四柱推命-12

占いの歴史-34

 四柱推命-12

 十二運星の特徴-7

 死(し)

 病気が進み命の停止状態を運命に例えれば、運気の低迷を示します。
 この星は、何事にもきっぱりと区切りをつけないと気がすまないタイプです。それだけに、自分自身に厳しいと同時に周囲の人や他人にも厳しく接し、何かにつけて白黒をはっきりさせたい完璧主義で、それだけに自分もつねに最善の努力を惜しみません。
 つねに目標を達成するために努力し、つねに清廉潔白であることを欲し、意識して明るく振る舞い、勤勉な努力をおしみません。
 さらに、趣味も豊富で芸術・芸能に通じて、音楽やスポーツの分野など広範囲に興味を持ちます。
 死生観が明確なだけに、楽観的でnどのような苦労にも耐えることが出来る上に、鋭い直観力でいかなる危機をも脱します。
 研究熱心なことから仕事の面では、趣味や技芸を生かしたりして特定の専門的分野で成功します。
 人生に対する哲学的な志向も強く、スピリチュアル的な要素もあり、占いや数多く心霊現象など目に見えない世界への興味が人一倍強いのも特徴で、幼児期から一生を通じて不思議な現象を数多く体験します。
 この星を持つ人の欠点は、対人関係に難があり孤独になりがちなこと、気に入らないことに対して我慢ができずに短気になること、大切な勝負どころで弱気が出て失敗しやすいことなどです。
 それらの欠点を克服できたときが、この星を持つ人の運命が好転するときです・

四柱推命-12

 占いの歴史-34

 四柱推命-12

 十二運星の特徴-7

 病(びょう)

 病(びょう)は、人の体力が衰えて病魔に見舞割れると精神的にも弱くなって、運気も弱まる状態を表わします。
 この星を年柱に持つ人は先祖の徳が薄く、月柱に持つ人は親や親族との縁が薄いとみます。
 この星が日柱にある場合は、性格が温厚で控えめ、気弱で繊細、感受性が豊かで直観力も鋭いのが特徴です。
 運気の強さからみると弱運または衰運とみてツキが落ちた状態とします。その上、ややもすれば運気が不健康な面があり、自分の思い通りにならないことも多く、千載一遇のチャンスにも弱気になって行動せずに好機を逃して悔いを残すこともあります。
 人の意見に左右させられ易いために、自分の望まぬ環境に追い込まれることもあります。
 また、日柱にこの星があると肉親縁が薄く、人間関係も希薄で、いざというときの周囲からの援助運にも難があります。
過敏で物事に動じやすく、不安で落ち着きません。物事の考え方や行動が弱々しく力がなくこせこせしています。
 病の字で示されるように、この星の人は神経過敏で、物全ての出来事や物音にも敏感に反応し、人の顔色を読み、気づかれや睡眠不足も多くなり、つねに将来への不安を抱えて悩むなど取り越し苦労の傾向もあります。家庭内でも愚痴や不満を漏らすことが多く、おおらかさと明るい雰囲気の余裕に欠けますが、意識してそれらの欠点を隠そうとするとストレスになりますので、少しづつ是正するのが賢いやり方です。
 勿論、長所も沢山あります。
 積極性に欠けるということは、思索的で慎重であることに通じ、人付き合いも無理をせず受動的で敵をつくりません。したがって周囲の人から信用され、つねに世話役的役割を頼まれます。
 病の星は、一日でみれば夕闇が迫る頃、季節でみれば秋の落葉期、人生でみれば高齢者入りしたところです。
 カンが鋭く感性が豊かなことから、想像力に恵まれ、芸術的才能を活かせれば、文学、音楽、絵画や趣味・技芸の全ての分野で成功することが可能です。

四柱推命-11

 占いの歴史-33

 四柱推命-11

 十二運星の特徴-6

 衰(すい)
 この星は、人生でいえばピークを少し過ぎた初老の頃を表し、加齢と共に少しづつ衰えが出てきている老化現象を示します。人生の峠を越えて張り詰めた気力が衰えを見せ、肉体にも疲労を感じる衰退期が訪れていて、社会的にも第一線を退いて後進に道を譲る立場になります。
 普通、健康であれば定年で仕事を辞めても次の仕事を探して第二の人生を歩みますが、衰運となれば気力体力共に最盛期には及びませんので、収入も運気もそれなりに落ちてゆきます。
 あるいは第一線を引退して家で好きな趣味を楽しみながら、悠々自適の余生を送る楽隠居の身分になったとしても、一度衰えた運気や体力は元には戻りません。
 四柱推命の命式にこの衰を持つ人は、上品で穏やかな人柄で争いを好まず良識もあり、落ち着きもありおっとりしています。積極性に欠ける面はありますが、何事にもコツコツと地道に実績を積み上げてゆくタイプで失敗とは無縁です。
 その上、何をするにも慎重で経験を大切にし、世間体を気にしますので軽はずみな行動は避けます。
 つねに無理をしませんのでははも少なく堅実で控え目ですが、その分周囲からは優柔不断で保守的とみられます。それでいて頑固で意思が強い面も、目的達成意欲も充分にあり、実行力さえあれば実力を発揮できますが、残念なことに、周囲から信頼されながらも積極性に欠けるために百パーセントの力を出し切ることは滅多にありません。
 衰を持つ人は、仕事や愛情面でも、円満な性格で人と争うことを好みませんので、すこしでも強力なライバルが現れrとさっさと身を引いて道を譲ってしまいます。それでいて、悔しさを顔に出しませんので、真面目でおとなしく見え、周囲の誰からも好かれることになりますが、覇気がないことも見透かされています。
この星の一番の長所は、謙虚で平和主義であること、最大の欠点は積極性にかけることです。

四柱推命-10

 占いの歴史ー32

 四柱推命-10
  十二運星の特徴-5

 帝旺(ていおう)

 帝旺という文字を言葉通りに解釈すれば、王様が栄華を極めた状態となります。
 それを運気に当て嵌めますと、過去の努力が実り、功なり名を遂げて人生の頂点を登り詰めた状態を表します。ただし、四柱推命では12年に一度は必ず巡ってきますので、い歯が、示しますが、目的とする地位と財産と仕事を築きあげた盛大な運気の強12年間で一番のさを評しています。帝王が持つ勢いの盛んな運気です。一国一城の主であり、人の下につくことを嫌い勢いも気力も最高に強く、覇気があり負けず嫌い。独立独歩で仕事一筋に生きる人が多いようです。良いモノ好みの方が多く他家相続の相で親と縁が深いようで切れています。壮年の縄張り争いの意味から相続縁はでもあくま12年ン

 登り詰めると人生の下りも見えてきます。
 様々な試練を乗り越えて社会的に成功する強運のエネルギーを持ちます。つねにチャレンジ精神をもち続ける精神的強さを持続する生き方で集めます。そのカリスマ性を発揮して大きな目標に向かうことによって、さらなる成功が得られますので、この星は生涯にわたって何かに挑戦し続ける生き方が似合うことになります。

自尊心が高く、人に使われているのが嫌なタイプです。従ってサラリーマンとして一生終わるようなことはなく何らかのチャンスをつかんで必ずといっていいほど独立するようです。しかし全く猪突猛進型ではなく、慎重なところがありますので内気に見える場合もあります。決して弱音をはくことなく、どんなに困難な環境に陥っても威勢良く振る舞います。また大変義理がたくて、物をもらってもそのままにしておくことができない。他人に迷惑をかけるのを極端に嫌い、たとえ銀行などから借金をしても他人や友人には迷惑をかけることはありません。

四柱推命ー9

占いの歴史ー31

四柱推命-9
十二運星の特徴-4

建禄(けんろく)

建禄は、社会人として成功し、家庭を得て財も子供にも恵まれて安定している状態を示します。
建禄は、またの名を「臨官」ともいい、公的な仕事に向く星で、経済的にも安定、独立した生活で世の中に貢献します。人生でみると中高年に差し掛かった時期で社会で活躍する働き盛りの星で、気力体力に溢れ、充実した時期でもあり、12運では冠帯、帝旺に次いで強い雲気で勢いでは一番です。
のひとつです。冠帯を卒業してそこそこ地位も財産もできて、さらに着々と名を上げ財を築き思い通りの人生を歩みます。
この星を持つ人は、几帳面で真面目で正直、直線的な性格です。その素直さが誰からも好かれてそのまま成功につながります。したがって頑張れば頑張るほど成果が上がりますので毎日が楽しく、努力を惜しまなくなります。ただし、何事にも熱中するあまり自分の限界を知らずに夢中に働いて疲労困憊して倒れる場合があり注意が必要です。
さらに、この星の人は世話好きで人の面倒をよくみますので誰からも好かれ、信頼されてつねに中心人物として重要な役割を担うことになります。
几帳面な性格から何事にも堅実で、危ない橋は渡らず危険性のあるギャンブルや投機には手を出さず、一歩一歩石橋を叩いて歩くような人生で失敗はしないタイプです。
頭の回転もよく先が読めることから、企画力や技術を活かした仕事で力を発揮します。
注意点は、堅実さを重視するため、いざという勝負どころで躊躇してチャンスを逃すことがあることと、目先の利益にとらわれて、大きな勝負ができないことです。

四柱推命-8

 占いの歴史ー30

 四柱推命-8
  十二運星の特徴-3

 冠帯(かんたい)
 冠帯は、成人した状態で、結婚したり社会的に活躍し始めた状態です。
 人が成長して心身ともに立派な大人になった段階で、これから社会人として成功する一歩を踏み出したところです。運勢でみれば、実社会に出て怖いものなしで思いっきり活躍を始めた頃の気力あふれる状態を、勢いのある運勢とみます。冠帯を持つ人は、つねに若々しく元気で覇気に溢れ、負けず嫌いで努力を惜しみません。社交性もあり、率先してエネルギッシュに活躍しますので周囲から注目される目立つ存在となり、どこにいてもエリート扱いされます。
 明るく世話好きな性格から誰からも好かれます。当然 ながら異性運も強くモテますので男女関係のトラブルには要注意となります。 
それと、名誉心が強いことから、つねに実力以上の立場や地位を望む傾向があり、その分人一倍努力もします。女性にこの星がある場合は、男勝りとなり仕事も家庭も女性上位となります。

四柱推命-7

占いの歴史ー29

四柱推命-7
十二運星の特徴-2

 十二運とは、日干から各柱の12支をみて得た星です。
十二運だけでも単純な占いが出来ることは、 十二運だけを用いただけの「動物占い」が成功したことでも理解できます。 この十二運を知ることで四柱推命の基礎を学び、ある程度の鑑定も出来るようになります。
12運には、長生・沐浴・冠帯・建禄・帝旺・衰・病・死・墓・絶・胎・養の12種がありますが、これを運気の強弱で三つのグルー゙プ゚に分けることができます。
1番目は「四旺(しおう)」といい、「帝旺」「建禄」「冠帯」「長生」のプラス・エネルギーの4種です。「
2番目のグループは「四半(しはん)呼ばれる「沐浴」「墓」「胎」「養」の4種です。
3番目のグループは「四衰(しすい)」と呼ばれる「衰」「病」「死」「絶」の弱運の4種です。
これらの12運を人の一生に例えて、運気の強弱を見ますので、この十二運を知ることが四柱推命制覇の第一歩となります。
十二運の順序には、「長生」から始める場合と「胎」から始める場合がありますが、ここでは便宜上、「長生からのスタートとします。また、この十二運も他の占い同様に、性格と運勢、この両面を読み取ります。

-----

12運の解釈

1、長生(ちょうせい)
 長生.は、人がこの世に生を受けた状態から、元気で育つ少年少女の伸びやかな明るい姿を表す希望に溢れた成長期で、人生のうちで一番穏やかで平和で安全な時期でもあります。
長生は強いエネルギーを持ち、知的で聡明、温厚で人徳もあり、健康面も良好で長寿の星です。
長生を持つ人は素直で何事にも順応性があり仕事熱心、人間関係もよく周囲に合わせるのが上手です。
さらに、社会適応性が抜群に優れている上に何事にも熱心なことから、地域社会や国家での大役を担うこともあります。

2、沐浴(もくよく)
沐浴とは、この世に生まれて産湯に浸かった時のことをいいますが、12運では感受性豊かな思春期の若い男女を表し、夢とロマンに溢れ、鋭い感性をますが、以て未来に向かう若者の無限の可能性を秘めています。
とくに、その豊かな感性は、人に束縛されることを嫌いますが、自由を得て羽搏けばあらゆる趣味や芸術・芸能などの才能に生かされて花開きます。
沐浴を持つ人は、自分の好きな学問にのみ熱心に励む傾向がそれによって専門的知識を高めて成功するケースもあります。
つづく

------

四柱推命-6

占いの歴史ー28

四柱推命-6

四柱推命・12運-1

四柱推命では、日干から生まれた年月日時の十二支をみて占なう場合、「十二運」という言葉を用います。
十二運とは、占いで用いる五行や十干が十二支によってその強さを変えることの目安です。
の12種があり、人生の盛衰に例えています。
この12運は、五行や十干の強さの変化をも示すもので春の木行、夏の火行、秋の金行、冬の水など1年12ヶ月の季節の移り変わりでエネルギーの強さがどのように変わるのかを見るように運気の変化を読み取ります。
この四柱推命で用いる十二運は、日干からみた十二支のことですから、当然ながら十二支で大吉とされる「三合の吉」などが最大限に生かされます。
そのエネルギー得点は、1点から12点までを十二支それぞれに配し、長生は9点、沐浴は7、冠帯は10、建禄は11、帝旺は12、衰は8、病は4、死は2、墓は5、絶は1、胎は3、養は6点とします。
例えば、亥-卯-未の木局、寅-午-戌の火局、巳-酉-丑の金局、申-子-辰の水局の4種の三合会局は特別に扱われます。
12支を五行別にみますと水の子、木の卯、火の午、金の酉はそれぞれ五行率は100%の仲支(ちゅうし)とします。つぎに寅は木と火の2種、巳は火と金、申は金と水、亥は水と木、それぞれ50%づつとなり、これらを季支(きし)とします。さらに、丑は土水金の3種、辰は土木水、未は土火木、戌は土金火の3種で、エネルギー配分はそれぞれが33%づつとなります。

——–

十二運星の特徴-1

胎(たい)
新しいことに対して積極的に行動できる勇気を持ち、将来に無限の可能性があります。チャレンジ精神が豊かで色々と体験しますので多芸で多才、つねに変化を求めます。
年柱に「胎」を持つ人は、親や先祖がした仕事を引き継ぐか再興して成功します。

養(よう)
人を引き付ける魅力に富み、周囲から愛され引き立てられ素質があります。素直で礼儀正しい性格から目上の人からも目を掛けられ、可愛がられ、様々な恩恵を受けやすくなります。

長生(ちょうせい)
長生は若い長男長女を表わし、何事にも順応性があり、周囲に合わせるのが上手で人間関係が抜群にいいという才能に恵まれています。仕事も熱心で社会的にも成功します。日常生活においてもきちんとしていて、家族からもしゅういからも信頼を寄せられ、先に立って活躍し、同時に実家を守ります。

沐浴(もくよく)際
思春期の感受性が豊かで永遠のロマンチストでもあり、鋭い感性の持ち主です。とくに、芸術・芸能に才があり、その方面でで努力を続けられれば、かなりの成功率で世に出ることが可能です。この星は束縛されることを嫌い、自由に生きたいと願いますので自立して自由気ままに海外にも羽を伸ばして精神的にも余裕を持った生活を確保することが大切です。

冠帯(かんたい)
社会に出て活躍する新成人のエネルギーを持ち、周囲から注目される存在でエリートの星です。つねに素直で明るい性格から誰にでも好かれ、社交的で華やかなためつい目立ちがちです。この星は、生まれついてのモテ星ですから異性問題だけは要注意となります。
この項つづく
ーーーーーーーーーーーーーーーー

四柱推命ー5

占いの歴史ー27

四柱推命-5

 四柱推命には、通変星(つうへんせい)、または変通星(へんつうせい)といわれる主運星があります。
ここは、皆さんを占う場ではありませんので、ただ羅列。するだけですが、いずれ四柱推命には興味を持って学ぶように
なれば必ず学ばねばならない大切な星です。
四柱推命では、一人の命式を作るのに、七つの通変星を必要とします。
その7つの通変星の組み合わせで先天的な運命が読み取れるのです。命式中に表れる通変星の種類や配置と組み合わせから、その人のや運命などを読み取ることができますが、慣れればさほど難しいものでもありません。
四柱推命で大切なのは、「日干と月支」です。この通変星も日干から導き出されています。
月柱に表れる通変星は「月支元命」とも呼ばれ、その人の性格などを推定するのに用います。
また、同じ通変星が3つ以上ある場合、当然ながら、その通変星の影響が大きく気質や性格に出ます。
命式のなかに用いる10種の通変星を列記します。

ーーーーーーーーーーー

比肩(ひけん)・独立心旺盛で自己主張が強い。さらに、自己実現に対する欲求が強く頑固。自己中心的な考え方の持ち主
で正義感が強い。

劫財(ごうざい)・自立心強く先を考えずに独断専行で思いつくと衝動的に行動する。負けず嫌いで直感力強く、欲望のまま行動し短気で自己中心的な面がある。

食神(しょくじん)・楽観的、温厚で食道楽でおしゃれ。人に命令されるのを好まず自由気ままに本能的に行動。わがままで欲望のまま行動する傾がある。生涯を通じて付き合う友もいる。

傷官(しょうかん)・繊細で鋭い感受性を持ち、自分の欠点をバネに自己実現を目指すが、正義感から目上に反抗的態度をとるために会社務めには向かない。いつまでも純粋さを持ち続ける。

偏財(へんざい)・交的でサービス精神旺盛、人の面倒身が良く誰にでも好かれる。その人付き合いの良さから商売上手という一面もあり、よく働きよく稼ぎ蓄財の才もある。何事にも飽き易い面がある。

正財(せいざい)・まじめで誠実な人柄で信用もあり、堅実で手堅い働きぶりで社会的にも成功するタイプ。蓄財に長けてコツコツと貯めて財を成す。ただし、何事にも保守的過ぎて融通が利かない一面がある。

偏官(へんかん)・頭脳明晰で行動力抜群、ファイト満々で野生的、責任感が強く、役職や名誉にこだわらず、実力で地位 を築く自信がある。勝ちにこだわる攻撃的な本能が強く、格闘技やスポーツ、向きでもある。

正官(せいかん)・世間体や礼節を大切にし、日頃から自分を律して信用もある。つねに品良く安定した働きぶりで周囲の信頼を得る。地位や名誉には人一倍こだわる。

偏印(へんいん)・創造性や企画力に優れてアイデア豊富、好奇心旺盛ロマンチスト。芸術的才能にも恵まれるが家庭や職業が落ち着かず、放浪癖もあって生活が落ち着かない。

印綬(いんじゅ)・芸的才能に恵まれ、それを極めて指導的立場になり、それを仕事にして成功。学問にも優れ、礼節を尊ぶことで目上の人に大切にされ、運勢も安定して幸多き人生となります。

 

四柱推命-4

占いの歴史ー26

四柱推命-4

三合の吉

東洋の二支と西洋の12星座、この二つの占いには、洋の東西を問わず類似点が沢山あります。
 西洋占星術(アストロロジー)では、出生時の天体配置図(ホロスコープ)を作成した時に120度の角度で3っつの星がつながると「トリン」と呼ばれて運勢に勢いと輝きを増し、一生涯を通じてプラスに作用して恵まれた人生となる、とされています。

東洋の四柱推命でも、それと全く同様に、生まれた年月日時の十二支(地支)に下表のような120度のつながりを持つと「三合の吉」という強運の持ち主となり、生涯幸せ多い人生を貫くとされています。
そ三の三合の組み合わせは、東西南北の中心にある子(水)、卯(木)、午(火)、酉(金)の五行を用いて「三合と称します。
木の三合局は「亥・卯・未」、火の三合局は「寅・午・戌」、金の三合局は「巳・酉・丑」、水の三合局は「申・子・辰」です。
と、ここまでで五行と12支それぞれの組み合わせによる「三合局」を述べましたが、四柱推命の「三合局」には例外があります。
その例外とは、土行の十二支を集めた「丑・辰・未・戌」の4支で、これを三合局の「四墓(しぼ)」として重用します。
以上の組み合わせを出生の命式に持つ人の人生は、かなり幸運に恵まれたものなる、とされています。

三合局=木「亥・卯・未」、火「寅・午・戌」、金「巳・酉・丑」、水「申・子・辰」、土「丑・辰・未・戌(四墓)」です。

以上の「三合の吉」は、木は対人運、火は社会運、土は仕事運、金は金運、水は愛情運に強い影響を持ちますが、四柱推命では、十干から導き出される通変星によって内容や吉凶の強弱が違ってきますので注意が必要です。