、注意力を喚起し、人間の情熱や激情、興奮や刺激をもたらします。さらに、交感神経に強い刺激を与えますし、体温や血圧や脈拍をあげる作用もあり、全てに刺激的です。この色を身に着けると言動が華やかに活発になり、アスリートは力を最大限に発揮できます。

土行を代表する黄色は、積極性、明るさ、希望、活発、思考力、脳の活性化、集中力などにプラスに作用し、やる気を起させ、興奮度を高め、軽やかに見えます。この色を身に着けると言動が若返って動作も軽やかになります。

金行を代表する白色は、膨張色といい物を大きく見せ、積極的になり、動きが軽くなります。柔和、柔軟、軽量、清潔館などがあり、部屋を広く見せる効果もあります。この色を身に着けると気分一新、新鮮な気分になります。

水行を代表する黒色は、重厚、力強さ、高級感、威圧的、暗い、硬い、重い、などの意味を持ちます。この色を身に着けると言動が威圧的になり、動作は鈍重になる感覚があり、自己主張が強くなります。

以上の色彩を予防医学や整体の観点から捉えると、壁やカーテンの色などが人体に与える影響があるのはまちがいありません。 したがって、よりよい環境で施術を行えるように日頃から心がけねばならないのは当然なのです。

整体のイロハ(基本)-4

美容健康ー癒し整体
誰でもできる健康整体です。

中国式経絡整体
日本整体師連盟
日本整体師認定協会
師範・花見正樹

整体のイロハ(基本)-4

五行でみた性格と整体の対象となる部位

 前回は、陰陽五行でみる占術と東洋医学の共通点について触れましたが、これは食材などにも当てはまります。
五行の動きを説明しますと、木は燃料となって火に尽し、火は灰になって土の用分となり、土は長年月にわたって鉱物(金属)を育て、鉱物はミネラル豊富な水を産み、水は貴重な養分として木を育てます。こ五行の相性(そうしょう)論です。
その反面、悪い作用をする組合せもあります。
木(植物/野菜なども)は土の用分を奪い、土は飲み水を汚し、水は火の勢いを消し、火は金属を溶解し、金属は木を傷つけます。これを逆にみれば、木は金に傷付けられ、金は火に溶かされ、火は水に消され、水は土に汚され、土は木に養分を奪われます。この悪い関係を相克(そうこく)といいます。
この五行論は、整体に用いられる重要な考え方で、これを知らない整体師や戦術家はモグリとみて間違いありません。
陰と陽を人体に当てはめると、体の形状からみて男は陽、女は陰。生きる力(生命力やエネルギー、気力など)は陽で、肉体の外から見えない部位の内臓や細胞などの体内組織が陰になります。
しかもこの五行は、それぞれが支配する臓腑と経絡(けいらく))に結びついて、筋肉や感情とも結びついているのです。
木は 胆肝系といい、胆経、肝経を支配し、怒りの感情を司り、三角筋、膝窩筋、大胸筋胸肋部に影響します。
火は、心臓、小腸、心包、三焦系を支配し、 喜びを司り、肩甲下筋、大腿四頭筋、腹筋、ふくらはぎに影響します。
土は、胃経や脾経を支配し、思い込み、考えすぎを司り、大胸筋鎖骨部、首、腕、広背筋、僧帽筋に影響します。
金は、肺経、大腸経を支配し、悲観的傾向、 悲しみや反省、後悔を司り、胸椀筋、太もも周辺の筋肉に影響します。
水は、膀胱経、腎経、生殖系経を支配し、恐れや不安を司り、 脛骨筋、腓骨筋、大腰筋、腸骨筋に影響します。
上記からみて、土系で胃の調子が悪い人は神経繊細で考え過ぎの傾向があり、首や肩や腕が凝り易いことが分かります。
反面、五行のバランスがよい人は、喜怒哀楽の感情も安定していて健康である人といえます。
整体をする側としては、火系の人に水系の施術は無用である場合が多く、ここでも占いの知識が大いに役立つのです。

-----

 自分で出来る腰痛解消のツボ

志室(ししつ)

腰が痛い、冷えが気になる、元気がない、などの腰痛、冷え症などに効くツボです。

ツボのとり方は、両手を下ろしてヒジの高さと同じ高さの背骨の両脇外側近くにこのツボがあります。
両手の親指でぐっと押して気持ちのよい場所が志室のツボですから、6秒づつ6回、これを一日に6回ほど強く押します。